往年の有名コンピューターウィルスをオンラインアーカイブした「マルウェア・ミュージアム」

SHARE:
上:Malware Museum
上:Malware Museum

マルウェアはインターネット時代の災いの種と言えるだろうが、それがどのように進化してきたのかを記録したものは役に立つかもしれない。あるいは、単純にMS-DOSウィルスの古き良き時代をしのぶのも良いだろう。そのために、マルウェア・ミュージアムがある。

オンラインセキュリティの教祖Mikko Hypponen氏の厚意により、Internet Archiveが主催するマルウェア・ミュージアムは、1980年代から1990年代に出回った有名なマルウェア・プログラムの一覧である。一度実行すると、多くのウィルスがメッセージやアニメーションを表示して、そのPCがウィルス感染したことを知らせたものだった。

META1103.COM_screenshot

マルウェアはウェブの出現と共に増殖し、世界的に混乱を引き起こしてきた。しかし、奇妙に聞こえるかもしれないが、マルウェア・ミュージアムで過去30年来共通のマルウェアのメッセージのいくつかを見返すのは、思い出をたどる素晴らしい機会となるのだ。心配ご無用、アーカイブはシミュレーションを用い、ウィルスに含まれているいかなる「破壊的なルーティン」をも取り除いている。これは、昔マルウェアがどうだったかをチェックする以上のものといえるだろう。

【via VentureBeat】 @VentureBeat
【原文】

BRIDGE Members

BRIDGEが運営するメンバー向けイベント「Tokyo Meetup」では新サービスの紹介やノウハウ共有などを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。メンバー登録は無料です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録