THE BRIDGE

タグ shazam

米国のテック大手が2018年に買収した、欧州スタートアップ13社

SHARE:

過去数年間と同様、2018年にもテクノロジー業界で多数の大規模買収劇があった。テクノロジーを強化する手段を探すアメリカ企業にとっては、ヨーロッパが格好の調達先となっている。 ここからは、今年欧米間で行われた買収劇のいくつかを紹介しよう。 Spektral(デンマーク) 10月、Apple はデンマークのスタートアップ Spektral を買収したことを発表した。Spektral はコンピュータビジ…

travel-2313444_640
Image credit: Pixabay

過去数年間と同様、2018年にもテクノロジー業界で多数の大規模買収劇があった。テクノロジーを強化する手段を探すアメリカ企業にとっては、ヨーロッパが格好の調達先となっている。

ここからは、今年欧米間で行われた買収劇のいくつかを紹介しよう。

Spektral(デンマーク)

10月、Apple はデンマークのスタートアップ Spektral を買収したことを発表した。Spektral はコンピュータビジョンと機械学習テクノロジーを使って、リアルタイムで動画から人物の部分を切り抜くことができる。iPhone のカメラに組み込まれたら便利な機能である。しかし Apple 傘下で Spektral のテクノロジーがどのような変化を遂げるかはまだ未知数だ。

契約条件は公式には明らかにされていないが、地元紙 Børsen によると契約額は約3,000万米ドルになるという。

Shazam(イギリス)

01_Shazam_screenshot-2017-08-03-15-11-32
Shazam

この買収劇が実際に発表されたのは昨年のことである。Apple は4億米ドルの入札によって、ロンドンに拠点を置く音声認識プラットフォーム企業 Shazam を買収した。欧州委員会(EC)による独占禁止法の調査が行われた影響もあり、買収完了までには10か月を要した。EC は9月になって買収を進めることを認め、その数週間後には Apple が契約完了を正式に発表した。

Apple は Shazam をスタンドアロンのアプリとして維持し続けることを表明していたが、将来的には Apple 製品に Shazam のテクノロジーが緊密に連携されていく公算が高い。

Dialog Semiconductor(ドイツ)

これについては完全な買収ではないが、いずれにせよ注目に値するものである。Apple は6億米ドルの契約を結んで Dialog の電力管理チップ事業を部分的に買収した。これには Dialog のテクノロジーのライセンス、一部のヨーロッパオフィスの所有権、そして300人のエンジニアのオンボーディングが含まれる。

Apple が iPhone の電力管理チップを Dialog Semiconductor のものから他社のものにするという報道が出て1年以上経過してから、今回の契約のニュースが発表された。この噂により Dialog の株価は約40%も急落していた。

Platoon(イギリス)

今月、Apple がロンドンに拠点を置く Platoon を買収したというニュースが伝えられた。Platoon はミュージシャン向けのクリエイティブサービスを提供している。

Apple は Platoon に関する明確な計画を決めていないが、Platoon はレコード契約の締結やツアーのサポート、独自コンテンツの作成、関連市場へのマーケティングといったアーティストの育成を得意としている。言うまでもなく、Platoon と Apple Music の相性は抜群だ。

Bloomsbury AI(イギリス)

7月、Facebook はロンドンに拠点を置くスタートアップ Bloomsbury AI の買収計画を発表した。契約条件は発表されていないが、一部の報道によると契約額は最大で3,000万米ドルに達するという。

Bloomsbury AI の自然言語処理(NLP)とマシンリーディングテクノロジーでは、非構造化テキストと文書の構文を解析して質問に答えることができる。今回の契約は企業買収によって人材を獲得するだけにとどまらない。 Bloomsbury AI はコア製品の開発を中止して GitHub でオープンソースとして開発を行う道を選んでいる。

GraphicsFuzz(イギリス)

8月、Google はロンドンに拠点を置く GraphicsFuzz を買収したことを発表した。GraphicsFuzz はモバイル画像ベンチマークツールに特化したスタートアップである。

契約条件は発表されていないが、当時発表された Google の声明によると、契約の結果、GraphicsFuzz の3人から成るチームは Android のグラフィックチームに参加してドライバーテストテクノロジーを「Android のエコシステム」に統合するサポートを行う。

Ninja Theory(イギリス)

