「レストラン向けOS」を標榜するSalidoがシードで200万ドルを調達

SHARE:

screenshot

<ピックアップ>Salido Raises $2M To Build An Operating System For Restaurants

レストラン管理システムのSalidoがシードで500 startupsなどから200万ドルを調達しました。SalidoはPOSとレポーティング機能、CRM、従業員のシフト管理、在庫とレシピ管理といった店舗運営に必要な機能を一括で提供する「レストランのOS」を標榜するサービス。創業者のShu Chowdhury氏は元々ニューヨークのレストランの投資家だったこともあり現時点ではニューヨークを中心に50店舗が導入がされているSalidoですが、来年中には350店舗への導入を目指しているようです。

via TechCrunch

BRIDGE Members

BRIDGEでは会員制度「BRIDGE Members」を運営しています。会員向けコミュニティ「BRIDGE Tokyo」ではテックニュースやトレンド情報のまとめ、Discord、イベントなどを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。登録は無料です。
  • テックニュース全文購読
  • 月次・テーマまとめ「Canvas」
  • コミュニティDiscord
  • イベント「BRIDGE Tokyo」
無料メンバー登録