BRIDGE

タグ Prezi

Prezi新発表:教育を楽しく見せる「魔法」のハンドジェスチャー(1/2)

SHARE:

ハンドジェスチャー (前回からのつづき)ジェスチャーコントロールを備えたPreziのソフトウェアーー現在パイロットフェーズにあるーーは、ノートパソコンのカメラとコンピュータビジョンを活用し、プレゼンターの手の位置を認識する。そこにユーザーの選択したビジュアルを合成し、手の位置に従った任意の場所にビジュアルを表示する。 この機能を使えば、科学の教師が蚊に関する授業の中でちょっとした魔法を披露すること…

ハンドジェスチャー

(前回からのつづき)ジェスチャーコントロールを備えたPreziのソフトウェアーー現在パイロットフェーズにあるーーは、ノートパソコンのカメラとコンピュータビジョンを活用し、プレゼンターの手の位置を認識する。そこにユーザーの選択したビジュアルを合成し、手の位置に従った任意の場所にビジュアルを表示する。

ハンドジェスチャーコントロールを使用して講義を行なう教師

この機能を使えば、科学の教師が蚊に関する授業の中でちょっとした魔法を披露することもできる。

PreziVideoは授業を生き生きとさせる

オンライン授業はPreziVideoとハンドジェスチャーコントロールの最も分かりやすい使用例だが、ほかにも企業のトレーニングセッション、製品デモ、ウェビナーをはじめいずれのビジネス領域とも相性はよいだろう。

「クリエイティブなコミュニケーションツールを試験的に導入する教師は、将来のメインストリームへの新しい道であり、ビジネスへの波及効果が見られます。視覚情報が完全なコンテキストを提供したり話題に深みを与えるのに役立つユースケースとして、技術者およびビジネスの専門家が、会議、トレーニング、ウェビナー、製品デモなどといった場面で、ジェスチャーコントロールを使用することを期待しています」(PreziのCEO、Jim Szafranski氏)。

需要

Preziの最新の発表は、起業家や投資家がこの機会をうまく活用したいと考えている、デジタル教育ツールの需要が過去最高に達したタイミングで行われた。ちょうど今週パロアルトを拠点とするEngageliは、大学の教室環境を再現しようとするプラットフォームを介して大学のオンライン学習への移行を支援する著名な支援者と、非公開の出資元から1450万ドルの資金調達を実施した。

Zoomは最近、オンライン授業やイベントにも事業を拡大していることを明らかにした。Strigoは先月、ソフトウェア会社が顧客対応をリモートで行なうのを支援するプラットフォームのために800万ドルの資金調達を行った。

Preziが昨年11月にPrezi Videoをローンチした時には、ビデオコミュニケーションツールの需要が急増することは予測だにしなかったが、世界規模でのロックダウン期間中にリモート学習への急速な移行が進み、需要は一気に増加した。

「Preziは、175か国の教師と、米国の学区域の60%にある1万人以上の学校の教師が、コンテンツを通して一緒の空間にいるというメリットを享受しつつ、画面の向こう側とこちら側とのつながりを維持するため仮想プレゼンテーションを行なうのを目にした」と同社CEOのSzafranski氏は付け加えている。

ジェスチャーコントロール機能は現在、Preziの既存顧客の一部によってテストされており、日付は非公開だがフルローンチ前にフィードバック版の提供を行なう。 Prezi Videoは無料のベーシックプラン以外に、教育者向け月額50ドルのEdu Teamsなど、用途に合わせた様々な料金プランを通して利用できる。

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

Prezi新発表:Zoomでも使える、教育向けオンライン講義の新スタイルを提案(1/2)

SHARE:

Preziは動画コンテンツにハンドジェスチャーコントロールを導入することで、教師・生徒それぞれにとってより魅力的なオンライン講義を実現する取り組みを強化している。パンデミックによって世界中の何千もの学校や大学が、必ずしも魅力的とはいえない結果となったオンライン学習を強要された後、同社は今回の発表を実施した。 Preziは2008年にハンガリーで創業、約10年前にAccelが主導したシリーズBラウン…

Prezi Video は動画コンテンツ内でのハンドジェスチャーコントロールに対応

Preziは動画コンテンツにハンドジェスチャーコントロールを導入することで、教師・生徒それぞれにとってより魅力的なオンライン講義を実現する取り組みを強化している。パンデミックによって世界中の何千もの学校や大学が、必ずしも魅力的とはいえない結果となったオンライン学習を強要された後、同社は今回の発表を実施した。

