BRIDGE

タグ nomadnewsbase

Cerevoが経営体制を一新、新たな資金調達も計画中か

SHARE:

コンシューマー向けの国内家電ベンチャーCerevoが経営体制を一新、近く新たな資金調達を準備中だということが関係者への取材で判明した。 具体的には、Cerevoの株式を保有していたインスパイア・テクノロジー・イノベーションファンド投資事業有限責任組合、ネオステラ1号投資事業有限責任組合、VOYAGE VENTURES、イノーヴァ1号投資事業有限責任組合の持ち分を、nomad代表取締役の小笠原治氏が…

cerevo_logo

コンシューマー向けの国内家電ベンチャーCerevoが経営体制を一新、近く新たな資金調達を準備中だということが関係者への取材で判明した。

具体的には、Cerevoの株式を保有していたインスパイア・テクノロジー・イノベーションファンド投資事業有限責任組合、ネオステラ1号投資事業有限責任組合、VOYAGE VENTURES、イノーヴァ1号投資事業有限責任組合の持ち分を、nomad代表取締役の小笠原治氏が個人で引き受ける。割合の詳細は不明。(13時追記:公式アナウンスには株式を小笠原氏に譲渡した対象に「一部個人」も含まれていると書かれていた)

Cerevoはこの経営体制の変更を実施すると共に小笠原氏を新たな取締役として迎える予定で、さらに小笠原氏が新設を予定しているハードウェア向け(特にIoTをテーマとするネット接続ハード系)ファンドからの大型資金調達も進めているということだった。

譲渡は既に完了しているということで、Cerevoも5月22日付けのブログで経営陣の変更について正式にアナウンスをしている。

経営体制変更の実施に伴い同社では開発など40名体制に引き上げ、世界的な「Cerevoブランド」の強化および国内のIoT系スタートアップのインキュベーションも手がけるという情報もある。

小笠原氏はさくらインターネットの共同創業を経て、モバイルコンテンツ開発やWifiアクセスポイント提供などの事業を手がけてきた人物。個人投資家としていくつかのスタートアップにも支援を実施している。

2011年からはシェアスペースやスタートアップの支援事業のnomadで代表取締役を務めており、2013年にはものづくり投資プログラム「ABBALab」を法人化するなど、Internet of Things(IoT)関連への動きを強化していた。

本件について小笠原氏本人に聞いたところ、株式買取の金額は非公開としつつ、既存株主にとって「問題のない」金額だと答えてくれている。なお、インスパイア社については株式の一部を残していることも合わせて教えてくれた。

IMGP8069
※以前、本誌ではおふたりに対談企画で登場してもらっている。左:nomad代表取締役の小笠原治氏、右:Cerevo代表取締役の岩佐琢磨氏

<関連記事> 【ネット時代のものづくり対談】クラウドファンディングでハードウェアをつくる方法ーーABBALab小笠原氏×Cerevo岩佐氏

Cerevoの創業は2007年4月。これまでに2008年1月にはインスプラウト代表取締役の三根 一仁氏や現メルカリ代表取締役の山田進太郎氏らがシード段階で支援をしており、その後、2009年1月に1億2000万円、2011年2月には2億5000万円の第三者割当増資を実施していた。

本件については、今日から札幌で開催されるInfinity Venture Summitの会場で小笠原氏およびCerevo代表取締役の岩佐琢磨氏にインタビューすることになっているので、引き続き詳細をお伝えしたいと思う。

※情報開示:THE BRIDGEでは現在、DMM社に協力してDMM.makeへの記事提供をしています。その際において、小笠原治氏が代表を務めるnomad社と業務委託契約の関係にありますのでその件を開示させて頂きます。

----------[AD]----------

【TokyoMeetup2012】セッション3 – 個人やスタートアップにとって大切な場の活かし方

SHARE:

七夕、7月7日に開催されたミートアップイベント最後のセッションでは、「場の活かし方」をテーマにトークが行われた。 スタートアップにとって、仲間を見つけ、また情報を交換するために人が集まる「場」の存在は大きな意味を持つ。スタートアップの人々はこの場と、どのように関わっていけばよいのか。このセッションではコワーキングなどの新しい場所作りを手がける面々にお集まり頂き、単なる場所に留まらない「場」の活用方…

