THE BRIDGE

タグ Yoyo Holdings

YOYO Holdings、インフルエンサー20万人超を擁する「PopStar」を正式ローンチ——フィリピンとインドネシアで、のべ3億人へのリーチを実現

SHARE:

インドネシア・ベトナム・フィリピンでスマートフォン・ユーザ向けの報酬プラットフォーム「PopSlide」を展開する YOYO Holdings は19日、マイクロインフルエンサープラットフォーム「PopStar」を正式ローンチした。昨年7月にステルスの形でソフトローンチした PopStar は、この1年間でフィリピンとインドネシアでマイクロインフルエンサー20万人を集め、彼らのフォロワーの総和はの…

今年7月にマニラで開催された、PopStar のサービス開始1周年を祝うパーティー。
インフルエンサーなど約100名が集まった。
Image credit: YOYO Holdings

インドネシア・ベトナム・フィリピンでスマートフォン・ユーザ向けの報酬プラットフォーム「PopSlide」を展開する YOYO Holdings は19日、マイクロインフルエンサープラットフォーム「PopStar」を正式ローンチした。昨年7月にステルスの形でソフトローンチした PopStar は、この1年間でフィリピンとインドネシアでマイクロインフルエンサー20万人を集め、彼らのフォロワーの総和はのべ3億2,000万人以上に上るという。

インフルエンサー20万人という数字は、インフルエンサーマーケティングが注目を集めるアジア全域においても最大規模だ。これほどのインフルエンサーを集めることができた理由として、YOYO Holdings 創業者で CEO の深田洋輔氏は、インフルエンサーの流入経路として300万ダウンロードを誇る PopSlide を活用しマーケティングコストをほぼかけずに済んだこと、さらに、後述するが、同社がインフルエンサーマーケティングを一気通貫で管理できるシステムを作り上げることができたからではないか、と語ってくれた。

YOYO は、モバイルインターネットを無料にする、というミッションで創業して、そこから PopSlide や Candy が生まれた。しかし、創業してから7年し市場情勢も変わってしまった。もはや、インターネットを使っていない人は居ないし、パケ代も安くなってしまった。

会社の中で、果たして、PopSlide や Candy だけで社会的な価値を作り出せているのだろうか、という話になった。どうやったらインパクトが作り出せるのか、インターネットの向こう側に行けるようなサービスを作り出せないか。そんな思いから、PopStar が生まれた。(深田氏)

<関連記事>

PopStar ダッシュボードのオーディション画面(一部を加工してあります)
Image credit: YOYO Holdings

YOYO Holdings では、クライアントからのお題に合わせて、適切なターゲット層にハマりそうなインフルエンサーを探し、彼らにサンプルを提出してもらうオーディションの仕組みを構築している。そこからキャンペーンの展開、結果の報告書作成、クライアントへの請求やインフルエンサーへの報酬支払を一気通貫で運用できるダッシュボードを開発した。この仕組みを使うことで、YOYO Holdings では PopStar の全ての出稿案件を担当者数名で管理できているという。

東南アジアにおいて、インフルエンサーマーケティングはテレビ CM に続いて大きな市場になっている。日本などに比べ、東南アジアは若年層人口が多いことからデジタルシフトが進んでおり、主要な購買層にリーチするには、インフルエンサーマーケティングの方がむしろ効果的とも言える。それでいて、予算に応じた規模でキャンペーンを張れることから、ナショナルクライアントのみならず、ロングテールなビジネスや中小企業などにも、プロモーションできる機会を提供している。

PopStar のクライアントは、仮想通貨取引所、たばこメーカー、クレジットカード会社、大手薬局チェーン、下着メーカー、化粧品ブランド、子供向けプレイグラウンドなど実にさまざま。インフルエンサーの層が多岐にわたる分、あらゆる種類の商品を取り扱うことができ、さまざまな購買層にリーチできるのも特徴だ。

PopStar のダッシュボードでは、キャンペーンを一気通貫で管理できる。
Image credit: YOYO Holdings

従来から提供している PopSlide もユーザの継続率は高い。数字は出せないが、おそらく人気のあるモバイルゲームのリテンションレートよりも高いと思う。PopStar がうまくいっているのは、YOYO はやはりプロダクトの会社であり、自分で言うのもなんだが、プロダクトを作るのがうまくできているからではないだろうか。(深田氏)

