BRIDGE

タグ KOMPEITO

置き社食サービス「OFFICE DE YASAI」運営のKOMPEITO、シリーズBラウンドで4億円を調達——ニッセイC、iSGS、静岡C、広島VCなどから

SHARE:

オフィス向け社食サービス「OFFICE DE YASAI(オフィスで野菜)」を運営する KOMPEITO は14日、シリーズ B ラウンドで約4億円を調達したと発表した。このラウンドに参加したのは、ニッセイ・キャピタル、iSGS インベストメントワークス、静岡キャピタル、広島ベンチャーキャピタル。なお、調達額には日本政策金融公庫からのデットも含まれる。 KOMPEITO にとっては、2017年3月…

Image credit: Kompeito

オフィス向け社食サービス「OFFICE DE YASAI(オフィスで野菜)」を運営する KOMPEITO は14日、シリーズ B ラウンドで約4億円を調達したと発表した。このラウンドに参加したのは、ニッセイ・キャピタル、iSGS インベストメントワークス、静岡キャピタル、広島ベンチャーキャピタル。なお、調達額には日本政策金融公庫からのデットも含まれる。

KOMPEITO にとっては、2017年3月に実施したシリーズ A ラウンド(ニッセイ・キャピタルなどから1.5億円の資金調達)に続くものだ。2014年7月のインキュベイトファンド(調達額非開示)、2014年11月のマヨネーズ大手のキユーピー(東証:2809)からの5,000万円の調達、2016年6月の JA全農との資本提携(調達額非開示)を踏まえると、KOMPEITO の累計調達額は5億円以上。

同社では今回調達した資金を使って、OFFIICE DE YASAI のカスタマーサポート機能、商品、サービス、人員の強化を行う。また、これまでに築き上げた物流や商品などのアセットを活用し、新規事業を推進するとしている。

「OFFICE DE YASAI」は2014年4月に2014年4月に正式ローンチ、オフィスに小型の冷蔵庫を設置し、定期的にKOMPEITO のスタッフが手軽に食べられる野菜パックを装填している。オフィスの従業員は勤務時間の合間など小腹が空いたときに、100円程度で野菜パックを購入することができ、代金は冷蔵庫付設のコインボックスに入れるしくみだ。その後、キャッシュレスで支払える「YASAI PAY」も導入した。

Image credit: Kompeito

2018年にはオフィス向けに野菜だけでなく、ランチの補助に使える惣菜やおかずを常設の冷凍庫に届ける「OFFICE DE GOHAN(オフィスでごはん)」メニューを導入。先月には新型コロナウイルス流行の影響によりテレワークが拡大したのを受けて、自宅にサブスクリプションで野菜を届ける「OUCHI DE YASAI(おうちで野菜)」やサラダデリバリのサブスクを開始した。

物流ネットワークの拡大方法も興味深い。自社スタッフに加え、業務時間が限られる新聞や牛乳の配達事業者と提携し業務の一部を依頼。収益チャネルを増やしたい事業者と、迅速にエリア拡大を図りたい KOMPEITO の双方の利益が一致した。以前、朝日新聞サービスアンカー(ASA)の事例を紹介したが、現在は読売新聞販売店(YC)、明治牛乳の宅配ネットワークなども活用されている。

OFFICE DE YASAI を導入する拠点数は2020年5月現在1,500カ所。2015年11月に160社、2017年に400社(こちらは拠点数ではなく事業者数)だったことを考えると、これらの数の推移だけで見れば、成長はやや鈍化傾向にあるようにも見える。

ごはんメニューの一部
Image credit: Kompeito

実際のところ、OFFICE DE YASAI がサービスを開始して以降、オフィスに食事などをデリバリしてくれる競合はかなり増えた。類似サービスが刻々と姿を現す中で、国内では早熟期にサービスを開始した KOMPEITO としては、さらなる事業開発が求められる。それがすなわち、惣菜や自宅配送、サブスクなどサービスの多様化だ。

