BRIDGE

タグ Minecraft

Minecraft(マインクラフト)が教育コンテンツを無償化、国際宇宙ステーション探索など6月末まで

SHARE:

  新型コロナウイルスの蔓延により、世界の人々は自宅待機を余儀なくされている。これにより、複数のプラットフォームでゲーム利用が大幅に増加している。あのSonyでさえ、より重要なデータを保全するため帯域幅を節約し、ネットワークを抑圧することに前向きなほどだ。しかし、人々がゲームに費やす時間を増やしたからといって、子供たちが学習機会を失うわけではない。Microsoftは、人気のレンガ積みゲ…

 

minecraft-library
Microsoftは子供たちの自宅学習をサポートする
Image Credit: Microsoft

新型コロナウイルスの蔓延により、世界の人々は自宅待機を余儀なくされている。これにより、複数のプラットフォームでゲーム利用が大幅に増加している。あのSonyでさえ、より重要なデータを保全するため帯域幅を節約し、ネットワークを抑圧することに前向きなほどだ。しかし、人々がゲームに費やす時間を増やしたからといって、子供たちが学習機会を失うわけではない。Microsoftは、人気のレンガ積みゲーム「Minecraft(マインクラフト)」の無料教育コンテンツを提供することで、子供たちの学習の促進をサポートしようと計画している。

Minecraftマーケットプレイスを開くと、新しい教育カテゴリをすぐに見つけることができる。このセクションには、Microsoftが元々Minecraftの中で提供していた教育エディションと呼ばれるレッスンも含まれている。このレッスンでは、国際宇宙ステーションや人間の目の内部などを探索することができ、教育セクションの教材全てが6月30日まで無料で利用可能となっている。

Xboxの代表フィル・スペンサー氏はブログ記事の中で、「新型コロナウイルスによる学校閉鎖の影響で、何億人もの子供たちが自宅待機を余儀なくされているため、より多くの子供たちがオンライン上で友達と時間を共にし、デジタル上の世界を探索し、遊びや学習を行っている」と今の状況を説明する。その上で同氏は、「家族は子供たちのリモート学習を支援し、かつ娯楽の時間とのバランスを取ろうとしています。 そのため本日、Minecraftマーケットプレイスに新しい教育カテゴリを追加し、親とプレイヤーである子供達が無料でダウンロードできる教育コンテンツの提供を発表しました」と今回の施策の主旨を伝えていた。

教育者たちは何年もの間、Minecraft を使って子供たちに楽しい学習を提供してきた。2013年以降、Minecraftのコーディングキャンプが複数回に渡って開催されている。そして開発元のMojang社はMinecraftにコンセプトを取り入れ、2016年には「Education Edition」がリリースされたのだ。同バージョンは、黒板のようなツールが存在する点や、親が簡単に操作できる点が特徴となっている。

MinecraftはXbox Game Passのコンテンツとして提供されているが、コンソールとPCでは20ドル、モバイルデバイスでは6ドルで購入できる。

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

----------[AD]----------

Minecraftを活用して人工知能研究を推進するMicrosoftの新プラットフォーム「Project AIX」

SHARE:

Microsoftが、Minecraftを利用して人工知能(AI)開発を促進する新プラットフォームについて、ひっそりと発表した(編集部注:原文掲載3月14日)。 プロジェクトのリーダーはKatja Hofmann氏。ケンブリッジに拠点を置くMicrosoftイギリス研究所のMachine Learning and Perception Groupに所属する研究者だ。このProject AIXは、M…

Above: Fernando Diaz, Akshay Krishnamurthy and Alekh Agarwal are using AIX for AI research. Image Credit: Scott Eklund/Red Box Pictures
上: Fernando Diaz氏、 Akshay Krishnamurthy氏、Alekh Agarwal氏は人工知能研究にAIXを活用している。
Image Credit: Scott Eklund/Red Box Pictures

Microsoftが、Minecraftを利用して人工知能(AI)開発を促進する新プラットフォームについて、ひっそりと発表した(編集部注:原文掲載3月14日)。

プロジェクトのリーダーはKatja Hofmann氏。ケンブリッジに拠点を置くMicrosoftイギリス研究所のMachine Learning and Perception Groupに所属する研究者だ。このProject AIXは、Minecraftを使ったテストを行う機会をコンピュータ科学者らに提供し、AI研究の発展に寄与しようというものだ。

