学生をスター起業家に育て上げる、中国のアクセラレータプログラムChinaStars(中国星)

SHARE:

【翻訳 by Conyac】 【原文】

インキュベータ、アクセラレータなど、スタートアップを成功の道へと推進させるようデザインされたプログラムは増加の傾向にある。Innovation Works(創新工場)YuanFen Flow(緑分匯、北京のスタートアップリーダーシッププログラム、大連のChina Accelerator(中国加速)、杭州のTiSiWi(天使湾創投)などがそうである。これら全ては、米国のY Combinator や TechStarsなどが成し遂げた成功に対抗するべく労力を注いでおり、10億ドルの価値を持つAirbnbやDropbox のような企業を築き上げることを目指している。

Trilogy Ventures、ChinaStars(中国星)の事業開始

ChinaStars(中国星)と呼ばれる新顔が、この分野の競争に参戦した。Trilogy VenturesのSteven Bell氏率いるこのChinaStarsは、中国の主要大学の主席の学生に注目するという方法を、このアクセラレーションプログラムに取り入れている。

これは、Trilogy社が大学キャンパスを訪問することから始めて、学生の起業家を見つけ出そうとしていた従来のアプローチを発展させたものだ。Trilogy社のアプローチとその他の投資家達のアプローチの違いは、Trilogy社ではかなり早めの段階でのアプローチを取ることで、そのターゲットが大学生なのである。10歳児をターゲットにでもしない限りは、これ以上若いターゲットに焦点を置くことは難しい。


72時間の集中ハッキング、そして90日間のハッスル

ChinaStarsではまず最初に、エネルギーがぎっしり注がれた72時間に渡るハッカソンの時間を設け、指数関数的に成長し続けているWeibo(微博)のプラットフォーム上に、非常にクールなソーシャルモバイルアプリのデモ版を作り上げる。ハッカソンの後、一番見込みがあるとされたチームは、2万4000人民元(約30万円)と90日間のアクセラレーションプログラムに参加するチャンスを与えられ、驚異的に素晴らしいアプリをローンチさせるためのサポートを受ける。

彼らはアプリを開発するだけではなく、ユーザやマインドシェアを魅了し続ける必要がある。90日間が終了するとChinaStarsはデモデーを設け、投資家達を招く。最良のチームに対して投資をおこなう可能性もある。

北京と上海でのスター発掘の活動

北京のハッカソンは10月21日に開催されたが、Trilogy VenturesのMelody He女史は、「学生達の斬新なアイデアと実行能力に驚かされた」と述べている。6つのチームは90日ハッカソンの参加チームとして選ばれた。明日(原文掲載11月17日)上海交通大学トレーニングセンターにて開催されるハッカソンでは、上海の学生達が皆に感銘を与える番だ。ハッカソンの形式についてはこちらから。

興奮を高めるため、ChinaStarsは素晴らしい一流基調講演者を招いた。Angry Birdsの成功の影に存在する人、RovioのPeter Verstabacka氏、そしてMobile 2.0の設立者であるLeo Wang(王利杰)氏だ。

学生達に夢を

Chinastarsは、学生達に彼らのアイデアを実現する機会と、さらに彼らの潜在的可能性に気付かせるための機会を与えるための手助けをしている。長い間、Steven Bell氏は、中国の花形の学生達のすばらしさや、その渇望感が成功するスタートアップの源であると信じてきた。そして、さらに重要なのは、学生に自信を与えることは、何事にも変えがたいものと信じてきてことだ。

【via Technode】 @technodechina