タグ Channel Corporation(旧Zoyi Corporation)

オールインワン接客チャット「チャネルトーク」運営、シリーズCで28億円を調達——世界で6万社が導入、日本国内売上は前年同期比7倍

SHARE:

<ピックアップ> ‘채널톡’ 운영사 채널코퍼레이션, 280억원 투자 유치 All-in-one 接客チャットソリューション「チャネルトーク」を運営する Channel Corporation(旧社名:Zoyi Corporation)は6日、シリーズ C ラウンドで28億円を調達したと発表した。このラウンドは韓国の Atinum Investment と KB Investment がリード…

「チャネルトーク」
Image credit: Channel Corporation

<ピックアップ> ‘채널톡’ 운영사 채널코퍼레이션, 280억원 투자 유치

All-in-one 接客チャットソリューション「チャネルトーク」を運営する Channel Corporation(旧社名:Zoyi Corporation)は6日、シリーズ C ラウンドで28億円を調達したと発表した。このラウンドは韓国の Atinum Investment と KB Investment がリードし、シンガポール政府系投資会社 Temasek Holdings 傘下の Pavilion Capital、そして、韓国の IMM Investment、Bon Angels、Guardian Fund、LAGUNA INVESTMENT が参加した。

同社にとっては、2020年7月に実施したブリッジラウンドに続くものだ。累計調達額は40億円。今回ラウンドに参加した投資家のうち、KB Investment、Atinum Investment、LAGUNA INVESTMENT は前回ラウンドに続くフォローオン。日本からは、これまでにシリーズ B ラウンドで、グローバル・ブレインや、グローバル・ブレインと KDDI が共同運用する KDDI Open Innovation Fund(KOIF)、コロプラネクストから出資を受けている。

同社は2014年1月、韓国ソウルで Zoyi Corporationとして創業。当初は実店舗集客データ分析を提供していたが、2018年にピボットしチャットソリューションのチャネルトークをローンチした。受動的になりがちなカスタマーサポートを積極的に顧客とコミュニケーションすることで、サービスの機能活用やリピート利用・購入を誘導するカスタマーサクセスへ導く。接客チャット・サポートbot・カスタマーマーケティング・社内チャットなどの機能を有し、新規獲得から顧客のエンゲージメントや LTV 向上に貢献する。

2018年正式リリース以降、チャネルトークはグローバルで約60,000社が導入し、1ヶ月当たり7,000万人のエンドユーザに表示され、275万人がチャネルトークを通して企業とコミュニケーションをしている。全世界22カ国に進出し総売上高の15%を韓国以外のグローバル市場が占めており、日本市場の売上高が前年同期比約7倍に増加したという。Shopify 連携を達成したことで、海外市場での導入加速が期待される。

via Venture Square(벤처스퀘어)

BRIDGE Members

BRIDGEが運営するメンバー向けイベント「Tokyo Meetup」では新サービスの紹介やノウハウ共有などを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。メンバー登録は無料です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録


カスタマーサクセスの「チャネルトーク」韓国系ファンドから2.5億円調達、社名変更も

SHARE:

熱狂的ファンを作るカスタマーサクセスチャットの「チャネルトーク」を提供するChannel Corporationは3月17日に実施した2億5000万円の資金調達を公表している。引受先となったのは韓国の投資会社KB InvestmentやAtinum Investment、LAGUNA INVESTMENTの3社。また、同社はこれに合わせて社名の変更(旧社名はZOYI Corporation)も伝え…

Screen Shot 2020-07-30 at 2.03.45
チャネルトークウェブサイト

熱狂的ファンを作るカスタマーサクセスチャットの「チャネルトーク」を提供するChannel Corporationは3月17日に実施した2億5000万円の資金調達を公表している。引受先となったのは韓国の投資会社KB InvestmentやAtinum Investment、LAGUNA INVESTMENTの3社。また、同社はこれに合わせて社名の変更(旧社名はZOYI Corporation)も伝えている。今回の増資で累計資金調達額は11億8000万円となる。

チャネルトークはファンを作る顧客コミュニケーションツール。受動的になりがちなカスタマーサポートを積極的に顧客とコミュニケーションすることで、サービスの機能活用やリピート利用・購入を誘導するカスタマーサクセスへ導くとしている。接客チャット・サポートbot・カスタマーマーケティング・社内チャットの4つの機能を提供しており、新規獲得から、顧客のエンゲージメントやLTV向上に貢献する。

これまでの利用実績は2万8000社で、今回調達した資金は既存顧客のエンゲージメント強化のためのマーケティング費用として投じられる。

via PR TIMES

BRIDGE Members

BRIDGEが運営するメンバー向けイベント「Tokyo Meetup」では新サービスの紹介やノウハウ共有などを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。メンバー登録は無料です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録


