THE BRIDGE

タグ YY Education

Tencent(騰訊)がついにオンライン教育市場に進出し、ライブビデオ授業機能がグループビデオチャットに追加

SHARE:

Tencent(騰訊)がオンライン教育サービスをリリースするのを皆が心待ちにしていた。 時価総額、ユーザベースで中国最大のインターネット企業がこのような潜在性のある市場を見逃すはずがないからだ。 TencentのQQ IMの最新版で、グループビデオチャットサービスに教育モードが追加された。これを使って、先生はQQ上で生徒のグループに対してライブの授業を直接行うことができる。パワーポイントのサポート…

QQEducation

Tencent(騰訊)がオンライン教育サービスをリリースするのを皆が心待ちにしていた。 時価総額、ユーザベースで中国最大のインターネット企業がこのような潜在性のある市場を見逃すはずがないからだ。

TencentのQQ IMの最新版で、グループビデオチャットサービスに教育モードが追加された。これを使って、先生はQQ上で生徒のグループに対してライブの授業を直接行うことができる。パワーポイントのサポート授業用など、いくつかのツールも用意されている。

オンライン教育は中国で巨大な市場になることが見込まれているため、どの企業が参入してきても驚くことはない。Alibaba(阿里巴巴)は教師/教育機関向けのマーケットプレイスを数か月前にローンチし、ライブもしくは録画されたビデオ授業、その他の教育用教材、オフライン授業のチケットを販売している。

Baidu(百度)は教育サービスプロバイダーがビデオ授業や他の教育用デジタルコンテンツを販売できるデジタルコンテンツマーケットプレイスを始めた。2011年後半に設立された独立系オンライン授業マーケットプレイスのChuanke(伝課)はBaiduから資金提供を受けた。買収の可能性含みでTencentが同社に以前アプローチしたことがあると伝えられている。2013年前半は投資と買収の波が吹き荒れた。

しかし、これら有名どころは皆、後発企業だ。YYはリッチメディア通信サービスプロバイダーで、2011年の半ばにYY Education(YY教育)をローンチしている。その頃から歌のショー向けにオンラインプラットフォームを運営していたため、どんな分野に進出するのも、パフォーマー(先生)とオーディエンス(生徒)をつなぐ仕組みなら簡単だった。

YYによれば、800の教育機関と2万人の先生がプラットフォーム上で10万以上のコースを提供している。月間アクティブユーザ数は600万人に達している。しかしYY Educationは、2年経っても親会社の収入源としてほとんど貢献していない。YYの主な収入源は、歌のショー向けプラットフォームで販売しているバーチャルアイテムやオンラインゲームの売上だ。

サードパーティーが提供するコースを利用してYY Educationがオンラインでお金を稼ぐには、まずはできる限り先生たちが実際のクラスでお金が稼げるように支援する必要があると、YYのCEOであるDavid Xuelin Li(李学凌)氏は最近行われた業績発表で語った。また、そうすることでオンラインに関心を持つプロバイダーも増え、そこからビジネスモデルが生まれる可能性があるという。

YYは同社プラットフォーム上で少しばかり手助けをして、多くの参加を引きつけることに成功した。YY上で授業を行っているXswlpx.com(邢師網絡学院)というオンラインコンピュータスキルトレーニングサービスは、6000万元(1000万米ドルをやや下回る金額)分の収益を 2012年に上げ、今年初めに資金調達を行った。

【原文】

----------[AD]----------

オンライン学習サービス「schoo」が伊藤忠テクノロジーベンチャーズ、インキュベイトファンド、ANRIから1億5200万円を調達

SHARE:

「学び」をテーマにしたオンラインビジネスが注目されている。今日もまたひとつ、新しいステージに進んだスタートアップが現れた。 ネット上での生放送を活用した学習サービス「schoo(スクー)」は7月2日、伊藤忠テクノロジーベンチャーズ、インキュベイトファンド、ANRIを引受先とする第三者割当増資の実施を発表した。調達した金額は総額で1億5200万円で、ANRIとインキュベイトファンドについては2012…

