スタートアップには〝リアルタイム〟な計画が必要

SHARE:

【翻訳 by Conyac】 【原文】

The big battle plan? Credit: wrath85.deviantart.com

読者の皆は、自分のスタートアップのための計画を立てているだろうか。ほとんどの人が計画を立てていると言ってもいいだろう。だが計画は一つではなく、いくつかのパターンが必要だ。計画を立てている人はあなた一人ではない。私は、計画が一つでは不十分だということを学んだ。すべてのことが目まぐるしく変化し、あまりに多くのことが変わっていき、手に負えない状況になる。時としてくだらないことが起こることもあり、ある結果を出すときに起業家としての自分たちの能力を買いかぶることもある。またユーザからのクレームが起こり、計画全体を止めてしまう結果となることもあるのだ。

ともかく、ここで言いたいことは計画を一つしか持たないのは危険だということだ。目標を成し遂げるために、とても多くの異なるシナリオに合うような、たくさんの計画が必要である。見込みのない状況はひどい行動を招いてしまう。だが、順調に進んでいるときには強気の計画でいくことが適している。流れにのることだ。

わたしたちのチームでは、商品とビジョンにとても注力している。商品はコンテンツであり、コンテンツ、文章、すべての状態をベストな品質に保つようにしている。また、私たちはあるイベントを控えており、コンテンツの質を高めておくように真剣に取り組み、参加する人にもしない人にも良い経験ができるようにしている。我々のビジョンというのは、アジアのコミュニティをできる限り前進させることだ。

私たちの心に刻まれた製品とビジョンとともに、実行するための確実で、リアルタイムな計画が必要である(例:時間、状況とともに変化し、効果的な役割を果たす計画)。これはただ何かが起こるのを待ち、それに対処するだけというわけではない。製品の開発やビジョンを追い求めることにもっと活動的にならないといけない。これはチームのビジョンと読者のフィードバックに沿って、要望を満たすのに十分な素晴らしいコンテンツを作り上げ、アジアで起きている情報を世界に伝えることである。

これまでのことが、大胆な信頼とともに広がりを見せている、我々が着実に進めている成長プロセスである(最近の記事「大胆に前進し、ただ実行あるのみ」を参照)。言わばこれが「リアルタイム」な計画なのだ。多少まとまらないこともあるが、この小さなチームを動かしている元になっているものである。

【via PennOlson】 @pennolson