THE BRIDGE

タグ OTA

Amazon vs Alibaba、Amazon Payを利用した一手をインドにて開始ーーAmazonがOTA領域参入でインド国内フライトが予約可能に

SHARE:

ピックアップ:Amazon Confirms Flight-Booking Launch as Part of a Superapp Strategy  ニュースサマリー:アマゾンはインドにおいてOTA(Online Travel Agency)領域に参入することを18日、発表した。既に同国においては、アマゾンのサイトまたは同社アプリを通して国内フライト予約が可能となっている 決済自体は同社のペイ…

india graffiti street art
Photo by Vikas Sawant on Pexels.com

ピックアップAmazon Confirms Flight-Booking Launch as Part of a Superapp Strategy 

ニュースサマリー:アマゾンはインドにおいてOTA(Online Travel Agency)領域に参入することを18日、発表した。既に同国においては、アマゾンのサイトまたは同社アプリを通して国内フライト予約が可能となっている

Capture.JPG

決済自体は同社のペイメントシステムである「Amazon Pay」が利用される。OTA領域参入にあたり同社は、インドのスタートアップ「Cleartrip (クリアトリップ)」とパートナーシップを結ぶとしている。インドにおいてAmazon Payは、あらゆるインフラ機能(水道代等)や携帯代などを支払えることで知られている。

話題のポイント:トラベルスタートアップの話題を扱うSkiftでも指摘されてましたが、アマゾンはECサイトであると同時に、あらゆる「モノ」の検索サイト(つまりGoogle)と見ることもできます。

Capture.JPG

こちらはインド版Amazonにおいて「Fight Tickets」と検索した画面です。上部の方に、まるでGoogleの広告のようにAmazonから航空券を予約することが出来る内容の説明が出てきています。アマゾンが単なるECサイト、という概念からメタサーチのプラットフォームへと変わりゆく可能性を示唆しています。

さて、インドは現在、モバイルペイメントの競争が激しいことでも有名です。

Business Insiderが公開している世界銀行のデータによれば、インドにおけるモバイルペイメントの普及率は80%を越えているとしています。その反面、銀行口座はたったの53%。リアル店舗の口座開設よりもモバイルペイメントの方が3割も多いのです。

Image result for india mobile payment bank account
Credit: World Bank and Business Insider

インドには、日本のように「○○Pay」が多く乱立している時代は既に終焉を迎えています。同国において一般的なモバイルペイメント企業はAlibabaが支援する「Paytm」や「One97」、GMOやSequoiaが支援する「MobiKwik」等が台頭している状況です。(なお、国内で大きく展開しているPayPayはソフトバンクビジョンファンドの出資先でもあるPaytnがベースになっています

ではなぜ、アマゾンはAmazon Payを通したペイメントインフラへ参入するのか。CB Insightsが興味深い分析を出していました。

Image result for amazon pay india cbinsight alibaba
Credit: CB Insight

この図から分かるのは、Amazon vs Alibabaがインドにて勃発していて、あくまでペイメントはECという大きな枠組みの一つにすぎないことということです。今回、アマゾンがOTAに参入したのも同社ECの広がりを生かしAmazon Payをインド国内にて流通させるため。そんな副産物を狙った目的もあるのかもしれません。

 

----------[AD]----------

TripAdvisorが新機能「クルーズ」の検索に対応して狙う相乗効果とは

SHARE:

ピックアップ:TripAdvisor Launches Cruise Metasearch to Tap Into a New Revenue Stream ニュースサマリー:一度は誰もが利用したことがあるだろうTripAdvisor(トリップアドバイザー)に新機能が登場した。旅行系テックサイト「Skift」は10日、ホテルやレストラン、アクティビティーや飛行機に加えて「クルーズ」のメタサーチ対応…

woman standing on dock near ship holding luggage and carrying handbag
Photo by bruce mars on Pexels.com

ピックアップTripAdvisor Launches Cruise Metasearch to Tap Into a New Revenue Stream

ニュースサマリー:一度は誰もが利用したことがあるだろうTripAdvisor(トリップアドバイザー)に新機能が登場した。旅行系テックサイト「Skift」は10日、ホテルやレストラン、アクティビティーや飛行機に加えて「クルーズ」のメタサーチ対応を開始したことを伝えている。

Capture.PNG

今回の新機能により、同社プラットフォーム上で約7万を超えるクルーズ船の価格などの比較が可能となった。現在はアメリカ、イギリス発のクルーズ船のみに対応している。なお、同社の競合であるKayakは既にクルーズ船の検索に対応している。

話題のポイント:クルーズ船での旅といえば高額なイメージが強かったですが、近年では気軽に利用できるプランも増えてきているようです。

Capture.PNG

TripAdvisorのUIは非常にシンプルで、自分が尋ねたいエリアと時期を選択し、検索をかけると一覧が表示されます。試しにカリビアンを目指してみようと思います。

Capture.PNG

結果は最安値で1週間・7万円台から可能と思っていたよりも安い印象です。

一方で通常のTripAdvisorであれば、レストランやホテルを同プラットフォーム上で直接予約可能なのですが、クルーズ船の場合現時点では、パートナシップを結んでいるクルーズ船運営会社や代理店のページへ遷移する仕組みになっていました。

加えてクルーズ船の場合、搭乗前日のホテルや港までのフライトを取らなければならないケースがほとんどです。つまりクルーズ船予約に付随する”旅”の予約も同プラットフォーム内で完結させる考えも当然あると思いますが、まだそこまでの体験は提供できていないようです。

旅の選択肢、つまり訪れる場所や国、移動方法が増えていく中で、オンライントラベルエージェンシーの数も増加しています。それは同時に、使いにくくて存在意義のあまりないOTAはどんどん淘汰されていくことを意味します。

----------[AD]----------

インドネシアOTAの「Traveloka」、シンガポール政府系(GIC)から4億2000万ドル調達ーーEast Venturesなどが出資

SHARE:

ピックアップ:Traveloka bags $420m from Singapore’s GIC, others ニュースサマリー:インドネシアのジャカルタを拠点とする東南アジアのオンライントラベルエージェンシー(OTA)Traveloka は11日、GIC Private Limited(シンガポール政府投資公社)から4億2000万ドルの資金調達を完了した。Deal Street Asiaなどが…

traveloka_featuredimage.jpg

ピックアップTraveloka bags $420m from Singapore’s GIC, others

ニュースサマリー:インドネシアのジャカルタを拠点とする東南アジアのオンライントラベルエージェンシー(OTA)Traveloka は11日、GIC Private Limited(シンガポール政府投資公社)から4億2000万ドルの資金調達を完了した。Deal Street Asiaなどが報じている。

同社は2012年創業。2017年には世界的OTAのExpediaから3億5000万ドルの資金を調達している。既存投資家にはEast Vantures, Hillhouse Capital Group, JD.com, Sequoia Capitalなどが参加している。

トラベルスタートアップの情報を発信するSkiftによれば、Travelokaは今回調達した資金を用いてインドネシア国内をターゲットに、食事や美容、スパや映画などライフスタイルアクティビティー事業を新たに開始するとしている。

**Travelokaからアップデートあり次第、追記します**

----------[AD]----------