企業向けアプリベンダーのSAPが中国に20億ドルを投資、二千人分の雇用を創出

SHARE:

【翻訳 by Conyac】 【原文】

本日(原文掲載11月15日)午後に北京で行われたイベントで、企業アプリケーション・ベンダーのSAPは2015年までに中国での事業を拡大するために20億米ドルを投資すると発表した。この計画により、中国における従業員数はほぼ倍増する。

既にSAPは中国に6つの事業所と上海に主力研究開発施設を所有し、研究開発施設だけでも400人が雇用されている。本日、SAPは中国での事業展開にあたり投資対象となる4つの重点分野を発表した。

  1. 中国のSAP研究所への追加投資
  2. 中国市場での存在感を高める施策の一つとして、2015年までに約2000人を新規雇用、これを実現するために全国に事業所を5〜6ヶ所増やす。
  3. 中国におけるSAPサポート体制の拡充
  4. 中国内の中小企業のシェア拡大。これにより、中国のITエコシステム全体が恩恵を受けるという。

記者会見で、中国SAP社長 Hera Siu(赫拉小)は今回の発表を大きな「責務の増大」と位置づけている。SAPは現在、中国で1500社ほどの顧客を抱えているという。

【via Penn Olson】 @pennolson

----------[AD]----------