七夕、7月7日に開催されたミートアップイベント最後のセッションでは、「場の活かし方」をテーマにトークが行われた。

スタートアップにとって、仲間を見つけ、また情報を交換するために人が集まる「場」の存在は大きな意味を持つ。スタートアップの人々はこの場と、どのように関わっていけばよいのか。このセッションではコワーキングなどの新しい場所作りを手がける面々にお集まり頂き、単なる場所に留まらない「場」の活用方法について話を伺った。

登壇していただいたのは、魅力的な場を運営しているゲストの方々。「awabar」及び「NOMAD NEW’S BASE」オーナー、小笠原 治氏。シェアードワークプレイス「co-ba」を運営する株式会社ツクルバCEOの村上 浩輝氏。CoWorkingスタイルのカフェとシェアオフィス「GuildCafe Costa」を運営するCostaLink株式会社CEOの青木 亮介氏の3名。モデレーターはStartupDatingの江口がつとめた。

「場」ではどんなことが起きているのか

どの場所もWeb関連の職業の人が多いそうだが、Costaには、デザイナー、エンジニアなど、多様なスキルを持った人が出入りしている。中には営業が得意だが、自分では制作はできない、という人もおり、そうした人が外からとってきた仕事を、Costa内で回すといったことも起きている。こうしたプロジェクトベースで仕事が回ることも珍しいことではないそうだ。

co-baでは月一で会員の交流イベントを開催するなど、メンバー同士の交流の機会を設けており、そこで意気投合したデザイナーとエンジニアの間で「Cinematch」というサービスも生まれている。ただそこの場を利用しているだけでは、積極的なコミュニケーションが行われるわけではなく、ある程度イベントなど交流の機会を設けることを意識しているという。

人と時間を共有することでわかること

コワーキングスペースに行くと、すぐにつながりや何か新しいことが生まれるという都市伝説のようなものが言われているが、その場所に行けば勝手に何かが手に入るわけではないと、運営側のゲストの方々は語った。村上氏は以下のようにco-ba内での人間関係について語ってくれた。

普段、co-ba内で行われているコミュニケーションは、隣にたまたま座った人と軽く挨拶を交わす程度です。私たちはこれを高校生時代の同級生のような感覚のように捉えています。高校の同級生で、たまたま席が隣になった人と一生の親友になったりしますよね。

co-ba内でのたまたまの出会いから、段々とその人の人柄を知りながら仕事へとつながっていく。仕事ではないつながりから、人間関係を構築していって、自分と相性の良い人と一緒に仕事をするというのもいいのではないでしょうか。

目の前にいる人がどういう人であるかを知るには時間がかかる。一回や二回あっただけではわからないことが数多くある。その人のことを知っていくためには、セッティングされすぎた場ではなく、日常に近い自然な場が必要であると小笠原氏は語った。

「場」をセッティングしすぎてしまうと、ただ声をかけられるのを待つだけの人がでてきてしまったり、コミュニケーションをとらなくてはいけない、といった圧力のようなものを感じてしまう人も出てきてしまいます。それは自然なコミュニケーションではないと思います。もっと日常の中で会話を行い、その人のことを知る。そうすることで、仕事をしたい相手なのか、そうでないのかが自然にわかっていくと思います。

どのように「場」に関わればいいのか

スタートアップの人々にとって必要なのは、一緒にサービスを作ってくれる仲間と、サービスに対してフィードバックをくれて、宣伝してくれるエバンジェリストのような人たちだ。そうした人たちに出会うにはどうすればよいのだろうか。小笠原氏はこのようなアドバイスをくれた。

何か新しいことを始めるときには、周囲の人と小さなコミュニケーションをとることが大事です。自分がやっていることをその人に伝え、しゃべって伝えることで自分が考えていることが明確になっていきます。イベントでのピッチなど、大きなコミュニケーションもいいですが、それよりも身近な人とのコミュニケーションを大切にしてほしいですね。

自分にとっての普通が、誰かにとっては普通のことではない、そう村上氏は語る。co-baから生まれたWebサービス、Coffee Meetingは、会社員として企業につとめていたco-baメンバーの人が他のメンバーにヒアリングを繰り返した結果生まれたもの。これも小さなコミュニケーションを重ねたから可能になったことだろう。

自分が魅力的に思う場に足を運び、そこにいる人たちと小さなコミュニケーションをとってみる。そうすることが、将来のパートナーや自分のサービスの未来のエバンジェリストと出会うことにつながるかもしれない。

以上が、StartupDatingとPUXが7月7日(土)に共催した七夕ミートアップイベント「Tokyo Meetup 2012」におけるセッションの一部だ。このイベントの詳細はこちらで報告していくのでチェックしてほしい。