例えば、ニューヨークにいる大勢のMicrosoft研究者らが、Minecraftのキャラクターにプログラムされなくても山を登れるよう教え込むためにAIXを利用している。学習プロセスはトライ&エラーを伴い、実際に人間が何か新しいことを学習する際に利用すると考えられるツールやリソースがキャラクターに与えられる。

Above: David Bignell, Tim Hutton, Katja Hofmann, and Matthew Johnson are working on the AIX project (2016 TechFest at Microsoft, March 8, 2016) Image Credit: by Scott Eklund/Red Box Pictures
上: AIXプロジェクトに取り組むDavid Bignell氏、Tim Hutton氏、Katja Hofmann氏、Matthew Johnson氏(2016 TechFest at Microsoft, March 8, 2016)
Image Credit: by Scott Eklund/Red Box Pictures

Minecraftを制作したことで最もよく知られているスウェーデンのゲーム開発企業Mojangは、2014年に25億米ドルでMicrosoftに買収された。以来、Microsoftはこのゲームを多種多様な興味深い方向へ売り込んでいる。Code.orgとのパートナーシップもその一つで、これはMinecraftのバーチャルワールドを利用して子どもたちにコードを教える手助けをすることが目的だ。またこの1月には、MinecraftEduの買収に続き、Microsoftは学校向けMinecraftの新バージョンについて発表した

AIに関する最先端の研究にゲームを利用すること自体は新しいことではないが、Hofmann氏はMinecraftをこの目的には理想的なゲームだと考えている。ゲームが提供する機会に多様性があるためだ。「Minecraftは非常にオープンな世界を持っており、この種の研究に最適なプラットフォームです」と同氏。「サバイバルモードでも、友達との『建築バトル』でも良いですし、競争しても良い。私たち自身のゲームが実現できるのです。これはAIにとって非常にエキサイティングなことです。現在の能力以上の幅を持つゲームを作ることができるのですから。」

ゲームはAIの研究手法として優れているだけではなく、その賢明さを証明するためにも利用できる。ちょうど先週、GoogleのAIプログラムであるAlphaGoが囲碁で人間を打ち負かし、マシンラーニングとAIにとって画期的な勝利だと称えられた。

AIXは現在、Microsoft社内で利用されており、また大学関係者などの小規模なグループにも公開されている。そして今夏、このプラットフォームはオープンソースライセンスで公開され、誰もが利用できるようになる予定だ。オープンソースでということは、Microsoftは、AIXをより良くするためのコードを提供してくれる何百、何千という研究者を得るということになる。

Project AIXの詳細については次の記事を参照してほしい:Using Minecraft to build more intelligent technology

----------[AD]----------

Minecraftのアプリが3000万ダウンロードを突破

SHARE:

Minecraft: Pocket Edition hits 30 million downloads | GamesBeat | Games | by Dale North 「Minecraft」が世界で3000万ダウンロードを突破しました。「Minecraft」はドットテイストの3Dブロックを用いて、自由に探索や採掘を行い、思い通りに世界を組み上げることが出来るというサンドボックス型のものづく…

Some rights reserved Tim Pierce
Some rights reserved Tim Pierce

<ピックアップ>Minecraft: Pocket Edition hits 30 million downloads | GamesBeat | Games | by Dale North

「Minecraft」が世界で3000万ダウンロードを突破しました。「Minecraft」はドットテイストの3Dブロックを用いて、自由に探索や採掘を行い、思い通りに世界を組み上げることが出来るというサンドボックス型のものづくりゲーム。

世界でパッケージ版は世界で5000万個以上売れている人気ゲームがアプリ化したとあって、話題となっていましたがこちらも順調に数字を伸ばしているようです。驚きなのはこのゲームが有料で提供されているという点。iOS、Android、Windows Phone、Amazon Kindle Fireで販売されていますが、どこも7ドルで販売されています。

無料でダウンロード数を伸ばすのではなく、有料のゲームでこれだけダウンロード数を伸ばしているというのは驚きです。



via VentureBeat

----------[AD]----------