BRIDGE

タグ Watcha

韓国発映画レビューや動画配信サービス提供のWatcha(왓챠)、シリーズDでSBIなどから約17億円を調達——日本でも韓流コンテンツ配信へ

SHARE:

<ピックアップ> 왓챠, 190억 규모 시리즈D 투자 유치 映画紹介サービスや動画配信サービスを展開する韓国のスタートアップ Watcha(왓챠)は16日、シリーズ D ラウンドで190億ウォン(約17億円)を調達したと発表した。 今回のラウンドには、シリーズ C ラウンドに参加していた Maple Investment Partners(메이플투자파트너스)をはじめ、Atinum Inves…

<ピックアップ> 왓챠, 190억 규모 시리즈D 투자 유치

映画紹介サービスや動画配信サービスを展開する韓国のスタートアップ Watcha(왓챠)は16日、シリーズ D ラウンドで190億ウォン(約17億円)を調達したと発表した。

今回のラウンドには、シリーズ C ラウンドに参加していた Maple Investment Partners(메이플투자파트너스)をはじめ、Atinum Investment(에이티넘인베스트먼트)、Company K Partners(컴퍼니케이파트너스)、Quantum Ventures Korea(퀀텀벤처스코리아)、SBI Investment(SBI 인베스트먼트)、GAIA Venture Partners(가이아벤처파트너스)が新規に参加した。本ラウンドの調達を受け、同社の創業来の累積調達額は420億ウォン(約37億円)を超えた。

Watcha(当時の社名は Frograms=프로그램스)は2012年、映画のレビューとレコメンドサービス「Watcha Pedia(旧 Watcha )」としてローンチ。その後2016年に、オンライン動画ストリーミングサービス「Watcha(旧 Watcha Play)」をローンチした。年平均191%の売上成長を達成し、これまでのアプリダウンロード件数は570万回以上。約8万本の映画・ドラマ・ドキュメンタリー・芸能コンテンツを提供しており、韓国の動画配信サービス市場でドミナントプレーヤーとしての位置付けを確立した。今年に入って、独自制作の映画やドラマコンテンツの配信も開始している。

今年下半期には日本での動画配信サービスにも進出し、韓流や K コンテンツをテコにアジアや世界展開に向けた競争力強化にも着手する予定だ。

アジアでは最近、動画配信サービス業界の再編が続いている。今週には、韓国のソーシャルコマース大手「Coupang(쿠팡)」が東南アジアの動画配信サービス「HOOQ」の資産買収を発表。先月末には、中国のテック大手 Tencent(騰訊)がマレーシアのストリーミングサービス「Iflix」の買収を発表したばかりだ。

<関連記事>

<参考文献>

via Venture Square

ストリーミングビデオサービス「WATCHA PLAY」を運営する韓国のWatcha、シリーズCラウンドで1,200万米ドルの追加資金を調達

SHARE:

SVOD ストリーミングサービス「WATCHA PLAY(왓챠플레이)」を提供する韓国企業 Watchaは3月30日、シリーズ C ラウンドをクローズし、1,200万米ドルの資金を調達したと発表した。同ラウンドは Neoplux、AJU IB INVESTMENT、Cognitive Investment、LEO PARTNERS INVESTMENT、MG Investment、Songhyun…

watcha_play_korea

SVOD ストリーミングサービス「WATCHA PLAY(왓챠플레이)」を提供する韓国企業 Watchaは3月30日、シリーズ C ラウンドをクローズし、1,200万米ドルの資金を調達したと発表した。同ラウンドは Neoplux、AJU IB INVESTMENT、Cognitive Investment、LEO PARTNERS INVESTMENT、MG Investment、Songhyun Investment、Hashed がリードした。

この資金調達により、同社の調達額は合計2,100万米ドルとなった。2012年のシードラウンドで Kakao Ventures(Watcha は Kakao Ventures にとって最初の投資先企業である)から80万米ドルを受け取り、2013年のシリーズ A ラウンドで270万米ドルを調達。そして、2016年のシリーズ B ラウンドでは、550万米ドルを獲得している。

また、先週の金曜日(2018年3月30日)に Frograms から Watcha に企業名を変更した。それに伴い、Watcha という名前だった日本法人は、Watcha Japan に名称変更された。これを機に、ブランドアイデンティティをさらに強化したい狙いだ。

<関連記事>

2011年の設立後、同社は2013年に機械学習を駆使した個人向けコンテンツ推薦サービス「WATCHA(왓챠)」をローンチした。2016年1月には、第2のサービス「WATCHA PLAY」という SVOD ストリーミングサービスを開始し、「WATCHA」が収集した評価データを活用している。

韓国における第2次ベンチャーブームの中で真っ先に設立されたスタートアップの1つとして、同社は前述の「WATCHA」と「WATCHA PLAY」の運営で、7年間にわたり継続かつ安定的に活動してきた。

2017年、「WATCHA」は娯楽カテゴリーを書籍にまで拡大し、これまで420万件を超える評価データを収集している。現在、英語圏のユーザをターゲットにしたグローバルな展開に向け、準備を行っているという。「WATCHA PLAY」は最近、HBO や MBC などを含む複数の放送局とライセンス契約を締結しており、韓国の OTT 市場において一歩前進している。

Watcha の CEO である Taehoon Park(박태훈)氏は次のように述べた。

新たに調達したこの資金で、国内での存在感をより強いものにし、弊社の事業を世界へと展開していきます。

【via e27】 @E27co

【原文】

韓国発の映画レビューアプリ「Watcha」が、装いを新たに日本市場向けにサービスを正式リリース

SHARE:

韓国のスタートアップ Frograms(프로그램스、代表パク・テフン=박태훈)は、パーソナライズされた映画紹介サービス「Watcha(왓챠)」の日本向けサービスを正式ローンチしたことを明らかにした。Watcha は個人の好みを分析し、映画を推薦するサービスだ。ユーザは自分が見た映画の評価を付けると、機械学習による興味の分析アルゴリズムを用いて、それぞれの好みに合った映画を推薦してくれる。 韓国国内…

new-watcha-open

韓国のスタートアップ Frograms(프로그램스、代表パク・テフン=박태훈)は、パーソナライズされた映画紹介サービス「Watcha(왓챠)」の日本向けサービスを正式ローンチしたことを明らかにした。Watcha は個人の好みを分析し、映画を推薦するサービスだ。ユーザは自分が見た映画の評価を付けると、機械学習による興味の分析アルゴリズムを用いて、それぞれの好みに合った映画を推薦してくれる。

韓国国内においては、Watcha はすべての DVD タイトル、映画館の上映映画、IPTV で放映されている映画を網羅しており、NAVER や CJ グループの Vingo、SK ブロードバンドの BTV にサービスを OEM 供給することで売上を上げている。IPTV である Netflix においては、ユーザが選ぶ視聴コンテンツの60% がレコメンドに基づいたものであるとされており、特に近年、Hulu や Netflix といったサービスが上陸している日本においては、彼らの売上を伸ばす上でレコメンド機能を持つ Watcha が活躍できる可能性は少なくないだろう。

Frograms は昨年7月に Watcha の 日本語による iOS ベータ版を公開していたが、それから1年以上をかけて、日本市場への本格参入の方法を模索していたことになる。9月に開催された B Dash Camp においては、広告と動画配信サービス向けにデータベースのレンタルを想定しており、Netflix のような動画配信サービスを提供予定であることを明らかにしている。