BRIDGE

タグ Traveloka

インドネシアのOTAユニコーンTraveloka、新型コロナに伴う旅費の返金総額が100億円超に

SHARE:

Tech in Asia では、有料購読サービスを提供。有料記事の閲読、全記事への回数無制限閲読、5万社を超える企業データベースへの無制限アクセス、カンファレンスへの限定割引などの特典があります。詳しくはこちらから。 インドネシアのオンライン旅行代理店(OTA)ユニコーン Traveloka は、新型コロナウイルス感染拡大の始まりから受け付けた約100万件のの航空券の払戻要求の90%に対応完了した…

Tech in Asia では、有料購読サービスを提供。有料記事の閲読、全記事への回数無制限閲読、5万社を超える企業データベースへの無制限アクセス、カンファレンスへの限定割引などの特典があります。詳しくはこちらから


インドネシアのオンライン旅行代理店(OTA)ユニコーン Traveloka は、新型コロナウイルス感染拡大の始まりから受け付けた約100万件のの航空券の払戻要求の90%に対応完了したことを明らかにした。

ジャカルタのスカルノ・ハッタ国際空港で国外へ向かう旅行者に対し、マスクを配布する Traveloka の従業員
Image credit: Traveloka

East Ventures の共同創業者 Willson Cuaca 氏によれば、返金総額は1.4兆ルピア(約101億円)に上るという。East Ventures は Traveloka の初期投資家である。

Cuaca 氏は、Traveloka のほとんどがプラットフォーム上の航空会社の処理フローに依存しており、これが払戻プロセスが複雑にしたと指摘した。また、Travelokaは、払戻の形態(トラベルバウチャーなど)や待機期間など、パートナーが定めたポリシーを遵守する必要があったと述べた。

Traveloka の交通マーケティング責任者 Andhini Putri 氏は、今年2月以降、払戻や予約変更のリクエストが10倍にも増加していると Tech in Asia に語った。これに対処するため、同社はバックエンドシステムを強化し、スタッフの半分以上をリクエスト対応に配置する必要があった。

この対応により、我々が受け取った90%以上の返金要求をクリアすることができた。我々のパートナーがさらに多くのリクエストを処理し、確認できるのを待っているところだ。

Traveloka は先月末、バランスシートを強化し、選択された優先分野の提供を目的に2億5,000万米ドルの資金調達を実施したことを明らかにした

この資金調達に際し、新型コロナウイルス感染拡大に伴う移動制限から、同社はビジネス活動の歴史的な落ち込みを目の当たりにした。しかしながら、Traveloka は国内や短距離旅行、アクティビティ予約で事態の回復が見られ始めた、とも語っていた。

<関連記事>

Putri 氏は、Traveoka がさらなる戦略的な決定を下すために、まだ状況を注意深く監視していると述べた。また、特に払戻やスケジュール変更のリクエストについては、システムやプロセスの改善を継続的に行っている。

これは、将来同様の状況が発生した場合に備えて、先手を打つための取り組みの一環だ。(Putri 氏)

オンライン旅行代理店は、旅行業界全体と同様、新型コロナウイルスの影響を受けている。東南アジアで幸運に恵まれなかったプレーヤーの1つは Airy である。同社は恒久的に業務のシャットダウンを余儀なくされた

中国の主要プレーヤーである Ctrip(携程)は、感染拡大と米中の緊張が高まる中、NASDAQ からの上場廃止を検討している。

MDI Ventures の投資担当ヴァイスプレジデント Aldi Hartanto  氏は以前、 Tech in Asia とのインタビューで、オンライン旅行代理店が危機を乗り切るためには、少なくとも18ヶ月間のランウェイ(資金枯渇までの猶予期間)を確保するか、緊急資金調達を行うか、あるいは大手と合併する必要があるだろうと語っていた。

【via Tech in Asia】 @Techinasia

【原文】

インドネシアのOTAユニコーンTraveloka、評価額を前回ラウンドから約17%下げ2億5,000万米ドルを調達——新型コロナ危機からの復活を誓う

SHARE:

インドネシアのトラベルテック大手 Traveloka は4月に多数の従業員を解雇していたが、その後、East Ventures など多数の投資家からの新たな資金調達ラウンドで2億5,000万米ドルを調達したことを確認した。 Bloomberg は3週間前、Siam Commercial Bank、FFD Group、GIC、East Ventures などと、以前より低いバリュエーションで2億5,…