----------[AD]----------

Startup Dating サロンはGW中も開催します。5月2日のテーマは「インタビューの受け方」について

SHARE:

25日の Startup Dating サロンには多くの方にお越しいただきました。みなさま、ありがとうございました。 さて、ただいま世間はゴールデンウィーク。しかし、Startup Dating サロンはゴールデンウィーク中も休まず開催します。 今回、ゲストの登場はお休み。明日はStartup Dating のメンバーによる「インタビューの受け方」をテーマにしたトークなどを行う予定です。 サービス…

25日の Startup Dating サロンには多くの方にお越しいただきました。みなさま、ありがとうございました。

さて、ただいま世間はゴールデンウィーク。しかし、Startup Dating サロンはゴールデンウィーク中も休まず開催します。

今回、ゲストの登場はお休み。明日はStartup Dating のメンバーによる「インタビューの受け方」をテーマにしたトークなどを行う予定です。

サービスはつくったけれど、取材を受けるときどうしたらいいのかわからない、なんて方は明日の夜19時に西麻布のNOMAD NEW’S BASEまで足をお運びください。

StartupDatingサロンイベント概要

主催:スタートアップデイティング

協力:NOMAD NEW’S BASE

日時:毎週水曜日19時〜22時開催(告知はfacebookのグループでおこないます)

参加費:1,000円(2ドリンク、軽食付き) ※追加でドリンク飲む場合はキャッシュオン

参加方法:facebookのグループで「行く!」とコメントしてください

ピッチ方法:当日スタートアップデイティングのメンバーに「ピッチしたい」とお伝えください。適宜仕切ると思います。

----------[AD]----------

西麻布NOMAD NEW’S BASEで毎週水曜日、自由に集まるイベント「サロン」を再開します

SHARE:

2012年から新メンバーも新たに加わり、いろいろやることも発表したのでそろそろ実行に移すことにいたします。まず、最初の企画はサロンの再開。昨年6月頃、豚組の中村仁さんにお声掛け頂いて赤坂の泡組を使い、気軽に集まれる場所を作ろうと始まった企画です。 本当は毎週開催する予定でしたが、全くもってリソースのことを考えず始めてしまった結果、たった二回(一回だったっけ?)で終わってしまった悲しい過去を持ってい…

2012年から新メンバー新た加わり、いろいろやることも発表したのでそろそろ実行に移すことにいたします。まず、最初の企画はサロンの再開。昨年6月頃、豚組の中村仁さんにお声掛け頂いて赤坂の泡組を使い、気軽に集まれる場所を作ろうと始まった企画です。

本当は毎週開催する予定でしたが、全くもってリソースのことを考えず始めてしまった結果、たった二回(一回だったっけ?)で終わってしまった悲しい過去を持っています。

今回はそのようなことのないよう、NOMAD NEW’S BASEのご協力を得てイベントを開催いたします。毎週水曜日、19時から22時までの間、西麻布NOMAD NEW’S BASEの三階にて実施。1,000円で軽食と2ドリンク、さらにNOMAD NEW’S BASEのドロップイン利用券(通常価格1,000円)を配布するというプレゼント付きです。

私たちはというと、スタートアップデイティングのメンバーの誰か、恐らく私ですが、こちらで取材対象を探すことにいたします。恐らく前回の経験では10人ほどの人たちが集まって飲んだり話したりしてるので、その人たちを前にサービスのピッチ練習とかもかまいません。女性が著しく少ないことが予想されますので、お越しいただけますとモテモテ間違いな(ry

参加をご希望される方はこちらのfacebookグループで毎週告知を出しますので、コメント欄にいくよと一言もらえれば結構です。※おおよその人数に合わせて軽食の用意をさせて頂きますのでコメントされた場合は来てくださいね!

なお、前回同様「名刺交換しない」ルールは続行です。

では2012年一つ目のイベント企画でみなさんとお会いできるの楽しみにしております!

StartupDatingサロンイベント概要

主催:スタートアップデイティング

協力:NOMAD NEW’S BASE

日時:毎週水曜日19時〜22時開催(告知はfacebookのグループでおこないます)

参加費:1,000円(2ドリンク、軽食付き) ※追加でドリンク飲む場合はキャッシュオン

参加方法:facebookのグループで「行く!」とコメントしてください

ピッチ方法:当日スタートアップデイティングのメンバーに「ピッチしたい」とお伝えください。適宜仕切ると思います。

----------[AD]----------