BRIDGE

タグ MangoPlate

韓国の大ヒットレストランアプリ「MangoPlate」ーーユーザーから絶大な信頼を置かれている理由【後編】

SHARE:

VCから610万米ドルを調達したスタートアップ、MangoPlateの共同CEOであるJoon Oh氏にe27が今後のプランを聞いた。 インタビュー前編はこちら:韓国の大ヒットレストランアプリ「MangoPlate」ーーユーザーから絶大な信頼を置かれている理由【前編】 MangoPlateが他のプロダクトと違う点 それはまさにパーソナライズされたおすすめ情報である。これはMangoPlateが踏み…

VCから610万米ドルを調達したスタートアップ、MangoPlateの共同CEOであるJoon Oh氏にe27が今後のプランを聞いた。
インタビュー前編はこちら:韓国の大ヒットレストランアプリ「MangoPlate」ーーユーザーから絶大な信頼を置かれている理由【前編】

MangoPlateのCo-CEO、Joon Oh氏
MangoPlateのCo-CEO、Joon Oh氏

MangoPlateが他のプロダクトと違う点

それはまさにパーソナライズされたおすすめ情報である。これはMangoPlateが踏み込んだ主要機能の1つで、Oh氏が言う通り他のディレクトリやフードブログとの違いをもたらしている。他にも、「信頼できるレビュー」「行ってみたい」「チェックイン」「フォロー・フォロー中」「ピック」といった機能がある。FoursquareのクラウドソースのレビューリストとSwarmのチェックイン、Instagramのフォロー・フォロー中、PopularやExploreのページとYelpのレストランディレクトリが全部合わさったようなものだと考えてほしい。

夕食での会話は、まだまだつかみきれていない大きなビジネスチャンスがあることを実感させてくれた。「大手企業は政府の狙い撃ちにあいました。NaverとWingSpoonです。政府は狙い撃ちにしたのです。その理由は、韓国政府がスタートアップ経済を加速させたいと考えているからです。もしNaverがあらゆる分野、 つまり検索、ファッション、不動産、レシピなどあらゆるローカルサービスに手を伸ばすと、つまり全サービスに手を伸ばすとどうなると思いますか 。他に誰も同じことはできません。あのような大手企業は検索を独占していますので、検索で独占力を持っているとその力を使って、容易に拡張していくことができるのです。Naverは、おかげで美しく舞台から降り、MangoPlate(のようなスタートアップ)にチャンスを提供してくれました 」と、Oh氏は述べる。

「信頼性という問題で、他の分野での競争はMangoPlateほどうまくいきませんでした。(中略)以前、こうしたサービスの中には大成功を収めて大金を手にした後、ユーザの信頼を失って落ち目になりました。消費者の信頼を一度失うと、後は転げ落ちていきます」とOh氏。

現在のところ、MangoPlateはアプリを使うユーザ、そしてレストランオーナーにも課金していない。全てのコンテンツはアプリユーザからのもので、Oh氏によると同スタートアップはレストランのランキングやレビュー情報を操作していないという。おすすめ情報をユーザーごとにパーソナライズするという機能は、同社が収益のために特定のレストランを評価することを思い留まらせる要因にもなっている。アプリで結果を友達同士で見せ合ったときに内容が同じだと騙されたと感じてしまうからだ。ユーザは代金を支払うわけではないが、信頼と時間は費やしてくれている。ずるいと思われたらアプリを2度とは使ってくれなくなる。

現時点における、収益ゼロモデルのメリット

Oh氏が言うには、スタートアップとしての資金調達はいつも難しいものだが、現在実践されているMangoPlateの収益ゼロモデルは資金調達を易しくも難しくもしなかったという。KakaoTalkやFacebookといったサービスの到来を受けて、投資家はMangoPlateのような企業は収益をあげる前にトラフィックを構築し顧客を獲得しなくてはいけないとみている。 そのため、収益を生み出していない企業の資金調達が可能になっている。

