CIツールと連携した継続的セキュリティテストを実現する「VAddy」が全世界版のリリースに向けて始動

SHARE:
VAddy-English-website
VAddyの英語版ティザーサイト

継続的Webセキュリティテストサービス「VAddy」(バディ)が、グローバル版のサービス提供に先駆けて英語版のティザーサイトをオープンしました。

VAddyはCIツールと連携して、開発の初期段階から継続的なセキュリティテストを実現するクラウド型サービス。2014年10月のリリースした日本語版は、毎月約50%増のペースでユーザーを獲得し、既に じげん など複数企業の実業務で活用されています。

昨今、CI(Continuous Integration)の開発手法をとる企業は増加傾向にあり、例えば、CIツールの「Jenkins」のインストール数は、全世界で10万超。VAddyは、今後ますます伸びて行くであろう「Jenkins」「TravisCI」「CircleCI」といったCIツールと連携することで、Webアプリケーション エンジニアに最適なセキュリティツールを提供します。

CIと連携したセキュリティテストの自動化ツールは、ちょっとしたトレンドなんだとか。例えば、Googleもその実現に向けて動いているというニュースも。いち早くリリースしたVAddyは、今年3月には全世界向け無料版サービスをリリースし、今夏には 有料版サービスのリリースを予定しています。

VAddyを全世界で普及させることで、全世界のWebアプリケーション開発現場に「継続的なセキュリティテストの文化」 を根付かせることができるのか。日本発、グローバルに受け入れられるサービスがセキュリティ分野で誕生するかもしれません。

 

----------[AD]----------