画像アプリ・スタートアップCoolirisに、NTTドコモが資本参加を発表

by Masaru IKEDA Masaru IKEDA on 2012.6.19

シリコンバレーを拠点に、3D画像表示アプリを開発するスタートアップ Cooliris については、Startup Dating でもこれまで、LiveShare 日本語版リリース新デザインローンチの話を報じてきた。先頃には、同じくシリコンバレーの広告スタートアップ Amobee が、Cooliris の3Dモバイル広告部門「Adjitsu」を買収したことは記憶に新しい。

そして今朝、新たなニュースが飛び込んできた。NTTドコモの投資部門ドコモ・キャピタルが Cooliris に出資することになった。出資額やシェアなどにつては明らかにされていない。

ドコモはこれまでに Evernote や Eye-fi などのスタートアップと積極的に手を組んできたが、これと似た動きとして最近、シンガポールの SingTel が Adjitsu を手にした Amobee を3億2千万ドルで買収している。ドコモも、SingTel も、アジアのテレコム・オペレータとしてはスタートアップへの投資に積極的な存在であり、スタートアップにとっては、ユーザとお金の両方を併せ持つ魅力的なパートナーだ。投資する側と投資される側、双方の利害関係の一致から、今年はこの種のパートナーシップが、アジアでは特に顕著になる傾向が見受けられる。

 

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------