「簡単ではなかったと言っているわけではありません。しかし、そうは言っても他のスタートアップよりも困難だというわけではありません」彼は付け加えた。「なぜなら、投資家はあなたのビジョンを信用する必要がありますし、それこそがCEOとしての仕事なのです。あなたの会社に投資しようとする人物を説得するのです。彼らは単にアイデアに投資しているのだけではなく、チームに対してもまた投資しているのですから。」

しかし、実行すべき収益モデルや戦略がないという理由だけで、Oh氏や共同設立者たちがそれについて考えていないとか、この企業はこのまま変わらないだろう、とは言えない。遠い未来に、MangoPlateがデリバリーのようなフード関係サービスとプラットフォームやリソースをシェアすることを織り込んだ収益シェアモデルによって利益を生み出す道があるかもしれない。もしくは、この企業はビューティー業界など他の業界に参入するかもしれない。

今後の計画

「この分野でいったん優位に立てれば、モバイルサービスを必要とするようなネイルやヘアメイクといったビューティー業界、医療業界に参入しやすくなるだろうと考えていますし、どこかで事業を始めたいですね。どの業界かはわからないですが、ユーザーには自分たちのオススメ情報やレビューを信頼してもらえたらと思います。」とOh氏は語っている。

多くの人は、車のサービスを受ける場所、トレンディーなペットカフェを見つけるのに大手検索エンジンNaverやそのブログ、あるいは友人たちを頼りにしているが、それは面倒なときもある。 「当社の初めのころは、『ディスカバリー(発見)でいくか、デリバリーにするか、リザベーション(予約)、すべてにするか』といった状態でした。それで、一度にすべて対応したいと思ったのですが、ディスカバリーそれ自体が大きな市場です。だからこの市場を実際に支配する必要があり、そうすれば周辺業界に広がっていくのです。ですが、デリバリーは別です。ここは既存のプレイヤーと提携していきたいです。優れた既存事業者がいて、そのサービスにはとても満足しているからです。その場合、私は既存事業者と組んで収益シェアができる一種の取引をしたいと思います。デリバリーはその点で違うと思いますが、リザベーションに関してはうまくいくのではないでしょうか。この分野は透明性が高く、リザベーションの市場に入っていくのは難しくないからです」と、Oh氏はまとめた。

ただし今のところ、MangoPlateはレストランと韓国で手一杯な状態だ。

【via e27】 @E27sg
【原文】

韓国の大ヒットレストランアプリ「MangoPlate」ーーユーザーから絶大な信頼を置かれている理由【前編】

SHARE:

VCから610万米ドルを調達したスタートアップ、MangoPlateの共同CEOであるJoon Oh氏にe27が今後のプランを聞いた。 私が初めて韓国の輝かしい首都ソウルに到着したとき、自分の好みのレストランを見つけるのがいかに難しいか実感した。クラウドソースのレビューは役に立たなかったし、外国人居住者用のFacebookグループや現地の人のおすすめを集めて、試してみては失敗の繰り返しだった。 そ…

VCから610万米ドルを調達したスタートアップ、MangoPlateの共同CEOであるJoon Oh氏にe27が今後のプランを聞いた。

MangoPlateのCo-CEO、Joon Oh氏
MangoPlateのCo-CEO、Joon Oh氏

私が初めて韓国の輝かしい首都ソウルに到着したとき、自分の好みのレストランを見つけるのがいかに難しいか実感した。クラウドソースのレビューは役に立たなかったし、外国人居住者用のFacebookグループや現地の人のおすすめを集めて、試してみては失敗の繰り返しだった。

それから、昨年のSoftbank Ventures Korea Forumで、私は紙袋に印刷されていた「MangoPlate」の文字を見つけた。ある人が、それが若いスタートアップであることを教えてくれた。なるほど、Yelpみたいなものか。数ヶ月後、同僚を連れて回らなければいけない際にそのアプリをダウンロードして、自分のKakaoTalkアカウントと接続し、江南エリアに何があるか調べた。

