THE BRIDGE

タグ sap

SAPが3500万ドルのファンドを設立、アーリーステージのスタートアップに出資

SHARE:

エンタープライズ向けソフトウェア大手のSAPが、SAP.iOファンドを設立したことを発表した。SAPのプラットフォーム、データ、APIを使用するプロダクトを開発するスタートアッップ向けに数千万ドルを出資することを目的にしたものだ。 まずは3500万ドルを、今後数年のうちに多数のスタートアップに出資する予定だ。また、サンフランシスコやベルリンなどのテック都市のスタートアップアクセラレータに出資する計…

上: SAPのビル・マクダーモットCEOがSAP.iOのサンフランシスコオフィスにて、スタートアップ、投資家向けにトーク
Image Credit: Khari Johnson

エンタープライズ向けソフトウェア大手のSAPが、SAP.iOファンドを設立したことを発表した。SAPのプラットフォーム、データ、APIを使用するプロダクトを開発するスタートアッップ向けに数千万ドルを出資することを目的にしたものだ。

まずは3500万ドルを、今後数年のうちに多数のスタートアップに出資する予定だ。また、サンフランシスコやベルリンなどのテック都市のスタートアップアクセラレータに出資する計画があることもSAPは明かしている。

こうした投資ファンド、アクセラレータプログラムは、機械学習、IoT、ビッグデータにフォーカスする予定であると、SAPの最高戦略責任者Deepak Krishnamurthy氏は述べている。

シードラウンドの出資額はおよそ25万ドルになり、その後シリーズAラウンドの投資も予定している。応募者は、SAPのシステムからAPIを活用することを求められる。SAPのビル・マクダーモットCEOは次のようにコメントしている。

「機械学習、人口知能、あらゆるもののインターネット、ブロックチェーンなど、こうした信じられないほどのマーケットの力と機会がまだ基幹システムを必要とするであろうという状況において、私たちは岐路に立たされています。買い手と売り手がグローバルな効率的なネットワークにおいて、法人間で取引をする基幹システムが、最終的にビジネスモデルを根本から再考する方法となるでしょう。」

さらに、SAP.iO Foundryというスタートアップアクセラレータが、ベルリン、サンフランシスコ、ニューヨーク、テルアビブで実施される予定だ。ベルリンとサンフランシスコのアクセラレータプログラムは、SAPの施設内でスタートアップがSAPの社内起業家と協働する形で行われる。ベルリンのアクセラレータは、TechStarsによって運営される予定だ。

(本記事は抄訳になります。)

【via VentureBeat】 @VentureBeat
【原文】

----------[AD]----------

SAPがビッグデータスタートアップAltiscaleを1億2500万ドル強で買収【報道】

SHARE:

エンタープライズソフトウェア企業のSAPが、多種多様なデータの保存・処理・分析のために使用するクラウド版Hadoopのようなオープンソースソフトウェアを提供しているスタートアップ Altiscaleを買収する予定であることがVentureBeatの調べによって分かった。正式な発表は今後数週間のうちにされるはずだ。 買収額は1億2500万ドルを上回る可能性がある。関係者がVentureBeatに伝え…

Image Credit: Altiscale Facebook page
Image Credit: Altiscale Facebook page

エンタープライズソフトウェア企業のSAPが、多種多様なデータの保存・処理・分析のために使用するクラウド版Hadoopのようなオープンソースソフトウェアを提供しているスタートアップ Altiscaleを買収する予定であることがVentureBeatの調べによって分かった。正式な発表は今後数週間のうちにされるはずだ。

買収額は1億2500万ドルを上回る可能性がある。関係者がVentureBeatに伝えた内容によれば、同スタートアップの投資家は出資した額の3、4倍を受け取る予定であるとのこと。Altiscaleは、これまで4200万ドルのベンチャーキャピタルを調達しており、2014年の12月には3000万ドルを調達していた。Accel Partners、AME Cloud Ventures、Northgate、General Catalyst Partners、Sequoia Capital、Wildcat Venture Partnersが投資家として参加している。

