THE BRIDGE

タグ maker

3Dプリンターの普及を目指すスタートアップ「Pirate3D」がRed Dot Venturesから48万2000米ドル投資を受ける

SHARE:

【原文】 Chris Andersonのようなテクノロジー系の予言者ともいえる人間が語ったように、メーカー革命が起きようとしている。手の届く、マス市場に対応した3Dプリンターが私達の自宅に現れれば、消費者は店頭で商品を買わなくても、家で物を作ることが可能になる。 それが本当に実現するかは私には分からないが、シンガポールに拠点を置く、シードとアーリーステージの投資会社であるRed Dot Ventu…

【原文】

Pirate3DPのファウンダーは3Dプリンターを大衆にも手が届くものにしたいと考えている。
左から:Tsang You Jun, Brendan GohとRoger Chang

Chris Andersonのようなテクノロジー系の予言者ともいえる人間が語ったように、メーカー革命が起きようとしている。手の届く、マス市場に対応した3Dプリンターが私達の自宅に現れれば、消費者は店頭で商品を買わなくても、家で物を作ることが可能になる。

それが本当に実現するかは私には分からないが、シンガポールに拠点を置く、シードとアーリーステージの投資会社であるRed Dot Venturesは、それに賭けている。TIS incubator はSGD 589K (USD 482K)を大衆向けの3Dプリンターを商品化を目標とするシンガポールのスタートアップ、Pirate3Dに投資した。

「この技術の魅力は、これからは誰もが何でも自宅のリビングルームで物が作れるようになる事です。」

Red Dot VenturesのマネージングディレクターであるLeslie Lohが言う。「3Dプリンティングは世界に変化を与える事になるます。地元のスタートアップをサポートし、このテクノロジー革命の一端を担える事に喜びを感じています。」

3Dプリンティングは、ラピッドプロトタイピングとも呼ばれ、デザインや建築会社により利用されてきた。MakerbotCubifyPP3DP等、各国のスタートアップが低価格で、より効率的でユーザーフレンドリーな3Dプリンターの開発を行っている。

それらのほとんどはアメリカに拠点を置いているため、Pirate3DPは初めてアジアに拠点を置く企業であるかもしれない。彼らは現在、プロトタイピングのフラグシップ商品である、Buccaneerを遅れがなければ、2013年の中頃にローンチする。

このスタートアップのファウンダーはRoger Chang、Brendan Goh、Tsang You JunとProf Neo Kok Bengである。Roger、BrendanとTsang は、幼なじみであるり、大学を卒表したばかりである。RogerはNUSビジネススクールを、GohとTsangはNTU School of Materials Science & Engineeringを卒業した。Prof Neoは、NUSでレクチャーするシリアルテクノプレナーである。

テクノオプティミスト(テクノロジー楽観主義者)はメーカーのムーヴメントに対して明るい未来を描いてきたが、Pirate3DPは理想と市場の現実との間で器用にバランスを取らなければならないだろう。

アジアのギーク達はこの技術の持つ潜在的な力に気がついているが、3Dプリンティングのコンセプトがマスに浸透するまで何年もかかるかもしれない。しかし、いずれそのトレンドがやってきたら、Pirate3DPは先を行く筆頭のプレーヤーとなるだろう。

「近い将来、皆が3Dプリンターを紙のプリンターの横に置き、プラスチックのアクセサリー、キッチン用品、おもちゃ、模型、宿題のプロジェクトや重要でない代替部品を作るようになるでしょう。」

Pirate3DPのCEOであるRogerは語った。

【via SGE.io】 @SGEio

----------[AD]----------

ハードウェアメーカーとしての中国IT業界大手Tencent(騰訊)

SHARE:

【原文】 既にご存知の通り、中国共産党の新リーダー習近平氏が先日、Tencent(騰訊)を訪問した。Tencentは彼に何を見せたのだろうか? WeChat(微信)、Google Street Viewのような地図とQRobot project(小Q機器人)傘下のポータブルインタラクティブプロジェクターQYing(Q影)だ(中国語によるレポート)。 Tencentの経営陣はスマートフォンは製造しな…

【原文】

既にご存知の通り、中国共産党の新リーダー習近平氏が先日、Tencent(騰訊)を訪問した。Tencentは彼に何を見せたのだろうか? WeChat(微信)、Google Street Viewのような地図とQRobot project(小Q機器人)傘下のポータブルインタラクティブプロジェクターQYing(Q影)だ(中国語によるレポート)。

