BRIDGE

タグ Klook(客路)

香港発の旅行予約プラットフォーム「Klook(客路)」、コロナ禍の〝新常態〟に対応し事業を在宅体験型にピボット

SHARE:

Tech in Asia では、有料購読サービスを提供。有料記事の閲読、全記事への回数無制限閲読、5万社を超える企業データベースへの無制限アクセス、カンファレンスへの限定割引などの特典があります。詳しくはこちらから。 香港に拠点を置く旅行予約プラットフォーム「Klook(客路)」は、事業回復を促し旅の「新常態(new normal)」に対応するため、ユーザが自宅で体験を予約できる新サービス「Klo…

Tech in Asia では、有料購読サービスを提供。有料記事の閲読、全記事への回数無制限閲読、5万社を超える企業データベースへの無制限アクセス、カンファレンスへの限定割引などの特典があります。詳しくはこちらから


香港に拠点を置く旅行予約プラットフォーム「Klook(客路)」は、事業回復を促し旅の「新常態(new normal)」に対応するため、ユーザが自宅で体験を予約できる新サービス「Klook Home(在家体験)」を開始した。

Image credit: Klook(客路)

Klook Home は、DIY 製品や料理キット、オンラインワークショップ、無料のバーチャルツアーなど、200近くの在宅体験を提供。

シンガポールやフィリピンのようなステイホーム規制のある市場では、Klook Home は自宅でのアクティビティを提供している。台湾や香港のように政策が緩和された市場では、その都市や周辺のローカルアクティビティのリストを活用できる可能性があると、同社は声明で述べている。

Klook の検索データによると、アジア太平洋地域とヨーロッパの検索総数の約6割が国内での体験に関連したもので、地元での関心の高まりがうかがえる。

アジア太平洋地域とヨーロッパの14の市場に展開している Klook Home は、Klook が事業回復するための段階的なアプローチの一つである。

Klook は4月、韓国と中国本土での Klook Home を試験運用を行い、予約増加の確認を受けて、ローカル体験の提供を拡大している。Klook は、まず地元の需要を取り込むことを目標としており、将来的にはアジア地域内および海外旅行者向けにさまざまなサービスを提供する道を開くのに役立つだろうと述べている。

Klook はまた、事業者が新常態に対応して提供内容の最適化を支援するために「Klook Academy」を立ち上げている。このイニシアチブでは、マーケティングやオペレーショナルエクセレンスなどのトピックについて、ワークショップやウェビナーを提供する。

Klook の戦略は、新型コロナウイルスの感染拡大により、旅行業界やホスピタリティ業界が深刻な打撃を受けたことによるものだ。Klook は4月、今回の危機を乗り切るために、一時解雇やレイオフによる人員のスリム化を行っていると発表した。この決定は、総従業員数の最大20%に影響するとされた。

Klook の共同創業者は給与を放棄し、社内の他のリーダー達は減給を受けている。

新型コロナウイルスは必然的に旅行の未来を変えてしまった。新しい事業機会を捉えるために、我々は機敏であり続けなければならない。グローバルな旅行は今からしばらく先のことになるかもしれないが、我々にはあらゆる機会をつかむ自信がある。(Klook 共同創業者で COO の Eric Gnock Fah=王志豪氏)

【via Tech in Asia】 @techinasia

【原文】

東京オリンピックで日本市場を狙えーー香港拠点、旅行・アクティビティーの「Klook」がSoftbank Vision Fundから2億2500万ドル調達

SHARE:

  ピックアップ:Klook Receives $225 Million SoftBank Investment in Nod to Tours and Activities ニュースサマリー:香港拠点でアクティビティーに特化した旅行プラットフォームを展開するKlook(旅路)は9日、Softbank Vision Fundから2億2500万ドルを調達したと発表した。調達のラウンドはシリ…

 

Klook
Klookプレスリリースより

ピックアップKlook Receives $225 Million SoftBank Investment in Nod to Tours and Activities

