THE BRIDGE

タグ Soundcloud

深刻な資金難に喘いでいたSoundCloud、約1.7億ドルの緊急調達で一命を取りとめる——現CEOは退任、Vimeo元CEOがSoundCloud新CEOに

SHARE:

<ピックアップ> SoundCloud stays afloat with emergency investment, as CEO steps aside スウェーデン発の音楽ストリーミング大手 SoundCloud は11日、同社にとって史上最大規模となる約1.7億ドルに上る緊急の資金調達をクローズしたことを発表、これとあわせ、共同創業者の Alex Ljung 氏が CEO を退任し、Vim…

Image credit: gilc / 123RF

<ピックアップ> SoundCloud stays afloat with emergency investment, as CEO steps aside

スウェーデン発の音楽ストリーミング大手 SoundCloud は11日、同社にとって史上最大規模となる約1.7億ドルに上る緊急の資金調達をクローズしたことを発表、これとあわせ、共同創業者の Alex Ljung 氏が CEO を退任し、Vimeo の元 CEO Kerry Trainor 氏が SoundCloud の新たな CEO に、また、Vimeo 現 COO の Mike Weissman 氏が SoundCloud の新たな COO に就任することが明らかにされた。

ロイターによれば、今回、緊急の資金注入に参加したのは、ニューヨークに拠点を置くメディア特化投資銀行 Raine Group と、シンガポールの政府系投資会社 Temasek。SoundCloud の株主のメモによれば、今回加わった新しい投資家ならびに既存投資家は、優先権のある普通株をシリーズ F 株式として受け取り、既存のシリーズ E ラウンドに参加した投資家は、優先的分配権を40%以上カットされることになるようだ。

SoundCloud は、安定したビジネスモデルを見つけられないことが原因で資金難に陥っている。先月には420人いた社員の4割にあたる173人をレイオフ、ロンドンとサンフランシスコのオフィスを閉鎖し、ベルリンとニューヨークのオフィスだけを残したことを明らかにしている。新たな CEO と COO の就任は新しい投資家の意向が強く反映されたもののようで、Vimeo 出身ということから考えて、SoundCloud は音楽サービスから、映像やビデオを伴ったサービスへと変貌を遂げる可能性が指摘されている。

Via The Virge

----------[AD]----------

音楽ストリーミングサービスのSpotify、〝同郷出身&同業〟のSoundCloudを買収か?【報道】

SHARE:

報道によると、Spotify は、SoundCloud と買収の可能性について事前協議を持っているとされる。はっきりとした理由は不明だが、一つの可能性として今年初めのβローンチから人気を集める Apple Music よりも一歩前を走り続けるための努力とも考えられる。 Financial Times が最初に報道したところでは、この協議は、今日最もよく使われている2つのサービス—— Sporify…

spotify-620x390
Image Credit: Paul Sawers / VentureBeat

報道によると、Spotify は、SoundCloud と買収の可能性について事前協議を持っているとされる。はっきりとした理由は不明だが、一つの可能性として今年初めのβローンチから人気を集める Apple Music よりも一歩前を走り続けるための努力とも考えられる。

Financial Times が最初に報道したところでは、この協議は、今日最もよく使われている2つのサービス—— Sporify と SoundCloud ——を統合するというものだ。今月、Spotify は有料ユーザが4,000万人に達したことを発表しており(無料ユーザも含めると1億人)、これは Apple Music のユーザ数1,700万人にまさっている。しかし、Apple Music はローンチから約1年しかたっておらず、Spotify のローンチよりもかない短い期間でこの数字を達成していることになる。

SoundCloud が加われば、Spotify は、ソーシャル機能など不足している機能を獲得できるだろう。加えて、ポッドキャスト、ビデオなど他のメディア形態のコンテンツも包含できることになる。来年にも IPO を計画しているとの噂を考えれば、Spotify により多くの機能が増えることで、より多くの軍資金を持つ他の音楽サービスに対抗できる可能性を、投資家に示せることは言うまでもない。

