実店舗集客データ分析のZoyi Corporation、韓国投資パートナーズとアジュIB投資から約2.2億円を資金調達

SHARE:

workinsights_featuredimage

オフライン顧客分析サービス「Walk Insights(워크인사이트)」を提供する Zoyi Corporation(조이코퍼레이션)は、韓国投資パートナーズ(한국투자파트너스)アジュIB投資(아주IB투자)から合計20億ウォン(約2.2億円)を資金調達したと、9日明らかにした。

Zoyi Corporation は、自社開発したセンサと訪問客のスマートフォンの無線信号(Wi-Fi および Bluetooth)を通じ、Eコマースで使われる顧客分析サービスを、オフラインの実店舗小売事業者に提供する企業である。2014年末の時点で、韓国と日本の顧客を中心に約350社以上の店舗、1500個のセンサーが導入され、急速に成長を見せている。

大型ブランドチェーン店から中小型店舗まで、カスタマイズして運用可能な Walk Insights は、店舗に配置した独自開発センサーを通じ、通りがかりの人数、流入顧客数、滞在時間、コンバージョン率、再訪問率などを把握し、店頭にリアルタイムで直感的な分析を提供する。

韓国投資パートナーズのパク・ヨンホ(박영호)氏とジャン・サンヒョク(장상혁)氏は、次のようにコメントした。

オフライン店舗でのデータの分析の必要性が徐々に増える今、Walk Insights が現時点で最良の選択肢だと思った。代表のチェ・シウォン(최시원)氏含む、Zoyi Corporation の人材の力を信じて投資した、多くの会社の成長のために積極的に協力したい。

Zoyi Corporation 代表のチェ・シウォン氏は、次のように抱負を語った。

世界的にオフライン小売分析の需要は目に見えて増加している。製品開発とマーケティング投資を通じ、Walk Insights をオフライン顧客分析の世界標準サービスにしていきたい。

韓国投資パートナーズは、今回の Zoyi Corporation への出資をきっかけに、O2O産業とビッグデータ・ソリューション関連産業への投資を拡大する計画だ。

【原文】

【via BeSuccess】 @beSUCCESSdotcom