SAPはクラウドソフトウェアのポートフォリオをさらに向上させる方策をとった。今回の買収によって、SAPは「Hadoop as a service」と呼ばれる領域において、最も知られる提供者の一つとなる。

Altiscaleのファウンダー・CEOのRaymie Stata氏は、2004年に自身の企業Stata LabsをYahooに売却し、Yahoo社内においてHadoopソフトウェアの展開に取り組んできた。IBMやMicrosoftといったSAPのライバルがクラウドに重点を置くなかで、Stata氏と彼のチームはSAPにとって有用な存在となるだろう。

Altiscaleの競合としてはQuboleやXplentyが挙げられる。クラウドインフラのプライバイダー大手のAWSもまた、Hadoopの提供をしている。

Altiscaleは2012年に創業し、カリフォルニア州パロアルトに拠点をおいている。創業当時はVertiCloudを呼ばれていた。その後、同社の社員数は90名以上にまで成長している。

(本記事は抄訳です)

【via VentureBeat】 @VentureBeat
【原文】

----------[AD]----------

SAPがアフリカのエンタープライズ市場に500万ドル投資することを明言

SHARE:

<ピックアップ> SAP Invests $500 Million To Go After Enterprise Market In Africa 基幹システム大手のSAPが2020年までにアフリカ市場に対し、500万ドル投資することを明言しました。SAPは既にアフリカで700人の従業員と1,300社以上の顧客を抱えているらしく、元記事によると、アフリカはICT市場の大きな成長が期待さ…

africa
Image by Flickr

<ピックアップ> SAP Invests $500 Million To Go After Enterprise Market In Africa

基幹システム大手のSAPが2020年までにアフリカ市場に対し、500万ドル投資することを明言しました。SAPは既にアフリカで700人の従業員と1,300社以上の顧客を抱えているらしく、元記事によると、アフリカはICT市場の大きな成長が期待されているが、主要プレイヤーがまだおらず魅力的な市場とのこと。

Googleが2012年に1,200万ドルで太陽光発電設備を敷設したり、IBMが2013年に研究所を開設したり、GEが2018年までに20億ドルの投資計画を発表したりと、今アフリカはテクノロジー業界の注目を大きく集めているようです。

via Tech

----------[AD]----------

企業向けアプリベンダーのSAPが中国に20億ドルを投資、二千人分の雇用を創出

SHARE:

【翻訳 by Conyac】 【原文】 本日(原文掲載11月15日)午後に北京で行われたイベントで、企業アプリケーション・ベンダーのSAPは2015年までに中国での事業を拡大するために20億米ドルを投資すると発表した。この計画により、中国における従業員数はほぼ倍増する。 既にSAPは中国に6つの事業所と上海に主力研究開発施設を所有し、研究開発施設だけでも400人が雇用されている。本日、SAPは中国…

【翻訳 by Conyac】 【原文】

本日(原文掲載11月15日)午後に北京で行われたイベントで、企業アプリケーション・ベンダーのSAPは2015年までに中国での事業を拡大するために20億米ドルを投資すると発表した。この計画により、中国における従業員数はほぼ倍増する。

既にSAPは中国に6つの事業所と上海に主力研究開発施設を所有し、研究開発施設だけでも400人が雇用されている。本日、SAPは中国での事業展開にあたり投資対象となる4つの重点分野を発表した。

  1. 中国のSAP研究所への追加投資
  2. 中国市場での存在感を高める施策の一つとして、2015年までに約2000人を新規雇用、これを実現するために全国に事業所を5〜6ヶ所増やす。
  3. 中国におけるSAPサポート体制の拡充
  4. 中国内の中小企業のシェア拡大。これにより、中国のITエコシステム全体が恩恵を受けるという。

記者会見で、中国SAP社長 Hera Siu(赫拉小)は今回の発表を大きな「責務の増大」と位置づけている。SAPは現在、中国で1500社ほどの顧客を抱えているという。

【via Penn Olson】 @pennolson

----------[AD]----------