同僚は仕事のイベントで疲れ切っていたので、100メートル範囲内に何があるか調べてみた。何回か画面をタップして「みんな!フライドチキンはどう?」と伝えて地図をダウンロードし、店に急いだ。振り返ってみて、私がこのフライドチキンのレストランに決めたのは、彼らのホテルにとても近くて、価格も良心的であったからである(レビューが1つだけあったが、評価すらついていなかった!)。

私はまた5月頃までこのアプリのことをすっかり忘れていた。ある時、特別な機会のために家庭的でエレガントな美味しいイタリアンレストランを探す必要があった。見知らぬ場所をうろうろするのも嫌だし、良い店をちゃんと見つけたかった。場所は江南を選択し、アプリのアドバンスフィルターを使って評価(「パーソナライズ」及び「レビュー数」の代わりに)、洋食、2万~3万ウォンという条件でレストランを並び替えた。5つ星のブランチ有名店から他の高評価スペイン料理店など候補レストランがリストアップされた。

私は評価とレビューを心配し、頭の中で各場所の長所と短所を比較検討した。とうとう、まさにその当日に、美食の願いを叶えてくれる場所として、そこまで完璧ではない評価が付いているが、期待できそうに思える4.8評価の店を発見した。「こんにちは、予約したいのですが。」有り難いことに、期待は裏切られなかった。

app-screenshots

MangoPlateのレビューは、レストランに評価をつけることができない。代わりに、ユーザは「おすすめ」「まあまあ」「おすすめしない」のどれかを選択でき、より深く説明するために、選択した理由と写真を載せることができる。ユーザは、他のユーザが過去にどんなレビューを書いたか確認することができ、それによりレビューが正当なものかがわかる。

例えば、レストランオーナーが自分の店のレビューの「おすすめ」を増やすために、FacebookやKakaoTalkアカウントを使ってログインし、あらゆる方法でレストランの好感度を上げていないかどうか確認できる。これらは食事の経験を記録に残している本物の人々なのだ。Gordon Ramsey氏やMartha Stewart氏ではなくて、ただの一般人たちが、他人があるレストランへ行くか行かないかを左右することができるのだ。

私はレストラン、ホテルや化粧品のレビューであろうと、レビューを見るのが大好きだ。私は5.0評価のレビューや満足したお客が残した良い評価はあまり信用してないが、他のレビューは全て楽しんで読んでいる。私はホテルの場所やインテリア、フロント係に対して4.8や4.5星の評価を付けながら、朝食が物足りなく不満だったとするレビューを読むのが大好きで、決断を下す前には際限なく目を通している。

私は、2.0評価のものは絶対買うつもりはないので無視している。MangoPlateのレビューのほとんどは韓国語なので、韓国語をマスターするまではレビューが理解できないことになる。しかし全てのレビューは、「おすすめ」「まあまあ」もしくは、「おすすめしない」に分類されている。

「私たちは英語圏向けには本格的な売り込みをかけてませんが、(オーガニックに)広まり始めていますし、それは良いことだと思っています」とMangoPlateの共同CEOのJoon Oh氏は、e27の取材で語った。

それは、MangoPlateがQualcomm Ventures、YJ CapitalやSoftBank Ventures Koreaから610万米ドルの資金を調達したことを発表した10日程後の7月の第2金曜日のことだった。Oh氏は、江南ファイナンスセンターの新しいオフィスを訪ね、ちょうど戻ってきたところだった。今のオフィスは、MangoPlateのフルタイム従業員16人分のスペースしかないヨクサムのMaru 180というコワーキングビルで、新しいオフィスから10分程の所にある。

MangoPlateのチーム
MangoPlateのチーム

MangoPlate: これまでの道のり

MangoPlateは、一見して全てが目標に向かって順調に進んでいるような企業だ。安定した収益モデルがなくてもベンチャー投資会社から2ラウンドにわたって資金を確保している。同社の4名の共同設立者全員が、独特ではあるが貴重なスキルを出し合った形になっている。

