THE BRIDGE

タグ SpotHero

空港やスタジアムも駐車OKーースマホで簡単に最安が見つかるオンデマンド駐車場「SpotHero」が5000万ドル調達

SHARE:

ピックアップ:On-demand parking startup SpotHero raises $50 million ニュースサマリー:8月22日、オンデマンド・パーキングサービスを提供する「SpotHero」がMacquarie Capitalを筆頭とした7つのファンドからシリーズDラウンドにて合計5,000万ドルを調達した。本調達を含め累計調達額は1億1000万ドルに到達している。 同サー…

Screen Shot 0001-08-27 at 10.15.43.png

ピックアップOn-demand parking startup SpotHero raises $50 million

ニュースサマリー:8月22日、オンデマンド・パーキングサービスを提供する「SpotHero」がMacquarie Capitalを筆頭とした7つのファンドからシリーズDラウンドにて合計5,000万ドルを調達した。本調達を含め累計調達額は1億1000万ドルに到達している。

同サービスを通じてドライバーは空いているパーキングエリアを手軽に検索・利用することができる。駐車は時間料金、もしくは月額料金での利用が可能。

Screenshot 2019-08-25 at 4.14.05 PM.png

駐車場として登録されているのは同社が保有しているものではなく、外部企業が運営しているもの。例えば空港やスタジアム・スーパー・公園・マンションなど様々な駐車場をプラットフォームに囲いこむ方法だ。

話題のポイント:従来ドライバーが街中で駐車場を探す場合、過去利用した駐車場の場所を思い出して利用するか、もしくは行き当たりばったりに見つけた駐車場に駐めるというのが一般的でした。しかしSpotHeroを利用すれば近場で最も時間効率がよく、かつ費用が安い駐車場を素早く発見することができます。

空港やスタジアムが月額で駐車場を公に貸し出すというのは個人的にも聞いたことないケースなんですが、SpotHeroでは利用可能です。駐車場を提供する施設からしても、これまで遊休資産となっていた場所を有効活用できるため双方に利益があります。

同社サービスのキーポイントは全ての駐車場で異なるPOSシステム(記事によれば40種以上)を一つのプロトコルでつなぐソフトウェアを開発したことです。また、ナンバープレート認識技術によって駐車サービスの自動運営を可能にしています。どの車がどの駐車場を利用しているかをSpothHeroのソフトウェア上で一元管理できるため、全ての駐車場を一つのプラットホーム上で扱うことに成功しました。

同社代表のMark Lawrence氏はTechCrunchのインタビューに対し以下のように答えています。

私たちが行ったことは、いわばパイプ作りです。駐車場プラットフォームとしてユーザーに新たな価値を提供しています。

現在SpotHeroは米国及びカナダの300以上の都市に計6,500を超えるネットワークを持ち、200以上の社員を抱えるほどに成長しています。今回の調達資金は、駐車場プロバイダー数の向上や、主にエンジニアの採用に力を注ぐために利用するとのことです。

Image Source&Credit : SpotHero

----------[AD]----------

SpotHero、シカゴに自動運転車用のガレージを500ヶ所導入

SHARE:

駐車場一覧と予約のスタートアップである SpotHero のビジネスの大部分は従来の車によるものだが、シカゴ拠点の同社は無人運転の未来に目を向けている。本日(7月10日)、同社はシカゴにある500ヶ所以上のコネクテッドパーキングを自動運転の車、トラック、SUV 車の収容に適合させていると発表した。 SpotHero と協力関係にある駐車施設マネジメントサービス業者 SP+のシニアバイスプレジデント…

SpotHero.jpg
Image Credit: SpotHero/Facebook

駐車場一覧と予約のスタートアップである SpotHero のビジネスの大部分は従来の車によるものだが、シカゴ拠点の同社は無人運転の未来に目を向けている。本日(7月10日)、同社はシカゴにある500ヶ所以上のコネクテッドパーキングを自動運転の車、トラック、SUV 車の収容に適合させていると発表した。

SpotHero と協力関係にある駐車施設マネジメントサービス業者 SP+のシニアバイスプレジデント Jeff Eckerling 氏は声明でこう述べた。

車と駐車の2つの技術の大きな進歩が、弊社のような駐車施設にドライバーの駐車体験を強化する大きなチャンスを作り出しています。ドライバーは予約から支払い、そして施設への入庫や出庫に至るまでシームレスな駐車体験を求めています。現在はドライバーが自分で車を停めていますが将来は自動運転車が操縦するようになるでしょう。そのいずれであっても、弊社と SpotHero の協力は真のビジネス展開と変化への準備に貢献しているのです。

改良された SpotHero のガレージはセンサーを備えており、自動運転車のオペレータが駐車スペースの予約と支払いをできるようにしている。このセンサーにはナンバープレートスキャナーやコネクテッドパーキングメーターも含まれている。ソフトウェアの面では、HeroConnect ソフトウェア開発キットと API が支払いを容易にし、車両、自動車メーカー、ライドシェアリング業者、そして都市が駐車データのやり取りをできるようにする。