ニュースサマリー:香港拠点でアクティビティーに特化した旅行プラットフォームを展開するKlook(旅路)は9日、Softbank Vision Fundから2億2500万ドルを調達したと発表した。調達のラウンドはシリーズDで、既存投資家のSequoia China、Matrix Partners、TCV、Our Crowdも参加している。同社がこれまでに調達した資金は総額で5億2000万ドルにのぼる。

2014年に設立された Klook は、アトラクション、ツアー、現地での体験、そして現地での交通や鉄道サービスの手配を手がける。世界200地域に展開する5000を超えるパートナー事業者が提供する、5万以上のアクティビティやサービスを提供。同社はSoftbankと共同で、2020年開催予定の東京オリンピックを見据えた日本トラベル市場の拡大を目指す。

話題のポイント:旅行先で楽しみのひとつがアクティビティーです。旅をするのであれば誰もが参加したいところですが、いざ現地へ行ってみるとローカルならではのルールがあったり、言語が通じなかったりと、トラブルが生じることもありがち。

Capture.PNG

Klookのプラットフォームを見てみると、東京における人気アクティビティーは上記の通り。なんと1位の東京ディズニーランド・シーの1Day Passは既に84万6000件もブッキングされていることがわかります(そして値段も公式と同じです)。

別に現地でチケット並べばいいじゃんと思いがちですが、言語が違う国で事前にオンラインブッキングが可能という安心感は強いですよね。また、ディズニー以外にもロボットレストランや大江戸温泉などもランクインしています。ローカルなアクティビティーに対して、旅人が事前リーチできるのも大きな強みでしょう。

今のところ、めちゃくちゃローカル感の強いアクティビティーはそこまで多くない印象です。ただ今後、日本らしさを前面に出したものが増えてくると、さらに海外利用者の満足度も向上しそうです。

香港拠点の旅行予約プラットフォーム「Klook(客路)」、シリーズDラウンドで2億米ドルを調達

SHARE:

香港を本拠とする旅行予約プラットフォームの Klook(客路) は、投資家の Sequoia China、Matrix Partners、Goldman Sachs、Boyu Capital、TCV、OurCrowd、アジア政府系ファンド、複数のファミリーオフィスが参加するシリーズ D ラウンドで2億米ドルを調達した。 同地域において旅行セクターでは過去最大規模となる今回の資金調達を果たした同社は…

香港を本拠とする旅行予約プラットフォームの Klook(客路) は、投資家の Sequoia China、Matrix Partners、Goldman Sachs、Boyu Capital、TCV、OurCrowd、アジア政府系ファンド、複数のファミリーオフィスが参加するシリーズ D ラウンドで2億米ドルを調達した。

同地域において旅行セクターでは過去最大規模となる今回の資金調達を果たした同社は、これをアメリカやヨーロッパでの事業展開の加速や、技術およびプラットフォームの成長に活用していく。

年末までにアメリカにオフィスを開設するとプレスリリースで発表された。成長が続くアジアの旅行市場に対応するため、ヨーロッパやアメリカに多様でユニークな旅行アクティビティを加えるほか、アジアを訪れる欧米の旅行客向けの旅や体験をキュレートしたいという。

2014年に設立された Klook は、アトラクション、ツアー、現地での体験、そして現地での交通や鉄道サービスの手配も行っている。世界200地域にいる5,000を超える業界パートナーが提供する5万以上のアクティビティやサービスを提供している。Klook が提供する主要サービスには、ディズニーランドやユニバーサルスタジオなどの有名どころがある。

ツアーオペレーターと旅行客間のシームレスな取引を促進するため、Merchant App や QR コード対応 e バウチャーの回収といった技術的なソリューションを提供している。

同社 COO 兼共同設立者の Eric Gnock Fah 氏は会社声明の中で次のように述べた。

ツアーやアクティビティ業界のデジタル化につなげるため革新的な技術を活用していきます。今回の資金調達のおかげで、新たな顧客ソースをもたらし、業務効率性を最適化する技術ソリューションを通して企業との提携関係を深めていくことができるでしょう。