Preziは2008年にハンガリーで創業、約10年前にAccelが主導したシリーズBラウンドの資金調達の後、VentureBeatでも取り上げた「『PowerPointによる死』からすべての人を救うことを約束する次世代プレゼンテーションプラットフォーム」として登場した。

既に1億人のユーザーを抱えるPreziは、プレゼンテーション用に用意された様々なビジュアルコンポーネントを画面内に配置して使用できる「ズーム可能なキャンバス」として最も有名だろう。同社は昨年Prezi Videoを発表。これはプレゼンターが、スライドなどのグラフィカルパーツ(グラフや写真など)を組み合わせた動画を、ニュースキャスターのようにLive配信したり、後から公開したりできるものだ。

Prezi Videoを使用すれば、教師でも誰でも動画とプレゼンテーションを一体化できる

デスクトップアプリもしくはGoogle Chromeの拡張機能として利用できるビデオクリエーターツールは、多くの人気ソーシャルコミュニケーションツールと互換性があるため、ユーザーは同ツールによる動画一体型のプレゼンテーションをZoom、Microsoft Teams、Webex、Google Meet、YouTube、Slack、Facebookなど利用できる。

Preziはほかにも最近発表された「ビデオインビデオ」機能を含むオプション機能をさらに追加した。「ビデオインビデオ」機能を使えば、プレゼンターが話している横に事前に録画したビデオを埋め込める。 例えば毛虫がどのように蝶に変わるかをビデオインビデオ機能を使って見せることは、生物教師のオンライン授業をより魅力的なものにする手助けとなる。(次につづく)

ビデオインビデオ機能のデモを行なうPrezi CEOのJim Szafranski

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

プレゼンツールのPrezi、総額5700万ドルの資金調達を実施。ユーザ数は5000万人へと急成長

SHARE:

プレゼンテーションツールを開発するPreziが、新たに総額5700万ドルの大型の資金調達をしたと、11月19日にヘルシンキで開催されたテックカンファレンス Slushで発表した。今回のラウンドには、前回のラウンドに参加したAccel Partnersに加えて、米国の投資会社であるSprectrum Equityが参加しているという。 Slushの会場にて、CEO兼Co-FounderのPeter …

slush_peter

プレゼンテーションツールを開発するPreziが、新たに総額5700万ドルの大型の資金調達をしたと、11月19日にヘルシンキで開催されたテックカンファレンス Slushで発表した。今回のラウンドには、前回のラウンドに参加したAccel Partnersに加えて、米国の投資会社であるSprectrum Equityが参加しているという。

Slushの会場にて、CEO兼Co-FounderのPeter Arvai氏に今回の調達を実現した背景について尋ねたところ、「ここ1年でユーザ数が2500万人から5000万人と倍増した」と教えてくれた。また、サイト上に公開されているプレゼンの数は、合計で1億6000万件に上るそうだ。

ユーザ数を過去1年で大きく成長させたにも関わらず、これまでのラウンドで調達した資金については、一切手をつけていないとArvai氏は言う。今回調達した資金は、人材採用などに使用する予定だという。今後事業の面でどのような一手を打つのか、引き続き要注目だ。

聴き手の心に残るプレゼンによって、人々の賢明な判断を促すこと

Preziは、既にプレゼンツールとして日本でも知名度が高いが、改めてそのサービスの概要について触れてみたい。Preziの主なユーザーはマーケティング、営業、コンサルティング関連の職種につく人たちだ。「聴き手を引き込むストーリーをつくる」というコンセプトの元、様々な情報を詰め込む従来の「つまらない」プレゼンテーションではなく、コンテキスト(背景のストーリー)が理解できる「聴き手の心に残る」プレゼンを作れるようにすることを、Preziは目指している。

とはいえ、「聴き手を引き込むストーリーをつくる」には何が必要なのだろうか? Arvai氏は「人間の脳がものごとを記憶するプロセスに沿って、プレゼンを作成できるようにすること」が鍵であるという。たとえば「あなたのキッチンにある電気製品はなんですか?」と聞かれたときに、多くの人は「炊飯器、トースター…」などさまざまな物を挙げることができるだろう。それは、そうした物のリストを暗記しているのではなく、頭の中で自宅のキッチンを思い浮かべているからだ。