Uber や Lyft、Waymo、その他数百もの自動車メーカーや自動運転車スタートアップが必要に応じて SpotHero から駐車スペースを借りることができるようになるということだ。

自動運転車で駐車がなくなるということにはなりません。

SpotHero の CEO 兼共同設立者の Mark Lawrence 氏は VentureBeat の電話取材でそう語った。

自動運転車1台は最大で普通の車両12台に取って代わり、必要となる駐車スペースも大幅に少なくなると研究者は予測している。だが Lawrence 氏は、自動運転車は再充電やメンテナンスのスペースを必要とし、そういったことは従来のガレージの設備でできることばかりではないと示唆している。

自動運転車は永遠に走り回るわけではありません。消耗したり壊れたりしますし、清掃や充電も必要です。弊社のガレージは自動運転の未来に向けて用意ができています。

サービスセンターやその他既存のインフラを作り変えて、自動運転車用の倉庫の代用にしようとしている自動車会社については、間違ったアプローチだと Lawrence 氏は述べた。都市中心部に戦略的に配置されたガレージは、駐車スペースを探す車によって引き起こされる渋滞のおよそ30%を削減できると同氏は言う。

Lawrence 氏は次のように述べた。

もし自動運転車が駐車場のために郊外まで行かねばならないとしたら、それは渋滞につながるでしょう。人々が必要とするところに停められている方がずっと良いのです。

自動運転車の駐車の問題に取り組もうとしている企業は SpotHero だけではない。2017年7月、Bosch と Daimler は割り当てられた駐車場所に自動で車を案内するバレーパーキングシステムを披露した。(ガレージと車両の両方でセンサーを使用するこのシステムは既存の車両や設備に追加導入が可能であり、キャパシティの20%の増加につながるとしている。)そして3月には Jaguar Land Rover と Ford が UK Autodrive project のプラットフォームにとらわれない特徴を持つ Collaborative Parking を披露した。これはオンラインのデータベースを用いて付近の駐車スペースを見つけるものである。

自動運転車の襲来に備えているのは自動車メーカーだけではない。カリフォルニアでは不動産開発業者の AvalonBay が、ロサンゼルスの集合住宅向けに車1,000台分のガレージを設計した。これは自動運転が普及し車の所有が減少したら他の目的に転用できるものである。

SpotHero は2017年7月に3,000万米ドルを調達し、直近では SpotHero for Business をローンチした。これは駐車料金の管理と支払いのためのツールを備えた、企業向けに特化したサービスだ。同社はアメリカとカナダの50の都市に5,000ヶ所の駐車場を持ち、1ヶ月間に数百万件の予約を取り扱っている。

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

----------[AD]----------

米国の駐車場予約サービス「SpotHero」、ライバルのParking Pandaを買収

SHARE:

駐車場所の在庫管理・予約サービスを提供するスタートアップの SpotHero がライバルの Parking Panda を買収した。買収額は公開されていない。 2011年にシカゴで創業した SpotHero は、米国全体で駐車場、土地の一区画、駐車係をドライバーとつなぐ。これまで同社は2,700万ドルを調達しており、今回のニュースは同社の活発な取り組みが注目されていた直後のことだった。今年2月には…

Image Credit: SpotHero/Facebook

駐車場所の在庫管理・予約サービスを提供するスタートアップの SpotHero がライバルの Parking Panda を買収した。買収額は公開されていない。

2011年にシカゴで創業した SpotHero は、米国全体で駐車場、土地の一区画、駐車係をドライバーとつなぐ。これまで同社は2,700万ドルを調達しており、今回のニュースは同社の活発な取り組みが注目されていた直後のことだった。今年2月には、駐車場の状況をサードパーティアプリに組み込める新しい開発者向けプラットフォームをローンチし、先月には法人向けの SpotHero for Business を立ち上げたばかりだ

Parking Panda は、同じく2011年にバルチモアで創業し、北米全体の駐車場をドライバーが検索・予約できるという類似のサービスをつくってきた。Parking Panda はイベント時の駐車予約に特に注力し、NHLなど何百ものスポーツチームと提携を結んできた。また、その他のアリーナや大型総合施設とも提携してきた。

Parking Panda は2016年にカナダに進出していることから、今回の買収によって SpotHero は初めての国際展開を遂げることになる。今のところ、トロントとエドモントンに限られてはいるものの。さらに、Parking Panda が B2B 領域に注力していることを考えると、SpotHero は今回の買収で法人向けの駐車サービスへの展開が加速すると思われる。

Parking Panda のテクノロジーを統合することで、「野心的なB2B製品への取り組みが加速するでしょう」と SpotHero はコメントしている。さらに、Parking Panda のエンジニアチームが SpotHero に参加すれば、SpotHero の既存のプラットフォームはさらに強化されるはずだ。

SpotHero は、2015年にサンフランシスコのライバル ParkPlease も買収している

(本記事は抄訳になります。)

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

----------[AD]----------