韓国発・実店舗集客ビッグデータ分析のZOYI、グローバル・ブレインやKDDIなどからシリーズBラウンドで4.5億円を調達

SHARE:

<19日午前11時更新> 出資者にコロプラネクスト、信号強度に WiFi を追記。 ニュースレターの購読 注目すべき記事、世界のスタートアップシーンの話題、BRIDGE 主催のイベントに関する情報をお届けします! Sign Up ソウルに拠点を置き、オフライン顧客分析サービス「Walk Insights(워크인사이트)」やオンライン顧客向け販売支援サービス「Channel.io(채널 IO)」を提…

<19日午前11時更新> 出資者にコロプラネクスト、信号強度に WiFi を追記。

ソウルに拠点を置き、オフライン顧客分析サービス「Walk Insights(워크인사이트)」やオンライン顧客向け販売支援サービス「Channel.io(채널 IO)」を提供する ZOYI Corporation(조이코퍼레이션、以下 ZOYI と略す)は19日、グローバル・ブレインや、グローバル・ブレインと KDDI が共同運用する KDDI Open Innovation Fund(KOIF)、コロプラネクストなどから4.5億円を調達したと発表した。

ZOYI は2014年に設立され、2014年に Bon Angels、Fast Track Asia から約3億ウォン(約3,000万円)、シリーズ A ラウンドで韓国投資パートナーズ(한국투자파트너스)とアジュ IB 投資(아주 IB 투자)から合計20億ウォン(約2.2億円)を資金調達している。

グローバル・ブレインはこれまでにも TeamBlindiDecca(아이데카)5Rocks(파이브락스、その後 Tapjoy が買収)、Fluenty(플런티)などに出資しているが、KOIF からの出資を伴う韓国スタートアップ向けの投資としては、8月に実施した ESM Lab(ESM 연구소)に続く2つ目の案件となる。

Walk Insights はオフライン版の Google Analytics ともいうべきソリューションで、来店客のスマートフォンから発せられる WiFi や Bluetooth の信号強度により、それぞれの顧客が店内にいるか店外にいるか、店内であれば店内のどのあたりにいるか、何分程度滞在したか、POS との連携によりコンバージョン(買い物)したかを把握することができる。これまでに眼鏡市場、Amore Pacific、Samsung Electronics など2,000店舗以上が利用しており、最近では、インバウンド観光客の動向を把握したい地方自治体や、電車の乗客のうち、どの程度の人が自社グループのスポーツ施設を訪れたかを把握したい鉄道会社など、ユーザの事業分野は多岐にわたっているという。ZOYI はこれらの事業を、ZOYI とワイエスシーインターナショナル の JV であるウォークインサイトと連携して日本市場で展開している。

Walk Insights はオフライン版の Google Analytics ともいうべきソリューションで、来店客のスマートフォンから発せられるBluetooth の信号強度により、店内にいるか店外にいるか、店内であれば店内のどのあたりにいるか、何分程度滞在したかを把握することができる。眼鏡市場、Amore Pacific、Samsung Electronics など2,000店舗以上が利用しており、最近では、インバウンド観光客の動向を把握したい地方自治体や、電車の乗客のうち、どの程度の人が自社グループのスポーツ施設を訪れたかを把握したい鉄道会社など、ユーザの事業分野は多岐にわたっているという。

Channel.io は、e コマースなどの運営事業者向けに開発された、オンラインコンシェルジュサービスの機能だ。運営事業者は、ダッシュボードを使って顧客の動向を把握でき、訪問客への声かけ、訪問客からの問い合わせを受け付ける機能を容易にサイトに追加できる。問い合わせややりとりをリアルタイムに行えるので、訪問客はメールなどに比べオンライン店舗から即答をを得られる期待値が高くなり、コンバージョンする可能性が高まるのだという。訪問客がログインしている場合は個人を特定、ログインしていない場合も名前と電話番号を聞くことで、訪問客が e コマースサイトを離脱後も、SMS 経由で問い合わせややりとりを継続できる環境を提供する。

ZOYI によれば、ウェブサイト自体が信用できるものであれば、8割くらいの訪問客は名前や電話番号を抵抗なく入力してるのだそうだ。現在のところ、Channel.io の利用ユーザの9割は韓国の事業者だが、ZOYI は今回調達した資金を使って、日本での営業展開を強化すべく、日本の営業担当者を新規に確保するとしている。

BRIDGE Members

BRIDGEが運営するメンバー向けイベント「Tokyo Meetup」では新サービスの紹介やノウハウ共有などを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。メンバー登録は無料です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録


9月15日・16日、韓国の2つのスタートアップ支援組織が合計19チームを披露するデモデイを東京で開催

SHARE:

NAVER など韓国の有力インターネット企業が後押しするスタートアップ支援組織 Startup Alliance と、韓国政府の未来創造科学部(미래창조과학부)傘下の創業支援外郭団体「未来グローバルセンター」通称 Born2Global(以下、B2G と略す)は、9月15日(火)・16日(水)に、それぞれ東京でデモデイを 開催する。 ニュースレターの購読 注目すべき記事、世界のスタートアップシーン…

b2g-startup-alliance-logos

NAVER など韓国の有力インターネット企業が後押しするスタートアップ支援組織 Startup Alliance と、韓国政府の未来創造科学部(미래창조과학부)傘下の創業支援外郭団体「未来グローバルセンター」通称 Born2Global(以下、B2G と略す)は、9月15日(火)・16日(水)に、それぞれ東京でデモデイを 開催する。

日本に比べ市場が小さく、経済活動が大企業に依存傾向にある韓国では、国の将来を託す対象としてスタートアップに対する期待感が大きい。財閥、銀行などがこぞってスタートアップ支援に勤しむ中で、Startup Alliance と B2G はスタートアップを育て上げ、世界市場へと輩出するビークルとして有力な存在だ。

将来有望な韓国スタートアップに出会うには、よい機会と言えるだろう。

Startup Alliance 主催「Korean Startup Demoday」(9/16 18:30開場、六本木・フリークアウト HillsLounge にて)

参加申し込みはこちらから。

  • Tangram Factory – Smart Rope
    内蔵LED で縄跳びの回数を確認したり、スマートフォンと連携して運動量を測定するスマート縄跳び。
    http://tangramfactory.com
  • Jocker Pack – BeeCanvas
    「canvas」と呼ばれる画面でビデオ、写真、リンクなどを簡単に配置し、canvas を URL でシェアする WEB サービスと iOS アプリ。→ 関連記事
    http://www.beecanvas.com
  • X Engineering – Spend
    数枚のクレジットカードやデビットカードなどを入力して、磁気決済方式の代用となるデバイス。
    http://www.xengineering.co/
  • Fluenty – Talkey
    自然言語分析で受信メッセージの答えを予想して簡単に応答させるスマートウォッチ用ユーザインターフェイス。 → 関連記事
    http://www.fluenty.co/
  • iDecca
    Wi-Fi や beacon の設置なし、スマートフォンのセンサーだけで室内の位置を 1~3m 半径で測定する テクノロジー。
    http://idecca.com/
  • Cocoon Games – 戦争の歌
    「Game of War」のようなの既存の戦略シミュレーションゲームに RPG の要素を加味し、様々なスキル を使う 英雄を活用できる次世代戦略ゲーム。
    http://www.cocoongames.com/
  • ChattingCat – ChattingCat
    間違った英語を正確で洗練された英語に直してくれる「ネイティブリアルタイム英文添削サービス」。 → 関連記事
    https://chattingcat.com/ja-jp

B2G 主催「K-Global Connect Demoday」(9/15 15:00開場、赤坂・ドコモベンチャーズにて)