Oh氏はビジネスマンで、Michael Roh氏はパーソナライズされた評価を実現するアルゴリズムを考えるチーフデータサイエンティストで、Hoseok Ryu氏はサーバーのプログラミングを担当し、Daewoong Kim氏はクライアントのプログラミングでは大黒柱的な存在だ。彼らは既に2年以上もビジネスをしており、ずっと良い方向に進んでいる。さらに良いことに、有力な競合相手がいない。

MangoPlateのPRマネージャーであるMonica Shim氏によれば、同社のiOS・Androidアプリは、100万ダウンロードと毎月25万のアクティブユーザ数を誇るという。これらユーザの大部分は韓国に居住している人で、観光客や外国人居住者はわずかである。MangoPlateに掲載されている店舗はすべて、同国に拠点を置くものだ。

「これは、単なる趣味の延長です」

4人の共同設立者全員を代表してOh氏は語った。Oh氏はRoh氏を大学の頃から知っている。Kim氏とRyu氏は韓国科学技術院(KAIST)での研究仲間で、Oh氏とRyu氏は前の勤務先であるSamsungのときからの仲だ。

「ですから、この仕事は実際は仕事ではないんです。私たちにとって、これは楽しい時間を過ごすためのものなのです」

MangoPlate Co-founders (L-R): Danny Ryu Ho-seok, Joon Oh, Bernard Kim Dae-woong, and Michael Roh
MangoPlate のコファウンダー (左から): Danny Ryu Ho-seok、Joon Oh、Bernard Kim Dae-woong、Michael Roh

4人とも外食をした新装レストランの記録を残しておきたいような食通であった。彼が回想して言うには、「・・・それで自分たちのリソースをスプレッドシートに入れたらどうだろう、という話になりました。まずはこうしたレストランの全てをスプレッドシートに入力し、その後、注文すべきメニュー、そのレストランで予期せぬ出来事、立地に関する断片情報を書き始め、さらには店名、電話番号、住所、目印、ヒント、メモ、レビューなどありとあらゆる情報を備えたデータベースにしていったのです。」

その「スプレッドシート」はやがて巨大なレストランのデータベースとなった。そして友人たちも仲間に入りたがった。Oh氏はスプレッドシートに含まれるレストランの数は2,000ほどだとみていたところ、

「最初はあらゆる人、つまりランダムに選ばれた人、スプレッドシートに記入した友達の友達などからリクエストを受け入れていました!その後、予想の水準に達したところで困った事態になりました。なぜかと言うと、『もうあの店はつぶれた』とか、『あの店は今やひどい』などといった書き込みが出てきたのです」

ある日、彼ら4人が夕食のために再会すると、このスプレッドシートが話題に上った。その人気の高さから、このスプレッドシートがアプリになる可能性に気付いた。Oh氏は続けた。

「そして私たちは言いました。『おい、Danny(Ryu氏)はサーバープログラミングできるし、Bernard(Kim氏)はクライアントプログラミングができる。Michaelは、Appleのデータサイエンティストだ。』しかも彼は、基本的に全てスマートなやり方でなんでもこなす人です。Michaelは、じゃあそれぞれが分担すればできるじゃないかと言いました」

実際、彼はどのようにしてアプリを作ったのだろうか。「まあ、手品みたいなものですかね。ソーシャルグラフ情報、好み、レストランでの経験、よく行く場所などを考慮に入れました。だからHungryGoWhereやOpenRiceなど、誰が見ても同じ内容のレストランのディレクトリではなく、そうした要素を考慮に入れて並べたのです。MangoPlateでは、見る人によって内容が違うのです」とOh氏は述べている。(原文ママ)

後編では「MangoPlate」が他のアプリと異なる点、また今後の収益化の計画について、Oh氏のインタビューを引き続きお伝えする。

【via e27】 @E27sg

【原文】

韓国のグルメ・レコメンデーション・サービス「MangoPlate」が、YJキャピタルなどから約7.4億円を調達

SHARE:

韓国のグルメ・レコメンデーション・サービス「MangoPlate(망고플레이트)」は先ごろ、韓国、日本、アメリカの VC から総額67億ウォン(約7.4億円)を調達した。今回の追加調達は、Qualcomm の VC である Qualcomm Ventures、Softbank Ventures Korea、ヤフーの VC であるYJキャピタルから行われた。 今回の調達を受けて、MangoPlate…

mangoplate_featuredimage

韓国のグルメ・レコメンデーション・サービス「MangoPlate(망고플레이트)」は先ごろ、韓国、日本、アメリカの VC から総額67億ウォン(約7.4億円)を調達した。今回の追加調達は、Qualcomm の VC である Qualcomm VenturesSoftbank Ventures Korea、ヤフーの VC であるYJキャピタルから行われた。

今回の調達を受けて、MangoPlate の累積調達額は80億ウォン(約8.9億円)を超えた。YJキャピタルにとっては、韓国スタートアップへの初の投資となり、MangoPlate は FoodTech 分野の新しい強者として浮上したことになる。

MangoPlate は2013年10月、SparkLabs 第2期デモデイでローンチしたグルメ・レコメンデーション・サービスで、レストランやユーザ一人一人のビッグデータを分析し、個人にカスタマイズされたグルメ情報を届ける。従来のサービスは、どのユーザにも同じグルメ情報が表示され、広告的な内容であふれ、ユーザにとって信頼性の高い情報を検索しにくかったが、MangoPlate はデータ分析を元にした「レコメンデーション・アルゴリズム」で差別化している。ユーザは、MangoPlate のプラットフォーム上で作成された訪問レビューや写真を共有でき、マーケティング性の高いブログ投稿とは異なり、透明かつ信頼性の高い情報を得ることができる。

Qualcomm Ventures の理事を務めるクォン・イルファン(권일환)氏は次のようにコメントしている。

最近、登場した言葉である FoodTech は、グルメに IT を有効した分野で成長の可能性は無限だ。MangoPlate が今回、Qualcomm Venture、Softbank Ventures、YJキャピタルのような有名なグローバルVCから資金調達できたことで、今後、韓国 FoodTech の代表格として成長することに期待したい。

MangoPlate の代表を務めるキム・テウン(김대웅)氏は、次のように述べている。

MangoPlate は、大規模かつグローバルに資金調達できたことを嬉しく思っている。今回の調達で、より多くのユーザを獲得することはもちろん、韓国全土の埋もれたグルメを発掘できるような、改善されたコンテンツやサービスの開発に注力する予定だ。今後は、個人向けにカスタマイズされたグルメ情報を提供するだけでなく、自分と自分の友人が共に好む店を推薦できるようなサービスへ拡張していく。

MangoPlate は2014年、韓国中小企業庁 の「韓国グローバル市場型創業R&D事業(TIPS)」 の創業チームに選ばれ、SparkLabs と Softbank Ventures Korea から資金を調達している

【原文】

【via BeSuccess】 @beSUCCESSdotcom

韓国のグルメ・レコメンデーション・サービス「MangoPlate」が、Softbank Venturesから資金調達

SHARE:

韓国のグルメ・レコメンデーション・サービス「MangoPlate(망고플레이트)」は今日(原文掲載日:10月23日)、シリーズAラウンドで Softbank Ventures Korea から資金調達したと発表した。Google Play のダウンロードページには、次のように説明がある。 MangoPlate は韓国でベストなレストランが見つけられる、頼りになるアプリだ。英語と韓国語で利用でき、韓…

韓国のグルメ・レコメンデーション・サービス「MangoPlate(망고플레이트)」は今日(原文掲載日:10月23日)、シリーズAラウンドで Softbank Ventures Korea から資金調達したと発表した。Google Play のダウンロードページには、次のように説明がある。