「学び」をテーマにしたオンラインビジネスが注目されている。今日もまたひとつ、新しいステージに進んだスタートアップが現れた。

ネット上での生放送を活用した学習サービス「schoo(スクー)」は7月2日、伊藤忠テクノロジーベンチャーズ、インキュベイトファンド、ANRIを引受先とする第三者割当増資の実施を発表した。調達した金額は総額で1億5200万円で、ANRIとインキュベイトファンドについては2012年10月にも第三者割当増資を実施しており、今回が二回目となる。

c40eecd0ce2683d13ee3776ff02e7fc9

schooは2012年1月の公開されたオンライン学習サービス。「世の中から卒業をなくす」というコンセプトの元、これまでに130以上の幅広い講座コンテンツを提供している。現在のユーザー数は4万人で、20代後半から30代前半のビジネスパーソンが中心だという。

今回の増資により、schooプラットフォームを外部の学校や団体などに提供する仕組みづくりを進めるそうで、必要とされるエンジニアやコンテンツディレクターなどの人材強化にあたるとしている。

教育や学び関連ビジネスの盛り上がりについては、このような記事でもお伝えしている通り、知育アプリのスマートエデュケーションやオンライン家庭教師のmana.bo、ちょっと変わったところでは学びのマーケットプレース「Street Academy」などがここ数カ月の間に調達を発表している。教育や学びというのは幅が広いので、一括りにはできないが興味深い傾向だとは思う。

スクー代表取締役社長の森健志郎氏に、投資家が注目するオンライン教育ビジネスのモデルについて聞いてみたところ、スクーとしては現在まだビジネスを考えるフェーズにはないとしつつもこんな答えを返してくれた。

「『熱狂をお金にする』というのはコンセプトにあります。生放送とコミュニケーションの掛け合わせが生み出す熱狂をコマースなどでお金にしていくという方向性は変わりません。また、プレスにも記載した通り、プラットフォーム化を目指しているので、そこに対する課金(販売手数料や、コマース手数料)なども考えられるかもしれません。

ただし、基本的には「世の中から卒業をなくす」ためには、スポットでなく積み上げ型のビジネスモデルを考えていく必要があるので、今後も「有料会員限定機能」を段階拡張させ、ユーザースケール目指すことで、有料会員収益と高い継続率を目指します」(森氏)。

従来Eラーニングと呼ばれた時代とは違い、ソーシャル性などが加味された分、ビジネスモデルについても広がりが感じられるので、こういった可能性に期待感が生まれているのかもしれない。2013年12月に100万人ユーザー獲得を目指しているスクー。彼らは「Eラーニング」と呼ばれた過去のイメージを吹き飛ばすことができるだろうか。

----------[AD]----------

中国オンライン教育業界の現状

SHARE:

【原文】 中国のテック業界もオンラインによる教育改革を見逃してはいない。100を超えるオンライン教育のスタートアップが生まれている。オンライン教育は、共同購入サイトなどよりも正当だと説得しやすいビジネスだ。質の高い教育が都市部に集中する大きな国では、名声のある教師か営利目的で運営されている学校はインターネットを通じて、より多くの生徒を取り込み、より多くの収益を上げることができる。 既存の教育機関や…

【原文】

中国のテック業界もオンラインによる教育改革を見逃してはいない。100を超えるオンライン教育のスタートアップが生まれている。オンライン教育は、共同購入サイトなどよりも正当だと説得しやすいビジネスだ。質の高い教育が都市部に集中する大きな国では、名声のある教師か営利目的で運営されている学校はインターネットを通じて、より多くの生徒を取り込み、より多くの収益を上げることができる。

既存の教育機関やオンラインサービスはこれまで良い思いをしてきた。10年前に設立されたNew Oriental Education(新東方教育)のオンラインビジネスであるKoolearn(新東方在線)は、6年連続で収益が50%増化し、オフラインのクラスに比べてマージンも高いとCEOは語る(中国語記事)。2001年に設立された言語学習サイトHujiang(滬江)は今年の収入は1億元(1,600万米ドル)で、1,500万人の登録ユーザがいるという(中国語情報源)。

他の中国版コピービジネスと違い(公開オンライン講座「MOOC」やShareskillスタイルのものを除いて)、中国のオンライン教育サービスのほとんどは自国ならではの方法が取られている。1)ほとんどのオンライン授業は試験対策用、2)ユーザ獲得には教師が鍵、3)設立者のほとんどが技術畑出身で、教育分野ではない、4)ほとんどのコースは有料、などなどだ。