Image credit: Trarveloka

インドネシアのトラベルテック大手 Traveloka は4月に多数の従業員を解雇していたが、その後、East Ventures など多数の投資家からの新たな資金調達ラウンドで2億5,000万米ドルを調達したことを確認した。

Bloomberg は3週間前、Siam Commercial Bank、FFD Group、GIC、East Ventures などと、以前より低いバリュエーションで2億5,000万米ドルを調達するための協議を進めていると報じていた。今回調達時のバリュエーションは27億5,000万米ドルで、直近の資金調達時よる約17%下げた形だ。

Traveloka は声明で、調達した資金を使って Traveloka はバランスシートを増強し、選択した優先分野の提供を深化させるに努力を後押しすることが期待されると明らかにした。計画には、主要市場でのより強固で統合された旅行&ライフスタイルのポートフォリオの構築や、エコシステムパートナーをよりサポートするための金融サービスソリューションの拡大などが含まれる。

Traveloka の共同創業者兼 CEO Ferry Unardi 氏は声明の中で次のように述べている。

ビジネス面では、当社の主要市場のすべてにおいて、心強い回復が見られていることを嬉しく思う。ベトナムの事業は、新型コロナ感染拡大以前の安定した水準に近づいており、タイの事業は以前の50%超にまで戻ってきつつある。

インドネシアとマレーシアはまだ初期段階にあるが、特に宿泊施設では短距離での滞在が顕著になっており、週単位で力強い改善が見られ、引き続き有望な勢いを示している。

我々は、この業界が新たな波に乗りながらも、さらなる激動を経験する可能性があることを認識しているが、この挑戦に挑み、良い方向に浮上する準備ができていると感じている。

同社によると、新型コロナ危機は旅行業界を前例のない厳しい状況に追い込んだ。感染拡大以来、世界中へのウイルスの拡散を抑制するための旅行や他の多くの活動の制限は、必然的に旅行需要に影響を与え業界を混乱に陥れた。Traveloka もまた、ビジネス活動の歴史的な落ち込みを目の当たりにし、それはかつてないレベルにまで落ち込んだ。交通機関、宿泊施設、アクティビティ、ダイニングなどのパートナー企業も、ビジネスに大きな混乱を経験した。

Traveloka は、新型コロナ感染拡大の影響を受けていることは間違いない。我々は創業以来、これまでで最も低いビジネスレートを経験した。しかし、我々は常に、戦略を迅速に調整し、業界やエコシステムのパートナーと協力し、ユーザのために革新を続けることで勝利すると信じていた。

報道によれば、Traveloka は資金を節約するために必要な事業の最適化を実施し、新常態の効果的な行動に備えるために努力を再集中させた。例えば、インドネシア、タイ、ベトナムでは人々が責任を持って新型コロナと共生しようとしたことで、Traveloka では国内旅行・短距離旅行・アクティビティ予約に復活が見られた。

Traveloka のトランスポート部門マーケティング責任者 Andhini Putri 氏は e27 とのインタビューで、新型コロナウイルスによる影響にもかかわらず、顧客のペインポイントを特定し、それを解決しようとすることが常に重要であると述べている。

インドネシアの国内旅行はすでに再開されており、Traveloka の目標は、政府が定めた旅行要件へのアクセスの容易さと利便性を提供することで、この機会をさらにつかむことだ。

需要の変化に対応するために開始されたいくつかの取り組みには、フライトと新型コロナウイルス感染検査のバンドル、ホテルに柔軟なオープン日付で宿泊できるバウチャー「Buy Now Stay Later」、Traveloka Clean キャンペーンなどがあり、ユーザが Traveloka 経由で予約する際により安心して利用できるようにしている。

【via e27】 @e27co

【原文】

 

インドネシアのOTAユニコーンTraveloka、5億米ドルの追加資金調達を計画か【WSJ報道】

SHARE:

インドネシアのトラベルテック分野でユニコーン企業となっている Traveloka は、新たな投資ラウンドを開始すべく交渉を進めているようだ。同社は最大で5億米ドル(約7兆インドネシアルピア)を調達し、企業評価額を45億米ドルに押し上げることを目標としている。 WSJ が伝えたところによると、Traveloka はサービス提供地域の拡大も行っていく計画があるという。どのような投資家が参加するかは現時…