既存の他サービスとの差別化について、BRIDGE の取材に対し、KOMPEITO は次のように述べている。

当社の強みとしては、生鮮を扱えることです。生鮮を扱うにはこまめな管理が必要で、そのための物流が必要になる。他サービスでは月に2〜3回しか管理できないところもあるが、OFFICE DE YASAI では週2回以上の管理が行える。

惣菜はもちろん、サラダやフルーツの生鮮が扱えることから、より健康的でバランス良い食事が可能になる。また、昼食はもちろん、朝食、間食、残業時と、より幅広いシーンで24時間利用してもらえる。

国の医療費削減の観点からも、個人のウェルビーイングの観点からも、未病改善策の一環として食事に配慮することは奨励されるようになった。現在はテレワークを余儀なくされながらも、with コロナ、アフターコロナとして、この労働スタイルが恒久的に定着したら、人々の食事スタイルも変化するだろう。今後また、新たなサービスが発表されることを期待したい。

「OFFICE DE YASAI」運営のKOMPEITO、飲食店社食化大手「Ticket Restaurant」運営やライザップと「働く人の生産性向上委員会」を発足

SHARE:

オフィス向け置き野菜サービス「OFFICE DE YASAI」を運営する KOMPEITO、フィットネスジム「ライザップ」を運営する RIZAP グループ(札証:2928)、食事扶助による企業の従業員向け福利厚生サービス「Ticket Restaurant」で知られる Edenred Group の日本法人 Edenred Japan の3社は19日都内で記者会見を開き、共同で「働く人の生産性向上…

左から:RIZAP 取締役 迎綱治氏、KOMPEITO 代表取締役 川岸亮造氏、Edenred Japan 代表取締役 Malik Roumane 氏
Image credit: Masaru Ikeda

オフィス向け置き野菜サービス「OFFICE DE YASAI」を運営する KOMPEITO、フィットネスジム「ライザップ」を運営する RIZAP グループ(札証:2928)、食事扶助による企業の従業員向け福利厚生サービス「Ticket Restaurant」で知られる Edenred Group の日本法人 Edenred Japan の3社は19日都内で記者会見を開き、共同で「働く人の生産性向上委員会」の発足を発表した。

記者会見に登壇した KOMPEITO の川岸亮造氏は、日本は一人あたり・時間あたり労働生産性が低く、OECD 高所得24カ国の中で20位となっている一方、「働き方改革」で議論される施策は労働時間を短縮しようするものに終始していると指摘。実際には、プレゼンティーズムコスト(出勤しているにもかかわらず、コンディションがととのっていないために失っているコスト)が業務のパフォーマンスに大きく作用するとして、「食」を通じてビジネスパーソンの生産性向上に寄与していきたいと語った。

「働く人の生産性向上委員会」の具体的な活動プランは、次の通り。

  • チケットレストランと OFFICE DE YASAI のコラボプランを販売……Ticket Restaurant と OFFICE DE YASAI のセット福利厚生プランを展開予定
  • RIZAP 健康セミナーと OFFICE DE YASAI のコラボプランを販売…… 先月、KOMPEITO は RIZAPと提携し、企業向け従業員の健康増進パッケージを提供を発表
  • レストランキャンペーンの実施……加盟飲食店舗で、期間限定のヘルシーな特別メニューの提供。詳細は、Ticket Restaurant の Facebook ページなどで発表予定
  • 健康経営・働き方改革の定期セミナーを3社が共同で開催……第1回は、4月19日に認定産業医の宗田聡氏、RIZAP パーソナルトレーナーの松崎主税氏、ヤフー グッドコンティション推進部の市川久浩氏らによるセミナーを開催
レストランキャンペーンの一例:Ticket Restaurant 加盟レストラン「Le Petit Tonneau 虎ノ門店」で4月23日から提供される期間限定ランチメニュー(ニース風ミニトマトファルシ、魚介とミントのタブレ、スパイスをきかせたトマトとグリーンピースと子羊のリゾット、レモンとピスタチオのプディング)
写真は、試食用の小ポーション。メインは週替わりでいずれかの提供。料理は、Le Petit Tonneau オーナーシェフ Philippe Batton 氏による考案。
Image credit: Masaru Ikeda