02_Ninja_hellblade-5
Senua は青いタトゥーを除けば平凡なキャラクターだ
Image Credit: Ninja Theory

6月、Microsoft は5つのゲームスタジオを買収したことを発表したそのうちの1つがイギリスに拠点を置き『Hellblade』を開発した Ninja Theory である。

過去を振り返ってみても、Microsoft は限られた数の社内スタジオしか運営してきておらず、Xbox 限定のゲームの制作ができなかった。5つのスタジオを傘下に置くことで、この状況が打開される方向に向かう。

Playground Games(イギリス)

6月に行われた Microsoft によるもう1つの買収劇が、『Forza Horizon』を開発した Playground Games に関するものである。同社は買収を経て、Microsoft 傘下で『Forza Horizon 4』を PC と Xbox で限定リリースする役割を担った。

Blue Vision Labs(イギリス)

Blue Vision Labs

2019年に IPO を計画しているライドヘイリング企業 Lyft は10月、ロンドンに拠点を置く拡張現実(AR)スタートアップ Blue Vision Labs の買収計画を発表した

この買収により、Lyft は初めてイギリス内にオフィスを持つことになる。しかし、Lyft のコアサービスであるライドヘイリングをイギリス市場でローンチする動きに出るかは発表されていない。Blue Vision Labs は Lyft の自動運転向けレベル5(完全自動運転)部門の一部となり、買収によって Lyft の自動運転車への取り組みが強化される。

PlayCanvas(イギリス)

Snapchat を運営する Snap が、ロンドンに拠点を置く PlayCanvas を買収したというニュースが3月に飛び込んできた。PlayCanvas はウェブ向けのゲーミングエンジンを開発している。しかし、取引自体は昨年に行われていたようだ。

確認は取れていないものの、報道によると Snap は一部のゲーム機能を Snapchat アプリに実装する方法だけでなく、新たな3D 機能やバーチャルリアリティ(VR)機能を同社の看板アプリに実装する方法を探っているようだ。

iZettle(スウェーデン)

04_izettle
iZettle

ヨーロッパの Square と呼ばれる iZettle は、突然目の前に現れた PayPal に22億米ドルで買収されるまで上場に向けた準備を行っていた。この買収は PayPal にとってこれまでで最高額となるものだ。

iZettle は複数のヨーロッパ市場に進出しているため、PayPal は今回の買収によって実店舗での支払いサービスで存在感を強化することになる。

買収自体は完了しているものの、イギリスの競争・市場庁である CMA は契約の調査を続けている。今後何らかの形で契約が取り消しになる可能性もあるため、今後の動向にも注目だ。

Interoute(イギリス)

2月、アメリカの通信会社でインターネットプロバイダーでもある GTT Communications は、ヨーロッパのファイバーネットワーク事業者である Interoute を23億米ドルで買収したことを発表した。

ロンドンに拠点を置く Interoute はすでにヨーロッパ最大級のファイバーネットワークを運営しており、その規模は7万キロ以上、29か国に及ぶ。つまり、今回の買収によって GTT は世界規模のネットワークを容易に拡大できるようになる。

DogBuddy(イギリス)

最も魅力的な業界というわけではないかもしれないが、世界のペット市場産業規模は数十億米ドルにも及ぶ。アメリカに拠点を置くドッグシッティングプラットフォーム企業 Rover は、今年1億5,500万米ドルを調達して国外への展開に打って出た。その一環としてヨーロッパの競合 DogBuddy を買収した

世界のペットフード消費額は700億米ドルを超えているが、その3分の2をアメリカとヨーロッパが占めており、大半は犬用ペットフードへの支出となっている

犬向けのビジネスは儲かるのである。

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

----------[AD]----------

Shazam がアプリ上でミュージックビデオをスタート、収益とエンゲージメント増加を目指す

SHARE:

音楽認識アプリのShazamが、ミュージックビデオのチャンネルを新たに導入することで動画領域をさらに攻めていくようだ。 今回の取り組みでは、Shazamはオレゴン州ポートランド拠点の会社で音楽業界、ブランド、出版社と提携して音楽動画ストリーミングを提供しているVadioと提携する。 2000年に創業したShazamは、ただボタンをタップするだけで周囲に流れている曲を認識することができるアプリとして…

Above: Shazam: With Video Image Credit: Paul Sawers / VentureBeat
上: ビデオが見れるようになったShazam
Image Credit: Paul Sawers / VentureBeat