Klook は昨年10月にシリーズ C ラウンドで6,000万米ドルの資金調達をクローズした。これまでに合計3億米ドルの資金を確保している。

<関連記事>

【via e27】 @E27co

【原文】

香港発の旅行予約プラットフォーム「Klook(客路)」、シリーズBラウンドで3,000万米ドルを調達——2016年は500万件の旅行手配を達成

SHARE:

Klook(客路) は本日(3月2日)、Sequoia Capital China がリードしたシリーズ B ラウンドで3,000万米ドルを調達したと発表した。同社は香港に拠点を置く企業で、名所、ツアー、アクティビティなどの予約サービスを提供している。 すでに同社に出資している Matrix Partners や Welight Capital などもまた、今回のラウンドに参加している。 Kloo…

Founders..Ethan_.left_..Eric_.middle..Bernie.right_
Klook 共同設立者 Ethan Lin氏、Eric Gnock Fah 氏、Bernie Xiaokang Xiong 氏

Klook(客路) は本日(3月2日)、Sequoia Capital China がリードしたシリーズ B ラウンドで3,000万米ドルを調達したと発表した。同社は香港に拠点を置く企業で、名所、ツアー、アクティビティなどの予約サービスを提供している。

すでに同社に出資している Matrix Partners や Welight Capital などもまた、今回のラウンドに参加している。

Klook はこの資金を活用して「アジア以外」に事業範囲を拡大することで、グローバル展開をさらに強化する予定。同社はまた、Wi-Fi サービスや現地の交通手段など、観光地到着後を意識したサービスも拡充していく予定だという。

Klook の COO 兼共同設立者である Eric Gnock Fah 氏はプレス発表の中で次のように語った。

アトラクション、ツアー、アクティビティ部門での業績を誇りに思っています。この度、現地到着後に利用できるサービスをさらに広げることになりました。

新しく導入された現地交通手段と Wi-Fi サービスは、目覚ましい成果を上げるでしょう。さらに現地サービスで独自のエコシステムを構築するため、食事や健康管理からショッピングまで、旅行者の行く先々まで当社のサービスでカバーできるよう、情熱を持って開発を進めていきます。

同社はシンガポールでもサービスを開始している。シンガポールでは企画型旅行商品や従来のツアーパッケージ参加者が減少し、対照的に個人旅行(FIT: Free and Independent Travel)が人気を集めている。

これは退職者など様々な旅行者から歓迎されているという。

Klook 地域マーケティング責任者の Marcus Yong 氏はこう言う。

当社の顧客の大半は若い世代ですが、年配の旅行者からもコンタクトを受ける機会が増えています。イベント会場でお話しすることはもちろん、Facebook メッセンジャーなどインターネット経由で相談を受けることもあります。Klook を使えば、お年を召した方でも時間とお金を節約できるのです。

ところで、ある年老いた清掃作業員は、数名の友人と共に日本への夢の休暇旅行を計画していた。が、突然の旅行代理店の閉鎖により彼女らの夢は水泡に帰すことになる。信じられないようなこの話は実話だが、ここでも Klook が登場している。

Klook は2014年後半、Ethan Lin 氏、Eric Gnock Fah 氏、Bernie Xiaokang Xiong 氏によってに設立され、現在ではアジア全域に8か所のオフィスを構えている。同社は200人以上の従業員を擁し、アジアやその他地域の80以上の人気観光地で1万以上のアトラクション、ツアー、アクティビティを取り扱っている。

Klook の発表によれば、同プラットフォームは2016年に500万回の旅行を手配したという。

過去2年間、私たちは何度もサプライチェーンを改革し、UI を革新して何百万人ものユーザにシームレスな予約を提供してきました。いまや数回クリックするだけで、必要とする旅行サービスとアクティビティがあなたの元に届くのです。(Lin 氏)

同社は2015年、香港政府の主催する Best Internet & Communications Technology Startup を受賞している。また、2016年には Digitimes の Future Commerce Award を受賞した。モバイルアプリは Google Play の Best App of the Year、Apple の Best of 2015にも選ばれている。

【via e27】 @e27co

【原文】