BRIDGE

タグ Seedstars World

第2回Seedstars World世界決勝で、フィリピンの給与管理業務スタートアップ「Salarium」が優勝

SHARE:

Seedstars World(SSW)は、新興市場や急成長スタートアップ市場を対象とした、世界的なスタートアップ・コンペティションだ。2014年のラウンドが今日(原文掲載日:2月5日)成功裏に閉幕し、優勝者の座にはフィリピンの給与管理サービス Salarium が輝いた。Salarium は、50万ドル分の出資を受け取る賞を手にすることとなる。 <関連記事> 起業家の世界コンペティションSee…

salarium-on-stage

Seedstars World(SSW)は、新興市場や急成長スタートアップ市場を対象とした、世界的なスタートアップ・コンペティションだ。2014年のラウンドが今日(原文掲載日:2月5日)成功裏に閉幕し、優勝者の座にはフィリピンの給与管理サービス Salarium が輝いた。Salarium は、50万ドル分の出資を受け取る賞を手にすることとなる。

<関連記事>

Salarium と他の9チームのファイナリストは、スイス・ジュネーブで開催された SSW の決勝イベントでビジネスアイデアをピッチした。Serendipity Investments の創業者 Jose Marin、Bravofly Rumbo Group の創業者 Marco Corradino、Kinnevik の Jessica Boersch、Edmond de Rothschild Private Equity の CEO Johnny El Hachem、SSW の共同創業者 Pierre-Alain Masson らが審査員を務めた。

シンガポールの 6Degrees による自動情報更新型電話帳、バンコクの Washbox24 による自動洗濯サービス、ペルーの旅行プラットフォーム Busportal、アルゼンチンのカジュアルゲーム開発会社 The Other Guys など多岐にわたるサービスが審査員の前でプレゼンされた。

しかし、最も審査員の心を動かしたのは Salarium だ。世界的な物流システム会社 DHL を顧客に持つエンド・トゥ・エンドの給与管理システムで、出怠勤時間管理、給与・経費精算処理、給与支払が行える。

SSW の Masson(訳注:原文では Salarium の Masson となっているが誤り)は、次のように語った。

スケーラブルでイノベーティブだというだけでなく、すでに世界市場で広く利用されている。

SSW での優勝が彼らに何をもたらすのかを尋ねると、SSW の CEO Judah Hirsch は、次のように答えてくれた。

大きな信頼をもたらしてくれると思う。SSW の決勝イベントだけで考えてみても、ここで得られた人脈は今後の成功や拡大計画に大変役立つだろう。ここに集まった起業家の全員が、素晴らしいアイデアやビジネスモデルを披露したことを考えれば、今回の優勝は我々にとって大変意義深い。

世界中から約2,000ものスタートアップが SSW に参加し、そこから予選でセミファイナイリスト36チームに絞られ、ファイナリストには10チームが残った。

セミファイナイリスト・チームは、ヨーロッパの投資家が100ポンド(1.8万円相当)から投資できる Seedstars World Crowd Fund から資金調達ができる。このファンドは、ヨーロッパ初のファンド向けクラウドファンディング・プラットフォーム Seedrs によって運営されている。

セミファイナリスト・チームは、スイス・ローザンヌのエンジニアリング・スクール EPFL(スイス連邦工科大学ローザンヌ校)で集中ブートキャンプに参加した。このブートキャンプでは、ピッチ・トレーニングのほか、各チームのビジネスモデルや財務継続性を精査するメンタリング・セッションが実施された。メンターの中には、Chinaccelerator(中国加速)出身の起業家 Todd Embley や Eventbrite 共同創業者 Renaud Visage らが顔を揃えた。

今回は SSW の第2回目のイベントで、シリコンバレーや西欧以外からも優秀なスタートアップを発掘し、彼らを成功させることをミッションに掲げている。

salarium-and-other-4-asian-startups
アジアから選ばれたファイナリスト5チーム。

【via Tech in Asia】 @TechinAsia

【原文】

----------[AD]----------

Seedstars Worldが東京イベントを開催、学習目標達成プラットフォームのStudyPactが日本代表の座を獲得

SHARE:

Seedstars World は世界33カ国を巡って、有望なスタートアップを見つける活動だ。先日お伝えしたように、ここ日本では、先週金曜日、東京・原宿のコワーキング・スペースで、地域予選イベントが開催された。 日本と海外から集まったスタートアップが、スイス・ジュネーブで来年2月に開催される世界決勝を目指してピッチした。ピッチに参加したスタートアップのうち、3チームを以下に簡単に紹介したい。 第1…

seedstarsworld-tokyo-2014-winners

Seedstars World は世界33カ国を巡って、有望なスタートアップを見つける活動だ。先日お伝えしたように、ここ日本では、先週金曜日、東京・原宿のコワーキング・スペースで、地域予選イベントが開催された。

日本と海外から集まったスタートアップが、スイス・ジュネーブで来年2月に開催される世界決勝を目指してピッチした。ピッチに参加したスタートアップのうち、3チームを以下に簡単に紹介したい。

第1位: StudyPact

StudyPact は Open Network Lab のインキュベーション・プログラム第8期を卒業したスタートアップで、ユーザが学習目標を設定し、その達成にお金を賭けることができるようなサービスだ。より効果的な学習プラットフォームとするた め、Duolingo、Anki、Memrise、Coursera、Edx などの他の教育プラットフォームやサービスと提携している。 <関連記事

studypact-pitch

第2位: CaSy

CaSy はクラウドソーシングによる家事代行サービスだ。Netprice.com のインキュベータ BEENOS から生まれたスタートアップで、先月 BEENOS から資金調達を実施している。 <関連記事

Casy-top

第3位: AppTrader

AppTrader は、アプリをM&Aするためのオークション・サイトだ。AppStore、GooglePlayに登録されたアプリの所有権売買が行え、アプリは無料で出品・入札が可能、売買が成立した場合、既存ユーザーを含め開発リソースなどの権利移譲が行える。

apptrader_screenshot


イベントのウェブサイトには、参加している都市で選ばれた多くのスタートアップを見ることができる。東京の次は、今週の金曜日に韓国のソウルで地域予選イベントが開催される予定だ。

seedstarsworld-tokyo-2014-winners-and-audience

----------[AD]----------

起業家の世界コンペティションSeedstars World、今週金曜日に東京予選イベントを原宿で開催

SHARE:

世界的なスタートアップ・コンペティション Seedstars World が開催されるのは昨年に続いて2度目のことだ。このイベントでは世界都市をオーガナイザーがツアー行脚し、地域毎のピッチ・コンテストを開催。最終的に各都市選出の優勝スタートアップがスイス・ジュネーブで開催される世界イベントに招かれ、最大50万ドルの資金調達が獲得できる優勝の座を狙って戦う。 昨年の東京イベントでは Wi-Fi を使…

seedstarsworld-tokyo-2014_featuredimage

世界的なスタートアップ・コンペティション Seedstars World が開催されるのは昨年に続いて2度目のことだ。このイベントでは世界都市をオーガナイザーがツアー行脚し、地域毎のピッチ・コンテストを開催。最終的に各都市選出の優勝スタートアップがスイス・ジュネーブで開催される世界イベントに招かれ、最大50万ドルの資金調達が獲得できる優勝の座を狙って戦う。

ssw-final-onstage
昨年の Seedstars World 2013 世界決勝(ジュネーブ)の様子

昨年の東京イベントでは Wi-Fi を使った実店舗向けの来店者情報分析ソリューション Locarise が優勝、世界イベントでは、ケニアの住所共有アプリ OkHi が優勝した。

そして今年の東京イベントが今週金曜日の7月25日、原宿のコワーキング・スペース「THE TERMINAL」で開催される。Seedstars World では、東京イベントへの一般参加およびピッチ・コンペティションへの出場を希望するスタートアップのエントリを、明日23日まで受け付けている

