Showcase Gigが事前決済やビーコン活用を含めた注文システム「スマートオーダー」を開発、飲食体験の未来へ

SHARE:

IMG_0010_2

モバイルウォレット「O:der(オーダー)」を提供するスタートアップ Showcase Gig(ショーケースギグ)は、首都圏で飲食店を展開するユナイテッド&コレクティブと共同で新たな注文システム「スマートオーダー」を開発したことを24日の記者会見で発表した

同システムはユナイテッド&コレクティブが運営するハンバーガーレストラン「the 3rd Burger」で明日6月26日から導入を開始する。以下は「スマートオーダー」の説明映像だ。



ユーザは「O:der(オーダー)」をダウンロードし、クレジットカード情報を事前に登録しておくと、アプリ画面から注文ができるだけではなく、クレジッでの会計も可能になる。これまで「O:der(オーダー)」のアプリでは決済は店頭で行っていた。

アプリを通じて注文・決済すると、ユーザには注文内容を明記したチケットが作成され、店舗では接客スタッフやキッチンへの指示が行われる。ユーザの来店前に調理が開始され、調理が完了するとユーザに通知する。

ユーザが来店するとBeaconセンサーがそれを検知する店舗は注文ナンバーを確認し、ユーザに商品を渡す。ユーザはこのシステムで注文を行うと、店頭での支払いもなく、列に並ぶこともなく商品の受け取りが可能になる。

導入前にユナイテッド&コレクティブが店舗で実施したトライアル運用では、昼のピークタイム1件あたりのオーダー処理スピードが従来の2倍以上に向上したという。

距離に応じてビーコンを活用した体験の提供

さらに、モバイルウォレットサービス「O:der(オーダー)」における新機能としてビーコンによるユーザの来店検知と、ビーコンを活用したタッチ式非接触認証によるスタンプ付与、クーポン配信などが可能となった。同社の発表では、このiOSでのタッチ式非接触認証対応は世界初だという。

「O:der ビーコン来店認証機能」では、「O:der(オーダー)」に登録しているユーザが店舗に近づくと、センサーがユーザの接近を感知し、店舗スタッフに来店を通知。ユーザアプリへの通知も可能となっている。ビーコンの範囲は10~20m程度。

また、今回導入される「O:der ビーコンタッチ式認証機能」では、iPhone では実現が難しかったNFC型のタッチ式非接触認証が可能になった。

これまではビーコンの特性上、近距離での端末認証は難しいとされており、Suica やおサイフケータイのようにレジ横で端末をかざしてサービスを利用することができなかった。「O:der ビーコンタッチ式認証機能」を使えば、iOSでも利用可能な近接認証スタンプ付与サービスの提供を行うことができる。

今後、「スマートオーダー」は、時間指定での商品受け渡しを可能とする新機能の提供も予定しているという。店頭で注文するという行動には、まだまだ変化の余地がありそうだ。

----------[AD]----------