Image credit: Traveloka

インドネシアのトラベルテック分野でユニコーン企業となっている Traveloka は、新たな投資ラウンドを開始すべく交渉を進めているようだ。同社は最大で5億米ドル(約7兆インドネシアルピア)を調達し、企業評価額を45億米ドルに押し上げることを目標としている。

WSJ が伝えたところによると、Traveloka はサービス提供地域の拡大も行っていく計画があるという。どのような投資家が参加するかは現時点では不明だが、今回の投資ラウンドは今後数か月で完了する見込みだ。

Traveloka が新たな投資ラウンドを開始するという噂が流れたのは4月のことである。GIC がリードしたプライベートエクイティラウンドも行われ、このときの獲得金額は4億5,000万米ドルと見られている。5億米ドルという金額はこの投資ラウンドの数字に起因している可能性もある。

Traveloka の資金調達に向けた動きは昨年から広く知られており、その際の目標金額は4億米ドルと言われていた。

Ferry Unardy 氏、Derianto Kusuma 氏、Albert Zhang 氏が設立した Traveloka は様々な国でサービスを提供している。最近ではインドネシア以外にも、タイ、ベトナム、マレーシア、シンガポール、フィリピン、オーストラリアでサービスを展開している。

また、「Xperience」という新たなサービスにも力を注いでいる。さらに、交通手段関連サービスの推進だけでなく、旅行の出発から到着までサポートできるような体制を整えたいと考えている。6月には PouchNATION のシリーズBラウンドをリードした。この動きは、Traveloka と PouchNATION 両社のプラットフォームを統合してエンターテインメント業界にディスラプションを起こすための戦略だと見られている。

【via DailySocial】 @DailySocial

【原文】

インドネシアOTAの「Traveloka」、シンガポール政府系(GIC)から4億2000万ドル調達ーーEast Venturesなどが出資

SHARE:

ピックアップ:Traveloka bags $420m from Singapore’s GIC, others ニュースサマリー:インドネシアのジャカルタを拠点とする東南アジアのオンライントラベルエージェンシー(OTA)Traveloka は11日、GIC Private Limited(シンガポール政府投資公社)から4億2000万ドルの資金調達を完了した。Deal Street Asiaなどが…

traveloka_featuredimage.jpg

ピックアップTraveloka bags $420m from Singapore’s GIC, others

ニュースサマリー:インドネシアのジャカルタを拠点とする東南アジアのオンライントラベルエージェンシー(OTA)Traveloka は11日、GIC Private Limited(シンガポール政府投資公社)から4億2000万ドルの資金調達を完了した。Deal Street Asiaなどが報じている。

同社は2012年創業。2017年には世界的OTAのExpediaから3億5000万ドルの資金を調達している。既存投資家にはEast Vantures, Hillhouse Capital Group, JD.com, Sequoia Capitalなどが参加している。

トラベルスタートアップの情報を発信するSkiftによれば、Travelokaは今回調達した資金を用いてインドネシア国内をターゲットに、食事や美容、スパや映画などライフスタイルアクティビティー事業を新たに開始するとしている。

**Travelokaからアップデートあり次第、追記します**

インドネシアのトラベルテック大手Traveloka、レンタカーサービスをローンチ

SHARE:

インドネシアのトラベルテック(Travel Tech、旅行向けのテクノロジー活用サービス)スタートアップの Traveloka が、イドゥル・フィトリ(断食明け大祭)と学校の長期休暇の時期の需要を前に、いくつかの新しいサービスをローンチした。中でももっとも最近ローンチされたのが、レンタカーサービスだ。同サービスは、バスチケット予約サービス、Traveloka Eats、融資サービス PayLate…

traveloka_car_rental.000
Traveloka はレンタカー事業をローンチした.
Image Credit: Traveloka

インドネシアのトラベルテック(Travel Tech、旅行向けのテクノロジー活用サービス)スタートアップの Traveloka が、イドゥル・フィトリ(断食明け大祭)と学校の長期休暇の時期の需要を前に、いくつかの新しいサービスをローンチした。中でももっとも最近ローンチされたのが、レンタカーサービスだ。同サービスは、バスチケット予約サービス、Traveloka Eats、融資サービス PayLater に続いてローンチされたものである。