音楽認識アプリのShazamが、ミュージックビデオのチャンネルを新たに導入することで動画領域をさらに攻めていくようだ。

今回の取り組みでは、Shazamはオレゴン州ポートランド拠点の会社で音楽業界、ブランド、出版社と提携して音楽動画ストリーミングを提供しているVadioと提携する。

2000年に創業したShazamは、ただボタンをタップするだけで周囲に流れている曲を認識することができるアプリとして知られる。だが、同社はテレビなど他のメディア領域にも事業を広げている。また、Shazamは最近、ローンチ以来のアプリのダウンロード数が10億に達したこと、また利益を出していることを発表した。

Shazamのミュージックビデオのチャンネルは、様々な方法で実行することができる。たとえば、ユーザーが曲を「シャザムした」場合には、関連ビデオを見ることができる。チャンネルは編集者によってキュレーションされたり、トレンドのデータに基づいて自動的に作られたり、特定のジャンルに自らを関連づけているブランドによって作られる。これはShazamにとって主要な収益化の方法になりうることを示唆している。

昨年、Shazamは限定的なベータ期間を経て、全アーテイストに向けて認定アーティストプログラムを開始した。ファンがアーティストをフォローしたり、シャザムしている曲を見ることができる機能だ。これまでにAlicia Keys、Sam Smith、David Guettaなどのアーティストが参加している。

Shazam上で認定されているアーティストが1800名にのぼり、ミュージックビデオプレイリストも合わさった今、Shazamはさらにブランドを引きつけて、特定のアーティストとファンをつなげることが可能になるかもしれない。

収益を伸ばすために動画に積極的な音楽系の会社はShazamだけではない。Spotifyも2年前に無料の広告入りサービス向けに動画広告を導入した。今回のShazamのビデオチャンネルは、1億2000万のアクティブユーザーの約4分の1に対して静かにソフトローンチしたとShazamはいう。また、平均ユーザーセッションが1分弱から4分以上に伸びたという。これでグローバルに展開する準備が整ったといえるだろう。

今日のニュースの直前には、新興国市場に向けられたAndroidアプリの新Liteバージョン、新しいiMessageアプリといった新製品の発表がされたばかりだった。

【via VentureBeat】 @VentureBeat
【原文】

----------[AD]----------

気になる曲名がわかる「Shazam」、流れた曲を全て自動的に探知するAuto ShazamがAndroidに登場

SHARE:

<Pick Up> Shazam’s new feature on Android has convinced me to ditch SoundHound for identifying songs ドラマや映画をリアルタイムに見ていて、ちょっとだけ流れた挿入歌をShazamで聴き取ろうものなら大変。急いでiPhoneのロックを解除して、Shazamを立ち上げて、タップし…

shazam-app

<Pick Up> Shazam’s new feature on Android has convinced me to ditch SoundHound for identifying songs

ドラマや映画をリアルタイムに見ていて、ちょっとだけ流れた挿入歌をShazamで聴き取ろうものなら大変。急いでiPhoneのロックを解除して、Shazamを立ち上げて、タップして聴き取ってもらわなきゃいけない。そんなことをしている間にたいがい曲は終わってる。

ShazamのAndroidユーザーは、今後そんな風にジタバタしなくていいようです。ジタバタから解放してくれるのが、「Auto Shazam」機能。バックグラウンドでアプリを起動し続けることで、スマホがある場所で流れている音楽をすべて勝手に拾ってくれる。出来上がった曲のリストは、日付ごとに振り返れる。

iOSでは 1年ほど前にリリースされていた機能で、最近になってAndroidもアップデートさらた模様。気になるバッテリー消費については、残念ながら試してみないとわからないところ。Shazamのブログによると、スマホのバッテリーが20%になるとユーザーに通知が届き、また連続してONの状態が続くと6時間後に自動的に停止する。

これで間に合わなくて悔しい思いをすることがなくなるかも。

via. The Next Web

----------[AD]----------

音楽検索アプリのShazam、スマートウォッチに対応し街中で気に入った音楽をすぐさま検索できるように

SHARE:

<ピックアップ>Shazam now works on your Android watch スマートウォッチの使い方として、これは便利なのではないだろうか。音楽検索アプリのShazamがAndroid wearに対応しました。これによって、街中で音楽を検索したいと思ったときには、腕に巻いているAndroid wearでそのまま検索し、アプリ内に曲名を保存することができるようになります…

shazam_applewatch

<ピックアップ>Shazam now works on your Android watch

スマートウォッチの使い方として、これは便利なのではないだろうか。音楽検索アプリのShazamがAndroid wearに対応しました。これによって、街中で音楽を検索したいと思ったときには、腕に巻いているAndroid wearでそのまま検索し、アプリ内に曲名を保存することができるようになります。

