岡山大学が重度の肘関節破壊に対する新しい人工肘関節を開発

SHARE:


PROSNAP

岡山大学大学院医歯薬学総合研究科(医)の西田圭一郎准教授のグループは、京セラメディカルと共同開発した新しい人工肘関節を2007年11月より臨床応用してきた。その良好な術後成績が認められ、米国科学雑誌「J Shoulder Elbow Surg」に掲載されたことを発表した

岡山大学整形外科では、1982年から日本人骨格に適した岡山大学式人工肘関節を開発し、特に関節リウマチで破壊された肘関節の再建に使用してきた。

骨性に強直して不動となった関節、重度の骨破壊・骨欠損により安定性が失われた関節、上腕骨遠位端の重度の粉砕骨折で通常の骨接合術では再建が困難な関節、過去に行われた人工関節が破綻した例に対する再置換術の際にはこの人工関節では対応できなかったという。

これらの病態に対しては米国製の人工関節を用いて再建してきたが、サイズの問題や手技の煩雑さの問題もあり、合併症も少なくなかったそうだ。

新しく開発された人工関節

新しく開発された「PROSNAP人工肘関節」は、京セラメディカルとの産学共同研究で2003年頃から設計に着手し、厚労省の認可、手術器具の改良を経て2007年から岡山大学病院を中心に臨床応用が開始された。

新しい人工関節は、半拘束型の人工関節であり靭帯組織が破綻した関節でも再建が可能、比較的骨格の小さい日本人の関節再建に適している、上腕骨側コンポーネントの緩みを防止するための前方フランジを組み立て式として術中の骨移植を不要にした、スナップイン方式を考案し上腕骨、尺骨それぞれの人工関節を骨内にセメント固定後に安全に関節部の組み立てが可能である、などの特徴を有しているとのこと。

PROSNAP_2

2007年以降、本人工肘関節を用いて肘関節の再建を行った関節リウマチ患者のうち、2年以上経過観察が可能であった17肘について平均約4年の臨床成績を解析したところ、国際的な基準で術前58点であった肘関節は手術により最終観察時平均97点まで改善し、また合併症は1例1肘のみで、術後の打撲による上腕骨内顆骨折であり保存的に復したという。

これまでの良好な臨床成績を受けて2014年4月には量産体制に入っており、今後全国規模での使用を見込んでいるという。本人工関節の臨床使用により、通常の人工関節では再建が困難であった肘関節でも、比較的安全に良好な臨床成績を得ることが可能となり、これまでに感染症や再手術は回避できているとのことだ。