<関連記事>

VentureBeat が開催しているカンファレンス「MobileBeat」で、Spotify でボットや人工知能開発を統括する Brendan O’Driscoll 氏は、ユーザの気分や好みにマッチした音楽を紹介する「音楽コンシェルジュ機能」の構築を目指していることを語った。希望的観測ながらも、SoundCloud が持っているかもしれないインリジェント機能を取り込むことで、Spotify は音楽サービスからそれ以上のものに生まれ変われるかもしれない。

Spotify はこれまでに15.6億ドルをベンチャー資金として調達しており、これには、3月に行った10億ドルのデットファイナンスも含まれる。SoundCloud はこれまでに1.93億ドル以上を調達している。

VentureBeat では現在、Spotify と SoundCloud の両社にコメントを求めている。

日本時間 29日午前8時12分更新:Spotify と SoundCloud の両社はコメントを拒否した。

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

----------[AD]----------

SoundCloudが月額制サービスGoをローンチ、収益化へ大きな一歩

SHARE:

<ピックアップ>SoundCloud launches its $9.99 monthly subscription music service to take on Spotify 昨年7月にSoundCloudの共同創業者 Eric Wahlforss氏がサブスクリプションサービスをローンチするという計画を明かしてから7ヶ月、ついに月額制のサブスクリプションサービス「SoundCloud Go…

Above: Screenshots of SoundCloud Go's iOS app Image Credit: SoundCloud
上: iOSアプリ上のSoundCloud Go、スクリーンショット
Image Credit: SoundCloud

<ピックアップ>SoundCloud launches its $9.99 monthly subscription music service to take on Spotify

昨年7月にSoundCloudの共同創業者 Eric Wahlforss氏がサブスクリプションサービスをローンチするという計画を明かしてから7ヶ月、ついに月額制のサブスクリプションサービス「SoundCloud Go」をローンチした。

当面はアメリカ国内のユーザーのみがプレミアムサービスを利用できる。Android端末とウェブ上からの登録は月額9.99ドルだが、iOSから登録するとAppleの手数料がかかるため、月額12.99ドルとなる。30日間の無料トライアル期間付きだ。提供する曲数は、1200万のクリエイターによる1億2500万の楽曲に上る。

SoundCloudはここ最近、大手企業やレーベルとの提携を加速させてきた。提携先は、Merlin、Sony Music Entertainment、Warner Music Group、Universal Music Groupを含む。楽曲のライセンス取得が主な目的だ。

SoundCloud Goに登録するとオフライン利用や広告の非表示などが可能になるが、そうしたオプションはSpotifyなど他の同様サービスと変わらない。

SoundCloudならではの魅力はどこにあるのだろう。同社の広報担当者はVentureBeatにこのように説明している。「StationsとPlaylistsの機能をベースに、SoundCloudのリスナーは有名アーティストと最新のリミックスの両方を発見し、聴くことができます。これは、多くの他のサービスでは可能ではありません。サブスクリプション利用者は、こうした機能によって、より幅広く多様なコンテンツを楽しむことができます」

SoundCloudによれば、アーティストがレーベルやパブリッシャーから受け取る収益は、アーティストがサードパーティと交わしている契約によるという。「レーベルやパブリッシャーは、収益を得たり、収益をアーティストに還元するためには On SoundCloud Premier Partner に登録しなければなりません。アーティストがレーベルやパブリッシャーと契約を結んでおらず、自分の楽曲をOn SoundCloud Premier Partnerとして配信する場合は、SoundCloudから直接収益を得ることになります」と同社は説明している。

財務状況が危ないとも噂されるSoundCloudだが、収益化へのこの大きな一歩で同社の経営は上向きになるか。要注目だ。

関連記事:SoundCloud の厳しい財務状況、一部で広がるシャットダウンへの不安

via. VentureBeat

----------[AD]----------

SoundCloud の厳しい財務状況、一部で広がるシャットダウンへの不安

SHARE:

<ピックアップ>OUCH: SOUNDCLOUD LOSSES SHOW A BROKEN BUSINESS MODEL IN DESPERATE NEED OF A FIX 音楽ストリーミングサービス SoundCloud の将来に対する不安が一部で広がっている。クリエイターを中心に人気の同サービスは、Bloombergのレポートによれば月間リスナーは1億7500万になり、ここ最近は順調にユーザ…