セレブリティらによる YouTube マーケティングに代表されるデジタル進出とは対照的に、マイクロインフルエンサーの世界は、彼らの存在もまたロングテールであるためデータ化や見える化が遅れていた領域。システム化によりデータ・ドリブンなアプローチと効率化が図れれば、一大ビジネスチャンスを狙える可能性がある。YOYO Holdings は、この分野で2020年中にナンバーワンを狙うという。どのナンバーワンかを深田氏は言及しなかったが、それは自ずから世界ナンバーワンということなのだろう。

----------[AD]----------

東南アジアのモバイル報酬プラットフォームを開発するYOYOが、フィリピンの大手通信キャリア系企業と提携しユーザリーチを拡大へ

SHARE:

インドネシア・ベトナム・フィリピンでスマートフォン・ユーザ向けの報酬プラットフォーム「PopSlide」を提供する YOYO ホールディングスは、フィリピンの通信大手 PLDT/Smart 傘下のデジタルサービス子会社 Voyager Innovations(以下、Voyager と略す)と提携し、Voyager が提供する無料インターネット・サービス SafeZone のユーザ向けに、PopSl…

popslide-safezone

インドネシア・ベトナム・フィリピンでスマートフォン・ユーザ向けの報酬プラットフォーム「PopSlide」を提供する YOYO ホールディングスは、フィリピンの通信大手 PLDT/Smart 傘下のデジタルサービス子会社 Voyager Innovations(以下、Voyager と略す)と提携し、Voyager が提供する無料インターネット・サービス SafeZone のユーザ向けに、PopSlide サービスの提供を開始した。

SafeZone は、Zalora、Skyscanner、フィリピン航空など主要ブランド19社と提携しており、ユーザはこれらのブランドのオンラインサービスの利用と引き換えに、無料のモバイル・インターネット・サービスを利用できる。フィリピン・インドネシア・ナイジェリアなどでは、Facebook や Google などのサービス・プロモーションの一環で、無料のモバイル・インターネット接続サービスが提供されているが、SafeZone はこれらのコンセプトを踏襲し、キャリア主導の共通プラットフォーム上で複数のブランドが無料接続サービスを提供できるようにしたものだ。

<関連記事>

PopSlide の SafeZone への参加により、フィリピンの SafeZone のユーザは、スマートフォンのロック画面に広告が表示される「PopSlide」 の報酬プラットフォームで得たポイントを使って、容易に無料でモバイル・インターネットを楽しめるようになる。東南アジアにおける PopSlide のユーザ数は80万人だが、今回の提携を受けて、SafeZone のフィリピン国内ユーザ200万人の中から一定数が PopSlide サービスに流入することが期待できるだろう。

YOYO ホールディングスの共同創業者でCEO の深田洋輔氏は、今回の SafeZone との提携について、次のようにコメントしている。

PopSlide を提供する YOYO ホールディングスと、SafeZone を提供する Voyager は、プロダクトやパートナーを通じて、無料のインターネット接続サービスを接続することで、社会に進展をもたらしたいという共通のビジョンを持っている。今回の提携は、ビジネスと技術の融合を通じて、より影響力のあるコラボレーションをもたらすだろう。

SafeZone との提携を通じて、フィリピンに大きな機会をもたらせることを嬉しく思う。しかし、これはまだ始まりに過ぎない。東南アジアに、ユーザ・エクスペリエンスの破壊的なイノベーションをもたらす上での第一歩だと考えている。

一方、Voyager の COO である Benje Fernandez 氏は、次のようにコメントしている。

SafeZone によって、ブランドはユーザが常に持ち歩くデバイスを通じて、彼らの生活の中で常に露出する機会を得られる。PopSlide との提携は、フィリピン人に無料で完璧なデジタル・ライフスタイルを提供しようとする、グローバルスタートアップと協業を進めている Voyager のビジョンに沿ったものだ。PopSlide のユーザは、データチャージ無しで特典を使えるようになる。

YOYO ホールディングスにとって、地元の最大手通信キャリアのグループ企業との提携は、サービスの認知度を高める上でプラスに働くだろう。5月に深田氏に行ったインタビューでは、アンケートに回答することで電話通信料に変換できるポイントが得られる Candy と PopSlide をあわせて、東南アジア全体で100万人のユーザが居て、年内にはインドにも進出することを明らかにしている。

----------[AD]----------

東南アジア向けモバイル報酬プラットフォーム「PopSlide」のYOYOホールディングスが、KLab Globalやグリーベンチャーズらから数億円を資金調達

SHARE:

東南アジアで「Candy」や「PopSlide」など、携帯電話所有者向けの報酬プラットフォームを提供するYOYOホールディングスは今日、KLab Global、グリーベンチャーズ、エンジェル投資家から資金調達を実施したと発表した。調達した金額、エンジェル投資家については詳細は明らかにされていないが、周辺情報によると、数億円規模に上ると見られる。同社は昨年5月、グリーベンチャーズ、サイバーエージェン…

yoyo-holdings-group-pic

東南アジアで「Candy」や「PopSlide」など、携帯電話所有者向けの報酬プラットフォームを提供するYOYOホールディングスは今日、KLab Globalグリーベンチャーズ、エンジェル投資家から資金調達を実施したと発表した。調達した金額、エンジェル投資家については詳細は明らかにされていないが、周辺情報によると、数億円規模に上ると見られる。同社は昨年5月、グリーベンチャーズ、サイバーエージェント ベンチャーズ、インキュベイトファンドから1.3億円を調達している

今回のラウンドに参加した投資家のうち、KLab Global は日本のゲーム開発会社 KLab の世界展開向けサービス会社で、シンガポールに拠点を置いている。YOYOホールティングスは、主として、システム開発やビジネスオペレーションの多くをフィリピン・マニラで行っているが(法人登記はシンガポール)、KLab Global との関係に強化により、KLab Global 傘下の KLab Cyscorpions(マニラ市内)内にオフィスを移転、開発リソースの確保などの点において支援を受けるとしている。

YOYOホールディングスの社員数は約25名。アンケートに回答することで、電話通信料に変換できるポイントが得られる「Candy」と、スマートフォンのロック画面に広告を表示することで、電話通信料に変換できるポイントが得られる「PopSlide」をあわせて、東南アジアで100万人のユーザが居る。

共同創業者でCEO の深田洋輔氏によれば、今回調達した金額を用いて、技術開発のリソースの強化を図るとしている。

東南アジアでは、例えば、複数の SIM カードが挿入できて、複数の電話番号が扱えるような Android 端末も出回っているので、先進国では一般的ではない仕様の端末にも対応が必要になります。Facebook なども、回線が細い東南アジアの農村部でも快適に使えるような、特別な仕様のモバイルアプリをリリースしていて、同じように、市場にフィットした技術の開発を強化したいと考えています。

今回の調達とあわせて、以前、セカイカメラで知られる頓智ドットで PR やビジネス開発を担当し、東南アジアの市場可能性を見出すべくフィリピンに渡った康淳姫(カン・スニ)氏が YOYO ホールディングスに参画したことが明らかになった。彼女はマニラでITプロジェクトマネージャーを務める傍ら、日本のテックブログ Techwave への寄稿などを通じて YOYOホールディングスとの親睦を深め、同社のプロジェクトマネージャー兼リクルーター就任に至った。

YOYO ホールティングスは、”Next Billion Market” と称して、世界人口の3分の2に匹敵する数十億人規模の市場を獲得しようとしており、現在のインドネシア(PopSlide / Candy)、フィリピン(PopSlide / Candy)、ベトナム(PopSlide のみ)、タイ(Candy のみ)に加え、年内にもインド市場への参入を計画中だ。メッセージアプリなどと異なり、スマートフォンのロック画面を用いる「PopSlide」は、同種の競合サービスとの共存が難しいため(一台のスマートフォンで複数のメッセージアプリを使うことは一般的だが、ロック画面は一つしかないので複数の同種アプリを併用するユーザは稀)、深田氏は、この分野でドミナント・サービスの座をいち早く獲得したいと語っている。

YOYO ホールディングスは、今年4月に開催された新日本経済サミットのスタートアップ・コンペティションで優勝Infinity Ventures Summit(IVS) 2014 Fall で2位を獲得しており、IVS での受賞が今回の KLab Global からの資金調達につながったことを明らかにしている。

----------[AD]----------

モバイル報酬プラットフォーム「Candy」のYOYOホールディングスが、グリーベンチャーズ、CAV、インキュベイトファンドから約1.3億円を調達

SHARE:

※この記事は英語で書かれた記事を日本語訳したものです。英語版の記事はコチラから。 オンライン・リワード・プラットフォーム Candy を提供する YOYOホールディングスは今日、グリーベンチャーズ、サイバーエージェント ベンチャーズ、インキュベイトファンドから約1.3億円を調達したと発表した。YOYOホールディングスは調達資金を使って、マーケティングを強化しバックエンド・インフラストラクチャーを増…