Tencentの経営陣はスマートフォンは製造しない代わりに、販売用のハードウェア機器をいくつか公開したと述べた。中国の電化製品製造基盤である深センに本社を置く同社は、あらゆるハードウェアを製造する利便性を活用することができる。

それはXiaomi(小米)のCEOが待望の新携帯電話モデルのサプライチェーンを構築するために、北京からわざわざ飛行機で出向かなければならないのとは対照的だ。また、ハードウェア会社とは違い、Tencentはデバイスに入れるための音楽、ビデオ、ニュース、電子書籍、ゲーム、ソフトウェア等あらゆる種類のコンテンツを所有している。

QRobot

Tencentは2010年、SIAT(中国科学院・深圳先進技術研究院)と連携して、人と相互交流できるペンギンの形をした小ロボットQRobotの開発に着手した。初版は2011年8月に出荷され、同社のeコマースプラットフォームで販売された。

qrobot

このロボットは、人間と音声や動画による簡単な会話ができ、ニュース、天気、株式市場等の情報に答えてくれる。ソフトウェアを内臓することで、物語を語ったりテキストを読み上げたり、Q&Aゲームを行なったりすることが可能だ。ペンギンの頭、体、羽もそれに応じて動かすことができる。

1188元(190米ドル)で発売された月には3000個以上を売り上げた。現在の価格は1398元だ。教育志向の子供向け版が先月QYingと共に発売された。

QYing

QYingは新世代QRobotとしてリリースされた。これはAndroidベースで握りこぶしより小さい。USBケーブルを通してコンピューター画面に、あるいはHDMIケーブルを通してスマートフォン画面や壁にコンテンツを投射するだけでなく、タッチペンやリモートコントロールペンを使ってボタンをクリックしたり、リンクを開いたり、イメージを読み出したりというARテクノロジー機能によってイメージ操作することができる。

QQ截图20121213143221

QQ動画の動画コンテンツやQQゲームのゲーム、(Tencentのパートナーの)3366のゲームが内臓されているなど、Xiaomiのセットアップボックスのようだ。価格は1999元(322米ドル)で公式オンラインストアによると1000個以上が完売した。

同社はAndroidベースのアプリ構築のためサードパーティーのデベロッパーを求めている。

Weixin(微信)イヤフォン

WeixinあるいはWechatはメディアや業界関係者の試用に多くの特注イヤフォンを納品した。機能は音声メッセージの送受信や音声レベル調節などだけだ。現在販売はされていない。

QQ截图20121213183324

Tencentは、ハードウェアメーカーのある部門と提携して、QPlayを内蔵した製品やQQ Music向けに全種類の音楽の再生端末を内臓した製品などの端末を提供しようとしている。報告によると、プロ用音楽プレーヤーメーカーSonosやTCLなどのスマートTVメーカーを含む10社以上がQPlayとの契約に合意したという。(中国語記事

【via Technode】 @technodechina

----------[AD]----------

【ゲスト寄稿】Makerムーブメント前夜の出来事と電子工作コンテスト2012

寄稿をしていただくのは、岩淵技術商事の岡島康憲氏。岩淵技術商事執行役員。Webサービスからネットガジェットまで様々なものを作る社会人サークルKORESSを主宰。前職のNECビッグローブではWebサービスやネットガジェットの企画開発を担当。Webサービスからネットガジェットまで、ソフトからハードまでのものづくりに関わる岡島氏も携わっている電子工作コンテストがもうすぐ開催される。「Maker」がこれか…

寄稿をしていただくのは、岩淵技術商事の岡島康憲氏。岩淵技術商事執行役員。Webサービスからネットガジェットまで様々なものを作る社会人サークルKORESSを主宰。前職のNECビッグローブではWebサービスやネットガジェットの企画開発を担当。Webサービスからネットガジェットまで、ソフトからハードまでのものづくりに関わる岡島氏も携わっている電子工作コンテストがもうすぐ開催される。「Maker」がこれからの時代にどう進んでいくか。注目していきたい。


今、様々なメディアで「Makerムーブメント」が紹介されています。3Dプリンタなどの高性能な機材がコモディティ化したことにより、多くの人が自分が望む物を自分で制作できる時代になりました。「ビットからリアル」への進出は、クリエイターだけでなく全てのスタートアップが注目すべきトピックでしょう。