Traveloka で事業開発部門のシニアバイスプレジデントを務める Christian Suwarna 氏は、このレンタカーサービスは1つのアプリで旅行に必要な全てを総合的に提供しようという同社の取り組みを補完するものだと説明する。車のレンタルも、飛行機や電車の予約と同じくらい手軽に行えるようになるという。

Suwarna 氏は DailySocial が5月25日金曜日に入手した報道機関向け声明の中で次のように語っている。

Traveloka は、バスやマイクロバスのチケット予約サービスをローンチした後も、引き続き旅行関連の顧客ニーズをイノベーションとテクノロジーによって満たしていきたいと考えています。レンタカーサービスは、お客様に快適な旅行を提供するという弊社の方針の一環としてローンチされました。

同レンタカーサービスは100以上のレンタルサービスプロバイダーと提携し、標準的なレンタカーサービスのほか、ドライバー付きや12時間レンタルサービスといった料金設定も提供する。サービスはジャカルタ、デンパサール、メダン、ジョグジャカルタ、マカッサル、パレンバン、マラン、バリクパパン、スラバヤ、スマラン、バンドンなど、11都市ですでに展開されている。

また、ガソリン代や駐車料金、通行料、および都市をまたぐ場合のドライバーの食事や宿泊施設に対応する、全て込みのパッケージを購入するオプションもある。

Traveloka
Image Credit: Traveloka

車をレンタルする際、ピックアップ時間の12時間前までの予約が可能だ。ユーザは、利用都市、レンタル日程、レンタル期間、ピックアップ時間といった詳細情報を入力する。そして次に、車種と希望のサービスプロバイダーを選択する。

支払いが完了すると、Traveloka が予約を確認し、顧客にメールで予約バウチャーを送信する。

同サービスは現在ベータ版で提供されており、暫定的に Android デバイスでのみ利用が可能だ。サービスは段階的にローンチされるため、全ての顧客が利用できるわけではない。Traveloka より前に、Tiket.com もレンタカーサービスをローンチしている。

【via DailySocial】 @DailySocial

【原文】

インドネシアのオンライン旅行代理店Traveloka、Expediaから3.5億米ドルを調達

SHARE:

世界的なオンライン旅行代理店 Expedia と、ジャカルタを拠点とする東南アジアの旅行代理店である Traveloka の両社は、Expedia が Traveloka に3.5億ドルの主要かつ小規模の出資を行ったとの The Information の報道を認めた。 両社は、世界市場でのホテル供給において、より深い協力関係を目指す。 Expedia の CEO 兼社長の Data Khosro…

世界的なオンライン旅行代理店 Expedia と、ジャカルタを拠点とする東南アジアの旅行代理店である Traveloka の両社は、Expedia が Traveloka に3.5億ドルの主要かつ小規模の出資を行ったとの The Information の報道を認めた。

両社は、世界市場でのホテル供給において、より深い協力関係を目指す。

Expedia の CEO 兼社長の Data Khosrowshahi 氏は、報道発表声明で次のように述べている。

我々の提携関係は、両社の専門知識と地域に特化した知識から利益をもたらし、相互の成長を加速するだろう。我々はアジアでの存在感を拡大し続けていることを喜んでおり、また、経験豊かな Traveloka のチームから新しいことを学び、世界中にいる Traveloka や Expedia の旅行者に、より多岐にわたる旅の選択肢を提供できることを嬉しく思う。

Traveloka は、昨年中に2つの調達ラウンドで約5億米ドルを調達したとしている。これらのラウンドに参加したのは、East Ventures、Hillhouse Capital Group(高瓴資本)、JD(京東)、Sequoia Capital だ。

Traveloka は、インドネシア、タイ、ベトナム、マレーシア、シンガポール、フィリピンの顧客に40種類の決済手段を提供している。同社のモバイルアプリは、これまでに2,000万回以上ダウンロードされたとのことだ。