Edenred Japan は、企業の社員がオフィス周辺の飲食店を、安価で栄養バランスのとれた食事が摂れる社員食堂として使うことができる「Ticket Restaurant」を運営。現在、日本国内の利用企業は2,000社、利用従業員総数は15万人、プログラムに加盟する飲食店は5.8万店舗以上。フランスのグループ本社が擁するグローバル市場では、利用企業77万社、利用従業員総数4,400万人、プログラム加盟飲食店150万店以上。

RIZAP は、2013年からマンツーマンのボディメイクジジムを提供しており、累積会員数は10万人超。今後 1:N のサービスを開発することで、2020年までに顧客数を1,000万人にまで伸ばしたい考え。「働く人の生産性向上委員会」に関連して、今後ビジネスパーソン向けに昼食を RIZAP 提供のメニューに置き換えることで、減量にコミットするサービスの提供を予定している。

オフィス向け置き野菜サービス「OFFICE DE YASAI」運営のKOMPEITO、RIZAPと提携し企業向け従業員の健康増進パッケージを提供

SHARE:

オフィス向け置き野菜サービス「OFFICE DE YASAI」を運営する KOMPEITO と、 フィットネスジム「ライザップ」運営で知られる RIZAP グループ(札証:2928)は29日、従業員の健康意識の向上や体調維持管理など、働くための最適なコンディションをサポートする企業向けサービスを共同で企画し4月より販売を開始すると発表した。 具体的には、OFFICE DE YASAI の3ヶ月また…

OFFICE DE YASAI のパワーサラダ(左)と、RIZAP グループの健康セミナー(右)
Image credit: KOMPEITO / RIZAP GROUP

オフィス向け置き野菜サービス「OFFICE DE YASAI」を運営する KOMPEITO と、 フィットネスジム「ライザップ」運営で知られる RIZAP グループ(札証:2928)は29日、従業員の健康意識の向上や体調維持管理など、働くための最適なコンディションをサポートする企業向けサービスを共同で企画し4月より販売を開始すると発表した。

具体的には、OFFICE DE YASAI の3ヶ月または1年間のトライアルと、ライザップの健康セミナーをセットにしたパッケージメニューを開発。価格は32万円から。両社では「働き方改革」が叫ばれる中で、身体の中と外の両方から従業員の健康増進を促し、ひいては企業の生産性向上に寄与したいとしている。

両社は今後、サービス導入企業の社員を対象に、アンケート調査などを積極的に行い、働く人が抱える悩みや、健康改善におけるボトルネックを的確に把握することでよりよいサービス開発に努めるとしている。

オフィス向け置き野菜サービス「OFFICE DE YASAI」運営のKOMPEITO、シリーズAラウンドでニッセイ・キャピタルなどから1.5億円を調達

SHARE:

オフィス向けに旬の野菜や果物を届けるサービス「OFFICE DE YASAI(オフィス・デ・ヤサイ)」を提供する KOMPEITO は23日、シリーズAラウンドでニッセイ・キャピタル、ツネイシキャピタルパートナーズ、NOS Ventures、ブルーストーンキャピタル、ソフトウェアテスト大手 SHIFT(東証:3697)の代表取締役である丹下大氏から、総額1.5億円を資金調達したことを明らかにした。…

Image credit: KOMPEITO

オフィス向けに旬の野菜や果物を届けるサービス「OFFICE DE YASAI(オフィス・デ・ヤサイ)」を提供する KOMPEITO は23日、シリーズAラウンドでニッセイ・キャピタル、ツネイシキャピタルパートナーズ、NOS Ventures、ブルーストーンキャピタル、ソフトウェアテスト大手 SHIFT(東証:3697)の代表取締役である丹下大氏から、総額1.5億円を資金調達したことを明らかにした。

KOMPEITO にとっては、2014年7月のインキュベイトファンド(調達額非開示)、2014年11月のマヨネーズ大手のキユーピー(東証:2809)からの5,000万円の調達、2016年6月の全国農業協同組合連合会(JA全農)との資本提携(調達額非開示)に続くものだ。今回の資金調達を受けて、KOMPEITO では顧客基盤および商品・サービスの強化を図り、顧客数1,000社規模を目指すとしている。