このように、脳内でビジュアルのイメージを作り上げているからこそ、さまざまなものごとを記憶に結びつけることができるとArvai氏は言う。そうした「ビジュアルでものごとを記憶する」脳の性質を活かして、記憶に残るプレゼンを作成できるようにするのがPreziの強みなのだ。

最終的には、20億人のユーザがストーリーを「記憶に残る形で」に伝えられるようにすることが、Preziのゴールであるという。その理由を尋ねたところ、Arvai氏は次のように答えてくれた。

「私たちの目標は、多くの人々が賢明な判断をできるようにすることです。退屈なプレゼンの代わりに、聴き手を引き込むストーリーによって人々がものごとをしっかり記憶できるようになれば、そうした情報を元により賢い決断をすることが可能になるはずなのです」

2009年にハンガリーのブダペストで創業し、堅調にユーザ数を伸ばしてきたPrezi。Arvai氏は、ここ3年ほどは休暇をとる時間もないほどの忙しさだったということだが、Slushのあとはそのまま日本に行き、東京や京都などで1週間ほどバケーションを楽しむ予定だそうだ。

なお、日本市場に関して言えばPreziは日本に拠点を置いていない。しかし、日本語バージョンの提供や日系企業とのパートナーシップ、Preziの使用方法についての解説本などの影響によって、確実に日本でのユーザ数を伸ばしているようだ。また、Arvai氏は日本に1年強ほど滞在していたことがあり、日本語も流暢に話すことができる。

TEDスピーカーも使用する次世代プレゼンツールPreziのユーザー数が世界で2000万人を超え、新しく音声機能を追加

SHARE:

プレゼンテーションツールを提供するPreziは、ユーザ数が世界で2000万人を超えたことに加え、同社のサービスに新しく音声機能が追加されたことを、米国西海岸時間の3月12日に発表した。 Preziのユーザ数はこの10ヶ月で1000万人から2000万人へと倍増。1ヵ月に100万人以上の新規ユーザーを獲得し、毎秒1つ以上のprezi作品が制作されているという。Preziは、個人ユーザだけでなく、企業の…

prezi

プレゼンテーションツールを提供するPreziは、ユーザ数が世界で2000万人を超えたことに加え、同社のサービスに新しく音声機能が追加されたことを、米国西海岸時間の3月12日に発表した。

Preziのユーザ数はこの10ヶ月で1000万人から2000万人へと倍増。1ヵ月に100万人以上の新規ユーザーを獲得し、毎秒1つ以上のprezi作品が制作されているという。Preziは、個人ユーザだけでなく、企業のユーザにまで浸透している。米国のフォーチューン企業のうち80%がPreziを採用し、PreziのiPadアプリも、200万回以上ダウンロードされており、大きな広がりを見せている。

同社は今回のリリースに関してもプレゼンテーション資料を公開している。

その普及ぶりを示す例のひとつとして挙げられるのが、先日米国で開催された学術・エンターテイメント・デザインなど様々な分野の人物がプレゼンテーションを行うカンファレンス「TED2013」だ。同カンファレンスでも、少なくとも8人のプレゼンターがPreziを使ってプレゼンを行ったという。

また、今回追加されたサウンド機能では、Preziのプレゼンテーション全体のBGMとして音を入れることも、フレーム単位に音を入れることも可能となっている。サウンドが追加できることになり、プレゼンテーションを動画のようなインパクトで再生することが可能になった。同サービスのブログでは、新機能によってプレゼンの枠を越えて、電子絵本や音声付きのマニュアルなど幅広く実現できるとしている(ウェブサービスのチュートリアルなどにも使用できそうだ)。

同社のCEO、Peter Arvai氏は以下のように語っている。

「私たちは世界的なアイデア・エコノミーの時代に突入しています。ビジネスにイノベーションを起こし、社会を前進させるようなアイディアが重要視される今、Preziは、アイデアを魅力的かつ記憶に残るような手段で共有する方法を提供しています。新しいサウンド機能は、ストーリーを伝えることを強化する要素の一つで、内容を視覚的に追うだけでなく、プレゼンテーションを映画を見ているような体験にするものです。」

Preziの紹介映像はこちらから見ることができる。