Image: SoundCloud
Image: SoundCloud

<ピックアップ>OUCH: SOUNDCLOUD LOSSES SHOW A BROKEN BUSINESS MODEL IN DESPERATE NEED OF A FIX

音楽ストリーミングサービス SoundCloud の将来に対する不安が一部で広がっている。クリエイターを中心に人気の同サービスは、Bloombergのレポートによれば月間リスナーは1億7500万になり、ここ最近は順調にユーザー数を拡大させてきた。そんな絶大な人気を誇るSoundCloudだが、その財務状況は厳しい。

Music Business Worldwideが伝える内容によれば、2014年には4419万ドルの赤字を出しており、収入は1735万ドル。2012年から2014年の3年間で、SoundCloudは約8600万ドルの損失を出しており、それに対して収入は4100万ドルだけなのだ。

一方で、2014年には採用を強化しており、社員数は21パーセント増加、それに伴って給料の支出も42.5パーセントアップしていることを同記事は伝えている。2014年にはシリーズDラウンドの調達で米国のInstitutional Venture PartnersやCherin Groupから6000万ドルの調達をしており、今年に入ってからも3500万ドルをデットファイナンスで調達している。

Twitter が同社を買収するかもしれないという噂が業界に流れたのはもはや2年近くも前のことになるが、その後もSoundCloudはユーザー数を成長させながらも収益化には苦労を続けている。今回の厳しい財務状況の報道が注目されてから、英国のメディア Independent は、SoundCloudの代替サービスを紹介するなど、今後の不安が一部で広がっているようだ。

今年1月にはユニバーサル・ミュージックとのライセンス契約を締結し、2月にはラジオ機能「Stations」もローンチした。こうした提携や新機能のローンチによって、いかに大きなユーザーベースを活用して収益化を進めていくことができるか。SoundCloudに残されている時間は、実はもうあまり長くないのかもしれない。

via. Music Business Worldwide

----------[AD]----------

SoundCloud、ポッドキャスト機能を一般公開し、だれでも気軽にポッドキャスト配信が可能に

SHARE:

<ピックアップ>It’s Now Incredibly Easy to Host your Podcast on SoundCloud 日本では、個々最近ラジオを見直しされてきており、またリアルタイムでのラジオを聞き逃しても、後日ポッドキャストで配信されているものを聞くことでラジオを頼むことができます。 筆者も、よくポッドキャストを家で聞いているが、時には自分自身でポッドキ…

Image by Matías Sánchez on Flickr
Image by Matías Sánchez on Flickr

<ピックアップ>It’s Now Incredibly Easy to Host your Podcast on SoundCloud

日本では、個々最近ラジオを見直しされてきており、またリアルタイムでのラジオを聞き逃しても、後日ポッドキャストで配信されているものを聞くことでラジオを頼むことができます。

筆者も、よくポッドキャストを家で聞いているが、時には自分自身でポッドキャストの番組を持ってみたいと思うことも。

SoundCloudは、2011年からポッドキャスト機能をベータ版としてリリースしていたが、一部の人たちにだけ機能を公開していました。しかし、このたびその機能は一般公開されるようになりました。

それとともに機能も刷新。ユーザは、ポッドキャストのRSSフィードを作成し、それをiTunesに配信したりすることができる。SoundCloudのポッドキャストはすぐさまSoudCloudにも反映されるため、ブログやウェブサイトに埋め込むことができます。

また、投稿できるオーディオの容量に違いがある無料プランと有料プランがある。ツイキャスなどで有名人たちがライブストリーミングをやるように、誰もがポッドキャストを始めるという潮流が生まれるかもしれません。

via TNW

----------[AD]----------

Twitterが音声・音楽共有のSoundCloudを買収するかも

SHARE:

<ピックアップ> Twitter Is Considering a Deal to Buy SoundCloud こちらは大型買収の話題です。Twitterが音楽と音声共有のSoundCloudを買収するかもという噂を両社に近い関係者筋による話として、Re/codeが伝えております。 私、全然認識してなかったのですが、Twitterって昨年にスタンドアロンの音楽サービスをリリースしてた…

SoundCloud_-_Hear_the_world’s_sounds

<ピックアップ> Twitter Is Considering a Deal to Buy SoundCloud

こちらは大型買収の話題です。Twitterが音楽と音声共有のSoundCloudを買収するかもという噂を両社に近い関係者筋による話として、Re/codeが伝えております。

私、全然認識してなかったのですが、Twitterって昨年にスタンドアロンの音楽サービスをリリースしてたんですね。アプリそのものは3月にひっそりと終了しているようですが。SoundCloudの創業は2007年。2013年10月時点のユーザーは2億5000万人となっており、これまでに1億2330万ドルを調達しております。

via Re/code 【G翻訳】

----------[AD]----------

ベルリンのスタートアップ・シーンは今—スウェーデン発のあのスタートアップが火付け役に

SHARE:

11月、いくつかのモバイル関連プロジェクトを手がける嶋田敬一郎氏と筆者は、あるプロジェクトに関連して、ヨーロッパのモバイル業界、スタートアップ業界を訪問する機会を得た。ロンドン、パリ、ベルリンと、それぞれ1週間ずつ滞在したが、各都市の業界のコアな人物に多く会い、日本はもとより、アジアやアメリカでも聞いたことの無い興味深い話に、連日連夜打ち拉がれていた。 嶋田氏が自身のブログ(英語)に記事を書いてく…

嶋田敬一郎氏

11月、いくつかのモバイル関連プロジェクトを手がける嶋田敬一郎氏と筆者は、あるプロジェクトに関連して、ヨーロッパのモバイル業界、スタートアップ業界を訪問する機会を得た。ロンドン、パリ、ベルリンと、それぞれ1週間ずつ滞在したが、各都市の業界のコアな人物に多く会い、日本はもとより、アジアやアメリカでも聞いたことの無い興味深い話に、連日連夜打ち拉がれていた。

嶋田氏が自身のブログ(英語)に記事を書いてくれたので、その日本語訳と筆者の記述で、ヨーロッパのスタートアップ・コミュニティについてまとめてきた。これまでのロンドンパリに引き続き、最終回となる今回は、ベルリンのテック・スタートアップ・シーンについてだ。

ベルリンという街は、繁華街が一カ所に集約されていないのが特徴だが、スタートアップが集まる場所としては、ベルリン市中央(Mitte)の ローゼンターラー広場駅(U-bahnof Rosenthaler Platz)の他をおいてないだろう。このローゼンターラー広場から歩いて5分程度、大聖堂の鐘が鳴り響く通りに Goldneun はあった。

これから、ベルリン・スタートアップの溜まり場になる「Goldneun」(by Kei Shimada)

CC BY-SA 2.0: via Flickr by La Citta Vita

ロンドン、パリと2週間を費やしてきた我々にとって、ベルリンはこのツアー最後の週となる滞在地だ。私がこの街に前回来たのは、以前の勤務先のロッテルダムの子会社で仕事をしていたときの2004年のことだ。多くのことがガラリと変化し、畏敬の念を禁じ得なかった。

友人の一人で、起業家の Stefanie Hoffman 女史が、ベルリンでのフォーカス・グループ・インタビューのセッティングを手伝ってくれた。彼女は誰と会いたいかと尋ねてくれ、我々はためらいもなく、「ベルリンのスタートアップ・シーンを担う人なら誰でも」と応えたのだった。

インタビューの一つは、カール・リープクネヒト通り(Karl-Liebknecht-Straße)の、できたばかりの場所で実施した。「ゴルトノイン(Goldneun)」というレストラン・バーで、建物内にシアターや複数のクラブルームがあり、ベルリンの起業家が集まる場所だ。Altes haus Ungarn(ドイツ語で、古いハンガリーの文化研究所)と呼ばれている。残念ながら、屋外からはこの場所の素晴らしさがわかりにくいのだが、屋内に入ると、あごが外れる位の素晴らしい体験を得られるだろう。最近開店したばかりなので、店内の随所で内装工事の真っ只中だったが、近日には、素晴らしい人々を引きつけ魅了する雰囲気が感じ取れるだろう。