オフィスに置かれた小型冷蔵庫。脇には、日本全国物産展など、企画商品の陳列も配置されている。
Image credit: KOMPEITO

「OFFICE DE YASAI」は2014年4月に正式ローンチ、400社以上のオフィスに小型の冷蔵庫を設置し、定期的にKOMPEITO のスタッフが手軽に食べられる野菜パックを装填している。オフィスの従業員は勤務時間の合間など小腹が空いたときに、100円程度で野菜パックを購入することができ、代金は冷蔵庫付設のコインボックスに入れるしくみだ。今年1月からは同社オリジナル商品の「カラダ満足パワーサラダ」をスタート、女性を中心に注目を集めている。

物流面では、朝日新聞サービスアンカー(ASA)と提携し、東京都内で ASA 拠点を起点にした配送網を活用したり、提携先のキユーピーや JA 全農の協力を得たりすることで、物流・配送基盤の強化や品質向上を実現している。商品供給や物流が安定した現在、KOMPEITO にとって次の課題となる営業組織の強化、プロモーションの強化を図るため、今回の資金調達に至ったと説明している。

新製品の「カラダ満足パワーサラダ」
Image credit: KOMPEITO

オフィス向け置き野菜サービスの「OFFICE DE YASAI」、朝日新聞ASAと提携し配達エリアを拡大

SHARE:

オフィス向けに旬の野菜や果物を届けるサービス「OFFICE DE YASAI(オフィス・デ・ヤサイ)」を提供する KOMPEITO は5日、朝日新聞の営業・販売・配達を扱う朝日新聞サービスアンカー(ASA)の都内6社と提携し、「OFFICE DE YASAI」の配達基盤を強化すると発表した。この事業に参加する ASA は、恵比寿・赤坂青山・田町浜松町・大久保・四谷・銀座築地の東京都心部6拠点。これ…

office-de-yasai-by-asahi-shimbun-newsboy
「OFFICE DE YASAI」の商品を運ぶ ASA 配達員。

オフィス向けに旬の野菜や果物を届けるサービス「OFFICE DE YASAI(オフィス・デ・ヤサイ)」を提供する KOMPEITO は5日、朝日新聞の営業・販売・配達を扱う朝日新聞サービスアンカー(ASA)の都内6社と提携し、「OFFICE DE YASAI」の配達基盤を強化すると発表した。この事業に参加する ASA は、恵比寿・赤坂青山・田町浜松町・大久保・四谷・銀座築地の東京都心部6拠点。これらの ASA ではテスト運用を終了し、3月から既に実運用を開始している。

今回の提携では、KOMPEITO が自社で行っていた顧客企業への野菜や果物の配送オペレーションを ASA 各社に委託。ASA では、新聞の朝刊配達と夕刊配達の間の時間を活用し、OFFICE DE YASAI の商品配達・回収を実施する。KOMPEITO にとっては、このモデルを全国展開することで、スケーラビリティのあるビジネスモデルを実現することが可能になる。ASA にとっては、経営資源を有効活用し、新聞購読者以外の顧客が獲得できるなどのメリットがある。

vegetables-with-a-hat
OFFICE DE YASAI で購入できる商品(一部)。

新聞社とスタートアップが事業提携するオープンイノベーションには、他にも読売新聞社の事例などがある。時代の変遷と共に、メディアのデジタル化が進み新聞購読者数が減少する中で、全国に配達網を抱える新聞社各社はビジネスモデルの転換が求められる一方、営業エリアを全国に展開したいスタートアップにとっては、新聞社が持つアセットを活用することでスケーラビリティの確保が可能になる。既存の運送会社やロジスティクスに比べれば、ラストワンマイル部分のシステム化が必ずしも進んでいない分、サードパーティーの商品を扱うような柔軟なオペレーションも組み入れやすいのかもしれない。

2015年11月現在、OFFICE DE YASAI のサービスを導入しているのは、東京都心を中心に160社ほど。同社では今回の提携事業の動向を見据えつつ、配達エリアを関東一都三県や全国の主要都市部に展開し、2016年中に新たに600社の顧客獲得を目指すとしている。