Traveloka の調達のニュースがもたらされる前、同社の競合にあたる Tiket.com は最近 e コマースプラットフォームの Blibli に買収された

Expedia は、Expedia.com、Hotels.com、Trivago、HomeAway、Hotwire、CheapTickets、Travelocity、Orbitz、Wotif Group、CarRentals.com などのブランドを有する。Expedia Affiliate Network などの B2B サービス、コンシェルジュサービスの Expedia Local Expert、クルーズ予約サービスの Expedia CruiseShipCenters、世界的な鉄道予約プラットフォームである SilverRail Technologies なども傘下に持つ。

GeekWire の報道によれば、Expedia はマレーイアの廉価航空会社である AirAsia に2011年に出資しており、2015年には株式保有比率を AirAsia 発行株式の4分の3にまで伸ばしたとされる。

【via e27】 @e27co

【原文】

インドネシアの旅行サイトBuruflyが戦略において重要視するポイントは「コンテンツとソーシャル」

SHARE:

【原文】 2012年4月に設立し、インドネシアを拠点とする旅行スタートアップBuruflyは、インドネシアの観光地を探せるサイトだ。ユーザはオンラインで手軽にホテルやフライトの予約をとることできる。このサイトはWego、TravelokaやFlocationsのような他サイトと似ている。設立者のPete Goldsworthy氏曰く、他社のサイトのようなメタ検索エンジンやアグリゲータといったもので…

【原文】

burufly

2012年4月に設立し、インドネシアを拠点とする旅行スタートアップBuruflyは、インドネシアの観光地を探せるサイトだ。ユーザはオンラインで手軽にホテルやフライトの予約をとることできる。このサイトはWegoTravelokaFlocationsのような他サイトと似ている。設立者のPete Goldsworthy氏曰く、他社のサイトのようなメタ検索エンジンやアグリゲータといったものではなく、Buruflyはコンテンツ第一主義の旅行サイトであることを誇っているという。

Burufly.comをチェックしてみると、ユーザにとって役立つコンテンツ(行きたいと思う場所への行き方や、どんなアクティビティがあるか、そしてお金がいくらかかるのか、など)が豊富にあるのが分かる。サイトのサイドバーではフライトやホテルの予約を直接することができる。

Buruflyには(すばらしい写真も含め)非常に多くのコンテンツが用意されており、どちらかというとPinterest風のオンライン旅行雑誌のようだ。インドネシア人のハーフであるGoldsworthy氏によれば、たいていの旅行専門メタ検索サイトはあまりにも価格にフォーカスしすぎており、旅行したいと思わせるには調査と発見が必要だという事実がないがしろにされているという。

彼は、良質な旅行関係のコンテンツがあればBuruflyの効率的なユーザ獲得につながると信じている。競合他社が巨額のオンライン広告予算を投じて訪問者を増やそうとする一方、Buruflyにはコンテンツを検索する人々からきた純粋なトラフィックがある。このサイトは究極にソーシャルでもあるのだ。旅行会社や旅行好きな人などのユーザは誰でも自分の観光地コレクションを作成することができる。ユーザは「行きたい」ボタンをクリックして旅程を保存したり、旅行の後に「完了」ボタンをクリックすればよい。昨年11月にローンチしたBuruflyには現在までに17万8000人の登録ユーザがおり、「行きたい」ボタンは80万回クリックされている。

Buruflyに掲載されている写真は、ユーザから、あるいは人気の地元旅行雑誌Majalah Tamasyaが提供する写真データベースからアップロードされている。サイト内の文書コンテンツは、編集チームや旅行好きのユーザによって作り出されている。

もちろん、オリジナルコンテンツの制作には費用がかかるが、長い目で見ればオンライン広告よりいっそう費用効果が高くなり得る。アーカイブは将来も役立つ情報として機能するからだ。現在、コンテンツの20%がユーザにより生成されたもので、その数字はまもなく増えるだろうと予想できる。こうして、Buruflyのコンテンツ制作費を全体的に引き下げているのだ。

BuruflyはArdent Capitalからの出資を受けており、さらにGoldsworthy氏は自ら資金を提供した。このスタートアップを手がける以前、同氏はインドネシアとマレーシアでAdmax Networkのマネージングディレクター、さらにiProperty Groupにおいてインドネシア担当マネージャーを務めた。将来、同氏はこの旅行サービスをタイとマレーシアへ拡大する予定だ。

【viaTech in Asia】 @TechinAsia