香港拠点の旅行予約プラットフォーム「Klook(客路)」、シリーズDラウンドで2億米ドルを調達

by e27 e27 on 2018.8.24

香港を本拠とする旅行予約プラットフォームの Klook(客路) は、投資家の Sequoia China、Matrix Partners、Goldman Sachs、Boyu Capital、TCV、OurCrowd、アジア政府系ファンド、複数のファミリーオフィスが参加するシリーズ D ラウンドで2億米ドルを調達した。

同地域において旅行セクターでは過去最大規模となる今回の資金調達を果たした同社は、これをアメリカやヨーロッパでの事業展開の加速や、技術およびプラットフォームの成長に活用していく。

年末までにアメリカにオフィスを開設するとプレスリリースで発表された。成長が続くアジアの旅行市場に対応するため、ヨーロッパやアメリカに多様でユニークな旅行アクティビティを加えるほか、アジアを訪れる欧米の旅行客向けの旅や体験をキュレートしたいという。

2014年に設立された Klook は、アトラクション、ツアー、現地での体験、そして現地での交通や鉄道サービスの手配も行っている。世界200地域にいる5,000を超える業界パートナーが提供する5万以上のアクティビティやサービスを提供している。Klook が提供する主要サービスには、ディズニーランドやユニバーサルスタジオなどの有名どころがある。

ツアーオペレーターと旅行客間のシームレスな取引を促進するため、Merchant App や QR コード対応 e バウチャーの回収といった技術的なソリューションを提供している。

同社 COO 兼共同設立者の Eric Gnock Fah 氏は会社声明の中で次のように述べた。

ツアーやアクティビティ業界のデジタル化につなげるため革新的な技術を活用していきます。今回の資金調達のおかげで、新たな顧客ソースをもたらし、業務効率性を最適化する技術ソリューションを通して企業との提携関係を深めていくことができるでしょう。

Klook は昨年10月にシリーズ C ラウンドで6,000万米ドルの資金調達をクローズした。これまでに合計3億米ドルの資金を確保している。

<関連記事>

【via e27】 @E27co

【原文】

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------