YOYO-holdings

※この記事は英語で書かれた記事を日本語訳したものです。英語版の記事はコチラから

オンライン・リワード・プラットフォーム Candy を提供する YOYOホールディングスは今日、グリーベンチャーズサイバーエージェント ベンチャーズインキュベイトファンドから約1.3億円を調達したと発表した。YOYOホールディングスは調達資金を使って、マーケティングを強化しバックエンド・インフラストラクチャーを増強したいとしている。

YOYOホールディングスは、DeNA出身の深田洋輔氏(下のビデオ)と尾崎良樹氏が2012年10月にローンチしたスタートアップで、ユーザがマイクロタスクをこなすことで、プリペイドの電話料金を提供するリワード・プログラムを展開している。このサービスは現在フィリピン、インドネシア、タイで利用可能で、同地域に25万人以上のユーザを擁する。

この分野では、日本のインターネット企業ユナイテッドが DreamGiver という類似サービスを提供しており、DreamGiver は主にフィリピンのスマートフォン・ユーザを対象としている。

----------[AD]----------

新興国向けモバイル報酬プラットフォームCandy—CEO深田氏が語る、これからの東南アジア展開

SHARE:

※この記事は英語で書かれた記事を日本語訳したものです。英語版の記事はコチラから。 Candy は、日本のスタートアップ YOYO Holdings が作ったモバイル報酬プラットフォームだ。[1] ユーザは依頼されたアンケートの回答、アプリのインストール、バナーのクリック、レビューの書き込みなどマイクロタスクを完遂すると、電話の無料通話時間やプリペイド・クレジットの形で報酬が提供されるソリューション…

※この記事は英語で書かれた記事を日本語訳したものです。英語版の記事はコチラから

Candy は、日本のスタートアップ YOYO Holdings が作ったモバイル報酬プラットフォームだ。[1] ユーザは依頼されたアンケートの回答、アプリのインストール、バナーのクリック、レビューの書き込みなどマイクロタスクを完遂すると、電話の無料通話時間やプリペイド・クレジットの形で報酬が提供されるソリューションだ。新興国においては、クレジットカードやオンライン決済が普及していないため、このようなしくみには大きなビジネスチャンスが存在する。

Candy は今年3月にフィリピンでローンチしたが、これまでのところ業績は順調のようだ。4月の終わりまで入会を受け付けていた新ユーザは、受付開始後最初の3週間で3万人に達し、現在の会員数は4.7万人、さらに1.8万人が入会待ちをしている状況だ。現在のユーザの多くは10代や20代で、その64%が男性だ。

candy-280x185最近、YOYO のエグゼクティブ・オフィサー Arnab Gupta と会う機会があり、新興国の多くのモバイル電話会社が提供できていないものを YOYO は提供していると説明してくれた。これまでに書いたサービスに加え、Candy は電話会社が手に入れられないような細かいユーザ情報を収集できるしくみとしても機能している。これには、名前、電話番号、年齢は言うまでもなく、学歴、業界、収入、職歴などの情報も含まれる。

したがって、アンケートやレビューの必要が生じたとき、フィリピンのような新興市場を知りたい広告主や企業にとって、Candy が提供するサービスは魅力的に映るのだ。

現在の Candy の顧客リストに目をやると、驚くべきことに、既に海外展開にも手慣れた多くの有名日本企業が名を連ねている。YOYO の最初の目標はフィリピンで成功することで、同様に他の新興市場でもトップのモバイル・プラットフォームになりたいと考えている。そのような背景から、YOYO のチームはマニラで活動しており、今年末までにタイやインドネシアにも進出する計画だ。同社は特にスマートフォン市場に大きな可能性を見出しており、そのような市場での営業展開を注力するようだ。

数週間前の Rising Expo の取材記事の中で、彼らについて簡単に触れたのを覚えているかもしれない。同社の成功が続けば、数ヶ月のうちに Candy のチームからより多くの話を聞くことができるだろう。

YOYO のチームメンバーはよい市民として活動することも忘れておらず、今月、台風30号(アジア名:Haiyan)の被害に遭ったフィリピンの人々に、無料通話を提供するプログラムを立ち上げた。プログラムの詳細は、ここから確認できる。

Candy についての詳細は、上にある創業者兼CEO の深田洋輔氏のビデオ・インタビューを参照してほしい。

Yoyo Holdings staff


  1. 同社は、シンガポールで登記されている。 ↩
----------[AD]----------