モノづくりをテーマとしたクラウドソーシングサービスのプラットフォーム「メイカーズワークス」

SHARE:


makers works

クラウドソーシングサービス「クラウドワークス」を提供する株式会社クラウドワークスは、モノづくりをテーマとしたクラウドソーシングサービスのプラットフォーム「メイカーズワークス」の提供を開始した。

クラウドワークスは、2012年3月21日のサービスリリース以来、2014年5月までの累計発注社数は約3万社に増加、登録された仕事の予算総額は100億円を突破し、サービス開始からの2年で月間流通総額は20倍以上に成長している。会員登録も16.5万名を超え、拡大するクラウドソーシング市場でも際立った成長を見せている。

「メイカーズワークス」は、製造業・建設業などのリアルなモノづくりの現場と全国のフリーランスをつなぐための新たな取り組み。クラウドソーシングサービス「クラウドワークス」のサイト内で企画・設計・検証・販売などの、モノづくりにまつわる各種工程の業務のクラウドソーシングを円滑に行うためのプラットフォームだ。

クラウドワークスでは今後、「メイカーズワークス」を通じて、製造業・建設業に携わる事業者とプロダクトデザイナーや機械・回路・建築・雑貨などのCAD設計者・オペレーターをはじめとした、モノづくりにかかわるスキルを持つ全国のフリーランスとのマッチングの機会を提供していく。

3Dプリンタなどの機材の導入の他、こうしたアプローチからも製造業の変化は起きそうだ。