Seedstars World のの運営母体になっているのは、ヨーロッパを中心に、世界中の若い(30歳未満)起業家800人以上で構成される組織 Sandbox だ。彼らは年間150件以上もの起業関連イベントを世界25カ国で開催しているが、Seedstars World では、特に潜在力の高いスタートアップを表に出すことを目的としている。

以下は、昨年の東京イベントで優勝した Locarise のインタビューだ。彼らに続いて、世界に狙いを定める日本のスタートアップはどのチームだろう。THE BRIDGE では今年も、Seedstars World 東京イベントのメディアパートナーを務めるので、追って、イベントの模様をお伝えする予定だ。

----------[AD]----------

Seedstars Worldが東京イベントを開催、実店舗向け営業分析ソリューションのLocariseが日本代表の座を獲得

SHARE:

※この記事は英語で書かれた記事を日本語訳したものです。英語版の記事はコチラから。 Seedstars World は世界20カ国を巡って、有望なスタートアップを見つける活動だ。ここ日本では、金曜日、東京のベイフロントにあるインキュベーション・オフィス Samurai Startup Island で、地域予選イベントが開催された。 日本と海外から12以上のスタートアップが、スイス・ローザンヌで来年…

seedstars-world-tokyo-620x234

※この記事は英語で書かれた記事を日本語訳したものです。英語版の記事はコチラから

Seedstars World は世界20カ国を巡って、有望なスタートアップを見つける活動だ。ここ日本では、金曜日、東京のベイフロントにあるインキュベーション・オフィス Samurai Startup Island で、地域予選イベントが開催された。

日本と海外から12以上のスタートアップが、スイス・ローザンヌで来年2月に開催される世界決勝を目指してピッチした。ピッチに参加したスタートアップのうち、3チームを以下に簡単に紹介したい。

locarize_winner

第1位: Locarise

locarise_screenshot-280x182Locarise は、実店舗向けの分析ソリューションだ。店舗の内部や周辺に小さなセンサーを設置し、店の前を何人が通過したか、何人のお客が来店したかなどの数値を自動的に収集する。システムのウェブベースのダッシュボードには、これらの数値に加え、滞留時間や再訪率などが表示される。複数の店舗を管理するビジネスオーナーにとっては、画面一つに複数点のKPI達成率をリアルタイムに知ることができる。

第2位: Eigooo

eigooo_screenshot-280x230Eigooo は、Line などのメッセージアプリにより、ネイティヴ・スピーカーとのチャットを通じて英語が学べるサービスだ。

日本の公立学校で英会話教師として働いていた Peter Rothenberg 氏がローンチした。

通勤時にモバイルでメッセージをやりとりした経験から、モバイルアプリを使ったメッセージングは外国語を習得する上でよい方法だと彼は確信した。

第3位: Infogra.me

infogra.me_screenshot-280x178Infogra.me は、いわば、インフォグラフィックのための Slideshare だ。自分のインフォグラフィックをアップロードし無料でき、自分のデータに基づいたインフォグラフィックの作成を同社に依頼することもできる。ウェブサイト、iOS アプリで、6カ国語で利用できる。

提供内容は、マレーシアの Piktochart に似ている。


私の見方では、この世界選手権ツアーは、世界的な起業家ネットワーク SandBox の支援を得て、よく組織されている。しかし、今回はまだ第一回であるため、このイベントがどの程度、世界のスタートアップ・コミュニティにインパクトを与えられるかは、まだわからない。

イベントのウェブサイトには、参加している都市で選ばれた多くのスタートアップを見ることができる。東京の次は、今週の金曜日にオーストラリアのシドニーで地域予選イベントが開催される予定だ。

seedstarsworld_tokyo

----------[AD]----------

起業家の世界コンペティションSeedstars Worldが日本に上陸——東京イベントは8月30日、天王洲で開催

SHARE:

世界では多くのテックイベントが開催され、多くの起業家支援プログラムが存在する。イベントやプログラムもまさしく玉石混淆だが、「美味いか不味いか、一度は口にしてみんとわかりまへんやろ…」という大阪人の性分で、まずは自分の目で見てみるよう心がけている。 今年初めて、Seedstars World というスタートアップ・コンペティションが展開されている。全世界20都市を巡り、世界のトップ10スタートアップ…

seedstarstokyo_logo世界では多くのテックイベントが開催され、多くの起業家支援プログラムが存在する。イベントやプログラムもまさしく玉石混淆だが、「美味いか不味いか、一度は口にしてみんとわかりまへんやろ…」という大阪人の性分で、まずは自分の目で見てみるよう心がけている。

今年初めて、Seedstars World というスタートアップ・コンペティションが展開されている。全世界20都市を巡り、世界のトップ10スタートアップが表彰されるというプログラムだ。今年3月にモスクワからスタートし、東京のイベントは8月30日、天王洲アイルの Samurai Startup Island で開催される予定だ。

Seedstars World 主催者である Pierre-Alain Masson 氏によれば、このイベントの出場条件や表彰内容は次の通りだ。

<出場条件>

  • ・参加スタートアップは招待制、創業後2年以内で、これまでの累積調達資金が50万ドル(約5,000万円)以下であること。
  • ・MVP(仮説を検証することができる最低限のプロダクト)が存在すること。
  • ・公にプロダクトやサービスが説明できること。
  • ・ピッチや申込書を英語で準備するか、通訳を手配できること。
  • ・分野は問わないが、商業目的であること。(ノンプロフィットではないこと)

<ピッチ>

  • ・最大6分以内で、問題、解決策、操作、ビジネスモデル、財務状況、チームについての説明を含むこと。
  • ・プレゼンターは一人で、プレゼンテーション形式は PowerPoint、ビデオ、ライブデモに限定。
  • ・各都市の審査員は、各都市でベストなスタートアップを選考。
  • ・各都市で選出されたスタートアップは、世界決勝に進む。

<ユーザによる一般投票>

  • ・スタートアップへの一般投票は、SeedStarsWorld.com 内の特設ページで受付。スタートアップから提供される、ピッチビデオ、プレゼンテーション、ウェブサイトなどで判断してもらう。
  • ・全都市のイベントから、一般投票による得票数で上位5位に入ったスタートアップ(各都市の選考スタートアップは除く)は、世界決勝に参加可能。

<決勝>

  • ・各都市で選出されたスタートアップと、一般投票による得票数で上位5位に入ったスタートアップから、審査員が世界ベストのスタートアップを選考。
  • ・選考は審査員の無記名投票により決定され、スタートアップから提供される、ピッチビデオ、プレゼンテーション、ウェブサイトなどで判断してもらう。
  • ・世界決勝で1位、および、2位〜10位のスタートアップには、それぞれ賞が授与される。

Seedstars World のの運営母体になっているのは、ヨーロッパを中心に、世界中の若い(30歳未満)起業家800人以上で構成される組織 Sandbox だ。彼らは年間150件以上もの起業関連イベントを世界25カ国で開催しているが、Seedstars World では、特に潜在力の高いスタートアップを表に出すことを目的としている。

優勝チームは、来年2月にスイスで開催される Sandbox Conference に無料招待されるほか、ヨーロッパのトップ投資家から最大50万ユーロ(約6,500万円)の出資を受けられる可能性がある。

8月30日の東京イベントのアジェンダはこちらから。ピッチ登壇のため、招待を受けるためのスタートアップの申し込みはこちらから。オーディエンスとしての一般申し込みはこちらから。

以下は、Seedstars World のモスクワイベントで優勝した、ロシアのスタートアップ Wayray のインタビューだ。Wayray は、カーナビ情報をバイクの風よけに投影するしくみを開発している。

----------[AD]----------