MangoPlate は韓国でベストなレストランが見つけられる、頼りになるアプリだ。英語と韓国語で利用でき、韓国のベストなレストランのみならず、頼りになる人々と結びつけることで、どこで食事すればよいかという毎日の問題を解決する。

Softbank Ventures Korea のエグゼクティブ・ディレクター Ryan Lee 氏は、次のようにコメントしている。

アメリカに住んでいたときは、Yelp や食べログを使っていた。これらは、集合知の技術を使ったサービスだ。レストランを選ぶ上で、この種の情報は大変役に立つ。しかし、韓国ではこの種類のサービスは無かった。MangoPlate は、韓国の飲食業界を理解し、より進んだ技術を取り入れることで、この問題を解決してきた。

韓国では、飲食業は大きな産業であり、国内や海外の美食家に提供されているサービスは多い。Woowa Brothers(編注:LINE との提携により、東京・渋谷圏にも進出予定) の「配達の民族(배달의민족)」や「ヨギヨ(요기요)」(それぞれ関連記事にリンク)は、毎月50万ドルに上るという飲食店チェーン上位の広告費を獲得する争いに凌ぎを削っている。トレンディとされるカンナム地域では、FoodFly が多数のバイクを擁してハイエンドのメニューを届けている。Ynot-Takeout は、ソウルで外国料理好きにサービスを提供している。多くのプロブロガー達が、Naver 上のページをレストランレビューで埋め尽くしている。

しかし、この市場にはまだ多くの問題があり、MangoPlate はその一つを解決する方法を解決した。

韓国最大のサーチエンジン Naver で探せば入手できるレストランのおすすめ情報は多く見つかるが、見つかった情報の信頼性には大きな疑問が残る。レストランのパワーブロガー達が、しばしば店の商売を左右するレビューを好意的に書くのと引き換えに、レストランからお金を取るケースがあることは、よく知られている。

さらには、ブログはインターネット上に散在しており、レストランを選ぶ上で重要な情報を拾い集めるのは骨の折れる仕事だ。MangoPlate はレビューのプロセスを単純化する技術を採用し、レコメンデーションを信頼できるものに、検索がしやすいものにすることを実現した。ユーザ行動、味、ソーシャルネットワークなどからビッグデータを収集する、パワフルな〝レコメンデーション・アルゴリズム〟を開発したのだ。

このアルゴリズムはさらに、ユーザが同じような味の嗜好を持つ他のユーザとつながれるようにする。相手がたとえ友人ではなかったとしてもだ。そうすることで、味と好みの認証されたプロフィールが確立されていく。MangoPlate のチームと投資家は、同社がユーザを急速に拡大できると確信している。

MangoPlate の CEO であるキム・デウン(김대웅)氏は、次のようにコメントしている。

今回の投資を受けて、より多くのユーザを獲得できるよう、マーケティング展開をしていきたい。フィードバックに基づいて、サービスを改善し、韓国で可能な限りベストなレコメンデーション・サービスにしていく。今のところ、韓国にこの分野の市場リーダーはいない。我々がそのポジションを取りに行きたい。

MangoPlate に関する主要な事実:

  • Naver は かつて韓国のレストラン・レコメンデーションs・サービス Wingspoon(윙스푼)を開発したが、ユーザが伸び悩んだためクローズした。
  • MangoPlate は広告投稿を受け入れないことを公言しており、レコメンデーションの正確さを維持している。
  • MangoPlate にとって最大の競合になり得る Yelp は、韓国には進出していない。Foursquare は韓国人がよく使うアプリだが、今一つ離陸を見ていない。
  • 共同創業者のリュ・ホソク(류호석)氏は、カカオでの安定した仕事を捨てて、MangoPlate で新しいサービスを作ることにした。
  • MangoPlate は、韓国のインキュベータ SparkLabs 出身で、2013年夏のアクセラレータ・プログラムから輩出された。

【原文】

【via BeSuccess】 @beSUCCESSdotcom