これによって、いままでスマホをだしてアプリを立ち上げ、検索するという3動作が一気に短縮できるようになります。スマートウォッチというウェアラブルデバイスだからこそできる新しいサービスのあり方かもしれません。

実は、すでにApple Watchにも対応しています。Shazamは、iPhoneがでたときもそうですが新しいテクノロジーにいち早く対応する印象があります。スマートウォッチのキーアプリとして踊りだす可能性は高いかもしれません。

via TNW

----------[AD]----------

3000万ドルを調達したShazam、評価額10億ドル超えでビリオンダラークラブの仲間入りへ

SHARE:

<ピックアップ>Shazam Closes New Funding Round With $1 Billion Valuation – Business Insider 音楽検索アプリのShazamが、1月20日に3000万ドルの資金調達を行ったと発表しました。それによって評価額10億ドルを突破し、ビリオンダラークラブの仲間入りを果たしたようです。 Shazamは、先日行わ…

Image by Ryoichi Tanaka on Flickr
Image by Ryoichi Tanaka on Flickr

<ピックアップ>Shazam Closes New Funding Round With $1 Billion Valuation – Business Insider

音楽検索アプリのShazamが、1月20日に3000万ドルの資金調達を行ったと発表しました。それによって評価額10億ドルを突破し、ビリオンダラークラブの仲間入りを果たしたようです。

Shazamは、先日行われたCES2015において、beaconと連動して位置情報をもとに音楽検索やレコメンデーションを行う機能を追加したと発表するなど、音楽の領域に対して新しい動きを見せはじめています。

久しくShazamを使っていなかった筆者も、最新のアップデートをして立ち上げてみると、曲を聞いて流れている音楽を教えてくれるだけではなく、近くで誰がどんな曲を検索したのかがわかったり、世界中のShazamユーザのトレンドを教えてくれたり、曲に対してGoodやBadなどの評価ボタンがあったりと、さまざまな音楽に対するデータが収集できる機能を備えています。

さらに、YouTubeとも連携していて、曲名をもとにYouTube動画も表示するという親切さ。もちろん、曲の横にはアルバムのカバー画像と一緒に、iTunesの購入ボタンが付いているため、その場で購入できる仕組みになっておりアフィリエイトだけでもかなりの利益が出てきそうです。さらwに、集まったデータをもとにしたビックデータをもとにさまざまビジネスを展開することも考えられます。

Spotifyなどの定額制の音楽サービスが出てきている中、資金調達を完了した老舗アプリのShazamの次の一手に期待です。ところで、Shazamはいつになったら日本語に対応するのでしょうか。

----------[AD]----------

音楽検索アプリのShazam、beaconと連携して位置情報に紐付いて曲を推奨する機能をリリースすると発表

SHARE:

<ピックアップ>Shazam Now Uses Beacons to Give Location-Based Content IoT関連で盛り上がったCES 2015で、iPhoneが誕生してから長らく愛されてきたShazamが、ロケーションサービスなどを展開するGimbalと提携し、beaconを使い、位置情報に紐付いた曲をレコメンドする機能をリリースすると発表しました。 簡単にいえ…

Image by Ryoichi Tanaka on Flickr
Image by Ryoichi Tanaka on Flickr

<ピックアップ>Shazam Now Uses Beacons to Give Location-Based Content

IoT関連で盛り上がったCES 2015で、iPhoneが誕生してから長らく愛されてきたShazamが、ロケーションサービスなどを展開するGimbalと提携し、beaconを使い、位置情報に紐付いた曲をレコメンドする機能をリリースすると発表しました。

簡単にいえば、特定の場所に行き、そこでShazamを立ち上げたときに、beaconに反応しておすすめの曲などを提示してくれるもので、もしかしたら、今後はその場所に行かないと手に入らない曲、みたいなものが出てくるのかもしれません。

最近のアップデートで、Shazam内でミュージックプレイヤーが作れる機能を追加したり、CEOがTNWに取材された記事で今後の展望などについて語っている様子を見るに、音楽検索アプリからSpotifyなどさまざまな音楽系アプリが出てきている流れに乗り、新しい音楽体験を提供するサービスへと進化しようとしているようです。

----------[AD]----------