しかし、何かを作り出す道具はもちろん3Dプリンタだけではありません。これまで多くの若きクリエイター達は半田ごてや旋盤、マイコンなど様々な道具や部材を使い独自の電子工作を作り出してきました。Makerムーブメント前夜にも、彼らは魅力あふれる様々なガジェットを「Make」し続けてきたのです。

電子工作コンテスト」は、そういった全てのクリエイターに、自作の電子工作作品を発表する場を提供し、表彰する事を目的としたイベントです。本記事では、3Dプリンタの衝撃が印象に残るMakerムーブメント前夜に起きていたこと、さらにその頃始まったイベント「電子工作コンテスト」について紹介します。

Makerムーブメント前夜

今起きているMakerムーブメント前夜にも、3Dプリンタ同様の衝撃を与えるいくつかの出来事がありました。その中でも大きな事例を3つ紹介します。

1.プロトタイピング用のマイコンの登場

過去、マイコンを使った電子工作はその設計やプログラミングなどの技術的なハードルが高いものでした。そうした中登場した「Arduino」は電子回路やマイコンのプログラミングに詳しくないデザイナーにも手軽にハードウェアプロトタイピングを可能にするために開発された、プロトタイピング用のマイコンボードです。

Arduinoと簡単なプログラミング言語を知っていれば、ボタンの操作や温度センサーと連動してLEDを点滅させたり、センサーからの情報をインターネットに配信することすら可能になったのです。

日本では2008年頃からクリエイターの間で使われ始め、多くのハードウェアプロトタイプやメディアアートなどに活用されました。現在Arudinoは様々な種類が販売され、同様のプロトタイピングマイコンとして「mbed」が登場するなど、手軽にマイコンを使った電子工作を始める事ができる環境が生まれています。

2.展示機会の充実

自作の電子工作を発表する場も増えました。先日、科学未来館で開催された「Maker Faire Tokyo」の全身である「Make: Tokyo Meeting」が始まったのが2008年。

2009年には電子工作コンテストも始まりました。これら以外にも、小規模なものから大規模なもの含めて様々なイベントがこの頃に始まりました。一つの会場に多くのクリエイターが集まり自慢の作品を展示し、意見交換する場の充実は、Makerコミュニティを活発にし創作意欲を刺激するには十分な結果をもたらしました。

3.ネット上での発信

ニコニコ動画やYoutubeで自分の作品を紹介する動きも一般的になりました。文章や写真では伝えきれない魅力も、動画であればその動作と合わせて余すところなく伝えることができます。

一本の動画が一晩のうちにネット上で話題となり数日後には海外のメディアに取り上げられる、そういった出来事も起きました。こういった環境はクリエイターにとって電子工作をより魅力的な自己表現の手段に発展させました。

電子工作コンテストの誕生と発展

そうした動きの中、電子工作コンテストは2009年に第一回が開催されました。Arduino以前からロボットやハードウェアを開発してきたクリエイターはもちろん、Arduinoなどの新たなツール、部品を活用するクリエイターが参加いただきました。

コンテストを通じ、木のぬくもりを感じられる、しかし中身は高度な回路が組まれている電子楽器「らいのん」や、手をかざす位置に応じてズームした写真や引いた写真を撮ることができる一風変わったデジタルカメラ「UBI-CAMERA」など、多くの優れた作品が表彰されました。

第一回から回を重ねるにつれ、応募作品や開催規模は順調に成長し、今年開催される電子工作コンテスト2012では176点の応募作品が集まり、賞の数も30を越える過去最高の規模となりました。幅広いジャンルを集める自作ハードウェアのコンテストとしては国内でも指折りの規模となっています。

この電子工作コンテストにて優秀な作品に対し様々な賞を授与する表彰式イベント「電子工作フェスティバル」は,、2012年12月9日に秋葉原に近い「3331 Arts Chiyoda」で開催されます。イベントでは表彰式の他に、優秀作品の展示やプレゼンテーション、どなたでも参加可能な電子工作ワークショップも実施いたします。

Makerムーブメントや「Maker Faire Tokyo」の成功もあり、注目も集まっております。皆様是非ご来場ください!

詳しい情報は公式WebページFacebookページに掲載しています。こちらにもLikeをつけていただけると嬉しいです。

----------[AD]----------