参加申し込みはこちらから。

  • IT&BASIC – Symflow
    SYMFLOWは ウェブベースの聴衆応答システムで、専用のウェブアドレスにアクセスしてリアルタイムに質問を掲載し、結果をシェアすることで、授業や講演会、カンファレンス会場などでのコミュニケーションをサポートする。
    http://www.itnbasic.com
  • SAI – Dramapic
    世界各国の優れたローカル動画コンテンツが、言語障壁が問題となる中、Dramapic は、クラウドソースで多言語の字幕をつけ、世界中のユーザーかコンテンツを楽しめるようにする。
    http://www.dramapic.com
  • Lineable Inc. – Lineable
    子どもが迷子になるのを防ぐことを目的とした、5ドルのスマートバンド。無料のモバイルアプリを使い、クラウドソーシング GPS という、他のユーザのスマートフォンと連携することで、子どもの居場所を追跡できる機能を提供する。スマートバンドを身につけた子どもが保護者から離れる とスマートフォンに通知する。
    http://www.lineable.net
  • ZOYI corporation – Walk Insights
    Walk Insights は、オフラインの小売店向け顧客分析ソリューション。通行量・訪問者数などのデータを、独自開発のセンサーにより、通行者や訪問者のモバイルデバイスの数を把握することで集計する。集計されたデータは数字、表、グラフなどで可視化され、モバイルアプリケーションやウェブページから確認可能。 → 関連記事
    http://www.zoyi.co
  • SPACOSA – CATCH LOC(システム)、FAMY(アプリ)、LINK(ビーコンデバイス)
    SPACOSAは、リアルタイムの位置情報提供プラットフォームを提供。DAU 20万人の位置共有アプリ「ドコナノ」とビーコン技術を使って「ドコナノ」と連動できる機器「リンク」を2015年3月にローンチ。さらに、多くの人の管 理が必要な企業や団体向けのサービスとして、「CatchLoc」を開発し、2015年9月から提供開始予定。「CatchLoc」は学校、病院、商店、 倉庫などの資産の紛失を防止し、消費者や患者の動線情報を集め分析する。
    http://www.spacosa.com
  • Seerslab – Lollicam
    Lollicam は、新しいコンセプトの動画自撮サービスで、常の短い動画を簡単に製作し、後補正無しで画像効果を加えることができるモバイルアプリ。
    http://www.seerslab.com
  • エバイン – EVERY-Social Phonebook
    スパムや音声フィッシングなど、電話の不安要素に対するソリューションを提供。同社のサービス「What’s This Number」は、韓国では800万件ダウンロードを達成した。技術力やノウハウを生かして、スマートフォン以外に有線電話やIP電話への対応も行う予定。 → 関連記事
    http://www.evain.co.kr
  • エムバイト – rainbow.dot
    rainbow.dotは、ゲームグラフィック制作や求人機能に特化したクラウドソーシング型ECオープンプラットフォーム。作家が登録した作品の希望単価を公開し企業がオファー、あるいは反対に、企業が募集案件を掲載し参加希望者が見積提案する、などの交渉ができる。
    http://rainbowdot.net/
  • IRIENCE – 1. PASS5050A、2.IRISKEY3、3.IRIS POS
    虹彩認証にかかわるアルゴリズムを開発し、技術を実用化に向けたセキュリティや認証分野を専門とする企業。入退出のコントロール、電子デバイスや高レベルのセキュリティを必要とするモバイル認証や虹彩認証アルゴリズムを搭載し、アクセサリー型の虹彩認証カメラモジュールにより決済にも対応。金融サービスで認証が必要となる Fintech で広く活用されることを期待。
    http://irience.com/

BRIDGE Members

BRIDGEが運営するメンバー向けイベント「Tokyo Meetup」では新サービスの紹介やノウハウ共有などを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。メンバー登録は無料です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録


実店舗集客データ分析のZoyi Corporation、韓国投資パートナーズとアジュIB投資から約2.2億円を資金調達

SHARE:

オフライン顧客分析サービス「Walk Insights(워크인사이트)」を提供する Zoyi Corporation(조이코퍼레이션)は、韓国投資パートナーズ(한국투자파트너스)とアジュIB投資(아주IB투자)から合計20億ウォン(約2.2億円)を資金調達したと、9日明らかにした。 ニュースレターの購読 注目すべき記事、世界のスタートアップシーンの話題、BRIDGE 主催のイベントに関する情報をお…

workinsights_featuredimage

オフライン顧客分析サービス「Walk Insights(워크인사이트)」を提供する Zoyi Corporation(조이코퍼레이션)は、韓国投資パートナーズ(한국투자파트너스)アジュIB投資(아주IB투자)から合計20億ウォン(約2.2億円)を資金調達したと、9日明らかにした。

Zoyi Corporation は、自社開発したセンサと訪問客のスマートフォンの無線信号(Wi-Fi および Bluetooth)を通じ、Eコマースで使われる顧客分析サービスを、オフラインの実店舗小売事業者に提供する企業である。2014年末の時点で、韓国と日本の顧客を中心に約350社以上の店舗、1500個のセンサーが導入され、急速に成長を見せている。

大型ブランドチェーン店から中小型店舗まで、カスタマイズして運用可能な Walk Insights は、店舗に配置した独自開発センサーを通じ、通りがかりの人数、流入顧客数、滞在時間、コンバージョン率、再訪問率などを把握し、店頭にリアルタイムで直感的な分析を提供する。

韓国投資パートナーズのパク・ヨンホ(박영호)氏とジャン・サンヒョク(장상혁)氏は、次のようにコメントした。

オフライン店舗でのデータの分析の必要性が徐々に増える今、Walk Insights が現時点で最良の選択肢だと思った。代表のチェ・シウォン(최시원)氏含む、Zoyi Corporation の人材の力を信じて投資した、多くの会社の成長のために積極的に協力したい。

Zoyi Corporation 代表のチェ・シウォン氏は、次のように抱負を語った。

世界的にオフライン小売分析の需要は目に見えて増加している。製品開発とマーケティング投資を通じ、Walk Insights をオフライン顧客分析の世界標準サービスにしていきたい。

韓国投資パートナーズは、今回の Zoyi Corporation への出資をきっかけに、O2O産業とビッグデータ・ソリューション関連産業への投資を拡大する計画だ。

【原文】

【via BeSuccess】 @beSUCCESSdotcom

BRIDGE Members

BRIDGEが運営するメンバー向けイベント「Tokyo Meetup」では新サービスの紹介やノウハウ共有などを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。メンバー登録は無料です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録