前出の Stefanie の友人の Sara が、インタビューの準備を万全にして、我々に気を遣ってくれたことに感謝したい。彼女はここで、2人の素晴らしい人々に我々を紹介してくれた。

その一人は、ベルリン・スタートアップ・アカデミー(BSA)の創立者 Christoph Räethke で、彼は BSA とアクセラレータ・プログラムの概要を語ってくれた(彼とはもっと話をしたかった)。BSA は最初のアクセラレータ・プログラムを10月27日に開始し、2013年3月22日に終了する予定だ。10社から来ている起業家志望者に対し、毎週15〜20時間のセッションを実施している。プログラム参加者は、ビジネスモデルを確立し、投資家へのピッチの腕を磨くべく、新旧20人からなる起業家にメンターされている。Chriestof は、たとえ起業家でなくとも、Goldneun が提供するネットワーキングの機会からメリットを享受できるだろうと付け加えた。

もう一人の人物は、Goldneun のオーナーである、Simon Chappuzeau だった。Christoph 同様、Simon も忙しいスケジュールをやりくりして、Masaru と私と会うために時間を作ってくれた。彼は、いかにして、今日のベルリンのようになったかを話してくれた。その話は戦争に始まり、かつて税の軽減措置により企業が誘致されたものの、その措置の廃止により企業がベルリンから出て行ってしまったこと、さらに、ベルリンがクリエイターを呼び込み、彼らが新しい職業を創り出したことなどだ。彼の話は非常に素晴らしく、私はレコーダーを使って、彼の言葉を正確に記録できなかったことを後悔している。

ともあれ、この週の始まりに、彼の話を聞いて、我々は面白いと思っていた事柄の背景が明らかになり、ベルリンという街が、会社を設立する上で、ヨーロッパで最良のポジションを確立させつつあることがわかった。Sprechen die Deutsche?(ドイツ語は話せますか?) もしそうでなくても、心配はご無用。私の経験から言って、ドイツ人は期待以上に滑らかな英語を話してくれる。特に、テックシーンに居る人たちは。

ベルリンで大人気のカーシェアリング・アプリ「Drive Now」(by Kei Shimada)

友人の一人で、以前バーレーンの電子政府カンファレンスで会った Stefan Gehrke は、ベルリン、ドイツ、クールなスタートアップについて多くのことを語ってくれた。彼は、自身も使っている素晴らしいカーシェアリング・アプリ「Drive Now」について教えてくれた。彼によると、このサービスはローンチしてまだ6ヶ月だが、ベルリンの街じゅうの人がつかっているそうだ。彼は自分のアプリで mini を予約したのだが、我々がその車を見つけたとき、一人の女性が同じその車のドアを必死に開けようとしていた。どうやら、彼女は自分の方が先に予約できたと思っていたようだ。

料金は、ドライブ中は1分あたり0.29ユーロで、駐車中は0.10ユーロだ。燃料がタンク20%未満のときは、自分でガソリンスタンドで燃料を追加し、その分、無料ドライブの時間を獲得することができる。サービスに友人を紹介すれば、最大60分間分まで無料ドライブを獲得することができる。DriveNow はドイツの4都市とサンフランシスコで利用可能だ。彼らは絶対に東京でもサービス展開するべきだろう。しかし、東京は混雑していて、駐車は大変だし、すばらしい電車のアプリも持っていることに気づいた。都市には都市にあった、最適な交通アプリがあるのだろう。


SoundCloud と、ベルリンのスタートアップ・シーン (by Masaru IKEDA)

Matthäus Krzykowski

11月の中旬、ベルリンに住むオランダ人ジャーナリストの Derk Marseille 氏が、ベルリンのスタートアップ訪問ツアーを敢行していたようだ。残念ながら、ベルリンに入るタイミングの都合で、我々は参加することができなかったが、詳細は、現代ビジネス掲載の松岡由希子女史の寄稿を参照されたい。