KOMPEITO は2012年9月の創業。2014年には、経済産業省の「新事業創出のための目利き・支援人材育成等事業」に採択され1,000万円の助成金を獲得、同年2月にサムライインキュベートから、また同年7月にインキュベイトファンドから資金調達し、同年11月にはマヨネーズ製造大手のキユーピーから約5,000万円を調達している。

fridges
OFFICE DE YASAI の小型冷蔵庫。

オフィスに野菜や果物を届ける「OFFICE DE YASAI」、マヨネーズ大手のキユーピーから約5,000万円を調達

SHARE:

オンデマンド・デリバリ・サービスを提供するスタートアップに、大企業とのオープン・イノベーション提携の波の到来だ。オフィス向けに旬の野菜や果物を届けるサービス「OFFICE DE YASAI(オフィス・デ・ヤサイ)」を提供する KOMPEITO は今日、マヨネーズ大手のキユーピーとの資本・事業提携を発表した。資金調達額は約5,000万円。 <関連記事> KOMPEITO(コンペイトウ)が都内中心部の…

kompeito-kewpie-shake-hands
(左から)株式会社KOMPEITO CEO 川岸亮造氏、キユーピー株式会社常務取締役 兵藤透氏(サラダ・惣菜事業担当)

オンデマンド・デリバリ・サービスを提供するスタートアップに、大企業とのオープン・イノベーション提携の波の到来だ。オフィス向けに旬の野菜や果物を届けるサービス「OFFICE DE YASAI(オフィス・デ・ヤサイ)」を提供する KOMPEITO は今日、マヨネーズ大手のキユーピーとの資本・事業提携を発表した。資金調達額は約5,000万円。

<関連記事>

「OFFICE DE YASAI」は2014年4月に正式ローンチ、東京都内中心部のオフィスを中心に小型の冷蔵庫を設置。週に一度(現状では毎週月曜日)、KOMPEITO のスタッフが手軽に食べられる野菜パックを装填する。オフィスの従業員は勤務時間の合間など、小腹が空いたときに、100円か200円で野菜パックを購入することができ、代金は冷蔵庫付設のコインボックスに入れるしくみだ。去る9月には、京都の惣菜メーカーであるオノウエとも提携、野菜や果物に加えて、ランチのおかずに適当なおばんざいも提供メニューに加えられた

今回の提携を受けて、KOMPEITO はサービス提供エリアを2015年春の段階で国内1,000拠点、2015年末までに国内2,000拠点に拡大する予定だ。また、生産者のチャネル拡大、素材の調達、商品開発などの点でキユーピーの協力を得る。キユーピーにとっては、KOMPEITO との提携により、これまでの小売流通チャネルに無い、新しい販路の拡大を目指せるメリットがある。

同社は今年、経済産業省の「新事業創出のための目利き・支援人材育成等事業」に採択され1,000万円の助成金を獲得しているほか、レシピサイトのクックパッドからハンズオン支援も受けている。7月には、インキュベイトファンドからも資金調達している

消費者と農家の直接の対話を作り出すという点では、先ごろ、Founder Institute Tokyo の第1回バッチから輩出された Farmly などにも見られるように、既存の農作物流通をディスラプトする、スタートアップらしい目のつけどころと言えるだろう。

kompeito-kewpie-broaderview

 

KOMPEITO(コンペイトウ)が都内中心部のオフィスを対象に、置き野菜サービス「OFFICE DE YASAI」を正式ローンチ

SHARE:

東京のスタートアップ KOMPEITO(コンペイトウ)は今日、オフィス配置型の従業員向け置き野菜サービス「OFFICE DE YASAI(オフィス・デ・ヤサイ)」の正式ローンチを発表した。これは言わば、置き菓子の「オフィスグリコ」の野菜版で、当面は東京都内の港区、渋谷区、新宿区、品川区、千代田区、中央区を対象にサービスを提供する。なお、期間内に消費されなかった野菜を回収しない、農家からの直送買い切…

office-de-yasai_featuredimage

東京のスタートアップ KOMPEITO(コンペイトウ)は今日、オフィス配置型の従業員向け置き野菜サービス「OFFICE DE YASAI(オフィス・デ・ヤサイ)」の正式ローンチを発表した。これは言わば、置き菓子の「オフィスグリコ」の野菜版で、当面は東京都内の港区、渋谷区、新宿区、品川区、千代田区、中央区を対象にサービスを提供する。なお、期間内に消費されなかった野菜を回収しない、農家からの直送買い切り型サービスであれば、全国への配送も可能だ。