試験重視&教師中心

New Oriental Educationなど中国の有名私立学校のほとんどは試験対策と言語学習に力を入れている。オンライン教育も同様で、今後もそうであることを期待されている。教育システム全体において、教師は社会から大変尊敬されている存在であり、教師には子どもに試験で高得点を得る手助けが求められている。

中国語で教師を意味するLaoshi(老師)は、生徒と教師が取引できるプラットフォームだ。このウェブサイトは生徒の授業料を全ての授業が終了するまで預かり、生徒が授業に満足しない場合は残りを返金する。生徒は全ての授業後に教師を評価したりレビューすると現金でキャッシュバックが受け取れる。

中国語でチョークを意味するFenbi(粉筆)は、自らを「プロの講師と生徒のインタラクションプラットフォーム」と称している。マイクロブログフォーマットの機能で生徒は講師やスクールをフォローしたり、ノートや資料を読んでタイムラインフィードに投稿したり、教師やスクールがアップロードした学習資料にアクセスしたり、Q&Aに参加したりすることができる。

プラットフォームはおそらく中国人が人生で遭遇するであろう全ての種類のテストをカバーしている。前Netease(網易)ニュースサービスチーフエディターのLi Yong(李勇)氏と同僚が創設した同社は、Aラウンドの資金調達でIDGから1,000万元を調達し、向こう2年は収益化を危惧する必要がないという。

教育分野出身の創設者たちがほとんどいない

創設者のほとんどがエンジニアやテックメディアなどの技術畑出身だ。教育分野のバックグラウンドを持つのは主に小学校・中学校で働いている教師で、テストの準備において学校外授業を行い、報酬を得ている。

中国の高等教育システムの職員がCourseraのようなオンラインサービスを構築したり、Khan Academyのような魅力的なオンライン授業を提供することは想像し難い。現在のところ、教授や大学講師がオンライン授業を行っているという話は聞いていない。

ひとりでも多くのユーザや業者を獲得する必要があるソーシャルネットワークやグループ購入サイトの構築とは違い、オンライン教育サービスの鍵となるのはコンテンツと機能的な授業である。全てのオンライン教育アクティビティを可能とする万全な技術サポート体制を整備したサイトは存在していたが、ほとんどは専門的にうまく系統立てられた授業の提供はしていない。

Taobao(淘宝)

そう、Taobao(淘宝)は何でも取り扱っている。自作の教育ビデオを販売して良い暮らしができている人もいる。必ずしも教師でなくてもいいし、パートタイムで教えてもいい。

教育機関もTaobaoのTmall(天猫)に店舗を設置している。中でもNew Oriental SchoolとHujiang Online Schoolは今年の11月11日に実施されたマーケティングイベントにも参加した。教育機関が半額でオンライン授業を提供するのは初めてのことだ。Taobaoの発表したデータによると、教育市場の取引高はその日2億元(3,200万米ドル)に達した。(中国語情報源

YY Education(YY教育)

バーチャル通貨を使ってユーザはYYソフトウェアでYY Education(YY教育)のオンライン授業にアクセスできる。YYは2011年6月に教育ビジネスをローンチしており、人気と収益において同社のYY Musicと肩を並べるものにしようとしている。しかしこれまでのところ、他のオンライン教育スタートアップとの差別化は見受けられない。

中国の教育市場は立派な校舎の私立学校が開校して以来、変化を続けている。文化大革命後、そして経済改革の時代に成長した親たちは既存の教育システムを嫌い、良い教育を子供たちに受けさせるためには、貯蓄の中から大枚を投じることをいとわない。

けれども、それは彼らとその子供たちが質の高い教育というものをどう定義するかに大きく左右される。彼らにとって、より良い教育とは、西洋の先進国において勉強すること、あるいは専門的な資格を得ることだろう。だから、教育市場はこれからもやはり試験対策、そして言語学習を扱うものが中心となる。

以前には教育関連のリソースに少ししかアクセスできなかったスタートアップにとって、生き残るためには、消費者から受け入れられるコンテンツをどこで仕入れるかについて考え出さなくてはならない。オンライン教育のトレンドが中国の教育制度を変えるか否か、についてはどうだろうか?まあ、それにはまだまだ時間がかかるに違いない。

【via Technode】 @technodechina

----------[AD]----------