5分でも30分でも気晴らし時間を設定すると、時間になるとタブを自動消滅させてくれる「Take a Five」

SHARE:

Take-a-five-website

集中力が切れてしまって息抜きが必要な時。「Take a Five」というウェブサイトを使うと良いかも。開発したのは、プロダクトエンジニアのCole McCollumさん。

使い方は超シンプル。「ちょっと休憩する?」と書かれたウェブサイトに行って、自分がネットブラウジングする時間を設定する。そうすると、新規タブが開いて、その決めた時間だけ使うことができる。例えば、5分と入れたなら、5分後にタブが自動消滅してしまう。

もともと開いていたTake a Fiveのタブには残り時間が表示されているから、リマイナーにもなる。こっちのタブも開いたままにしておかないと自動消滅が機能しないので気をつけて。

人気ブラウザには基本対応しているとのことだけれど、Safariでは一部の動作トラブルが報告されている模様。私はChromeで使ってみたけれど、ばっちりネコさんの画像を見て息抜きができました。

Take a Fiveのサイト後方を見てみると、“Buy me a coffee?”とのお誘いが。開発したColeさんにコーヒーを買ってあげたい人は、Square Cashでお礼ができます。

Take-a-five-time-is-up-screen

BRIDGE Members

BRIDGEが運営するメンバー向けイベント「Tokyo Meetup」では新サービスの紹介やノウハウ共有などを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。メンバー登録は無料です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録