このサービスでは、契約したオフィスに小型の冷蔵庫が備え付けられ、週に一度(現状では毎週月曜日)、KOMPEITO のスタッフが手軽に食べられる野菜パックを装填する。オフィスの従業員は勤務時間の合間など、小腹が空いたときに、100円か200円で野菜パックを購入することができ、代金は冷蔵庫敷設のコインボックスに入れるしくみだ。

ユーザには消費した野菜代金以外の費用は発生せず、消費されなかった野菜は次回装填時に回収される。企業によっては、「OFFICE DE YASAI」を福利厚生の一環として位置づけており、この場合、企業が商品の代金を負担するので、社員は支払う必要がない。

fridges
OFFICE DE YASAI の小型冷蔵庫。写真は KOMPEITO オフィスの冷蔵庫なので野菜が多め。

KOMPEITO を立ち上げた CEO の川岸亮造氏と渡邉瞬氏は以前、大手の経営コンサルティング・ファームで第一次産業向けの経営コンサルティングに従事していた。しかし、農業においては経営単位が小規模で、農家にコンサルティングを提供するよりも、農家の収入を増やす事業を立ち上げた方が効果的だと考え、KOMPEITO を設立した。

kawagishi_portrait
KOMPEITO CEO 川岸亮造氏

農業界はこれからの十年で大きく変わると思っています。いいものを作っている中小の農家はもっと報われるべき。

我々が新しいサービスを立ち上げるにあたって、一般的な販売方法をとっても、価格が八百屋やスーパーと比べられるだけで、商品を差別化することは難しい。そこで有機農法など農家がこだわって生産した野菜の消費機会を、食事とは別の形で創出したわけです。

農家が生産する野菜の中には、形や大きさが規格外であるため、通常の流通には乗らないものもある。これまでは、この種類の農産物は廃棄するか農家が自家消費するしか方法が無かった。しかし、例えば、一般的な流通規格より少し小さなジャガイモも、オフィスで小腹を満たすジャガバターにするのであれば、むしろ好都合だったりする。農家にとっては、OFFICE DE YASAI に野菜を供給することで、追加的な収入が得られるというわけだ。

KOMPEITO のスタッフが直接野菜を装填しにユーザのオフィスにやってくるため、この接触機会によって、ユーザのフィードバックが生産者に届きやすい、というメリットもある。

vegetables-with-a-hat
OFFICE DE YASAI で購入できる商品(一部)。
麦わら帽子を被ったスタッフが、週に一度、オフィスの冷蔵庫に新鮮な野菜を運んで来てくれる。

OFFICE DE YASAI は昨年11月にクローズドベータの形でサービスが開始され、この数ヶ月間、都心部のスタートアップ、大手インターネット企業、外資系企業、コワーキング・スペースなどでユーザの反応を探ってきた。特にIT業界に絞ってユーザを集めたわけですが、「結果的に、スタートアップや外資系企業からの反応がよく、おそらく、社員にアーリーアダプターが多いからではないか」(川岸氏)と、ユーザ分布の背景を分析している。

農産物の直送サービスは、NTTドコモの らでぃっしゅぼーや や生協系のパルシステムなど、これまでにもいくつかの事例があるが、スタートアップが新規参入するには、商品を購入してくれる消費者コミュニティの形成や、個別配送の配送費用が大きなボトルネックになるのだという。おそらく、オフィスおかんbento.jp なども、オフィスでの消費機会をターゲットにすることで、同様の問題をクリアしようとしているのだろう。

KOMPEITO は当初、野菜宅配で B2C のサービスを企画していたが、これらの問題点を回避すべく、まずは OFFICE DE YASAI として B2B のサービスを立ち上げ、将来、B2C のサービスの開発にも着手したいとしている。