ベルリンのスタートアップ・シーンを語る上で、松岡女史の寄稿にも頻出する「SoundCloud」というスタートアップを抜きにすることはできないだろう。ポーランド出身のシリアルアントレプレナーで、Venture Beat の立ち上げなどにも関わり、現在は Xyologic というモバイルアプリ検索のスタートアップを運営するMatthäus Krzykowski 氏が、ベルリンのスタートアップ・シーンの歴史について、教えてくれた。

ベルリンのスタートアップ・シーンが熱くなり始めたのは、ものの1年ほど前からのことに過ぎない。きっかけは、スウェーデンで生まれた音楽スタートアップ「SoundCloud」が、ベルリンにオフィスを構えたことによる。SoundCloud は、ミュージシャンが音楽作品をウェブ上で共有できるサービスで、2012年1月には、アメリカの有名VCであるKPCB (Kleiner Perkins Caufield & Byers)からシリーズCラウンドで5000万ドルを資金調達している。SoundCloud がKPCBから資金調達したことにより、アメリカのVCの視線がベルリンに注がれるようになり、また、ヨーロッパの起業家にとっても、ベルリンが有望スタートアップが育つ街であることを証明できる出来事となった。

前出の嶋田氏の記事でも触れられているが、ドイツ人は比較的英語を流暢に話すことや、ロンドンやパリに比べて、圧倒的に生活コストが安いこと、地理的な条件から東ヨーロッパの優秀な人材を調達しやすいことが作用して、今日のベルリンのスタートアップ・シーンができあがった。

ロンドン、パリ、ベルリンと3都市を訪問してみて、イギリス人のメンタリティは、アメリカ人に近いのではないかとの印象を受けた。シリコンバレーでもなく、ロンドンでもなく、ベルリンでスタートアップをやる理由として、Matthäus が話してくれたことを記しておきたい。

「ベルリンに居るからと言って、例えば、Venture Beat に記事を寄稿したりする上で、情報の入手に困ったことはない。アメリカ人に受け入れられるスタートアップを作るなら、シリコンバレーでやるべきだろう。ヨーロッパで、アメリカ向けのサービスを作るなら、ロンドンでもやるのもよいかもしれない。でも、世界に向けたサービスを作るなら、ベルリンでやるとよいと思う。コストは安いし、人々は英語を話すし、ドイツ人の気質は日本人に似ていると思う。」(彼には日本人の友人が何人かいるので、日本人の気質を知っているようだ。)

こう言い残すと、彼は「これからラジオの生番組に出演するんだ」と言って、談笑したカフェを後にした。忙しい中、時間を割いてくれてありがとう。

HackFwd、そして、ヨーロッパのスタートアップ・コミュニティの連携 (by Masaru IKEDA)

我々がベルリン入りするのに先立ち、ロンドンのアクセラレータである Springboard や、パリのアクセラレータである LeCamping から、ベルリンでは HackFwd に会ってみるとよい、と紹介を受けていた。HackFwd は、どうやら決まった場所にオフィスがあるわけではなく、ヨーロッパ各地を回って、アクセラレータとしてのプログラムを展開しているようだ。残念ながら、我々がベルリンを訪問したとき、HackFwd の関係者が全員ベルリンに居ないタイミングだったので、直々に会って話をする願いは叶わなかった。

ともあれ、ヨーロッパは、言葉の違いにもめげず、国境を越えて、スタートアップ・コミュニティ同士の横の連絡が密接に行われているようだ。相互に乗り入れて、互いの都市でハッカソン・イベントを開催するなど、人材の交流が盛んである。そして、これは政府支援の賜物だが、ヨーロッパの随所で、韓国スタートアップの存在感が際立っていることには、ことごとく感心させられた。先日、海南島で開催された Open Web Asia のパネルディスカッションでも、スタートアップ・シーンの隆盛に政府が関与することについては賛否両論が出たが、私の知る限り、日本の場合、中央政府のスタートアップ支援の動きは皆無である。政権交代を機に、なんとかしてもらいたいところだ。

最近、アジアのいくつかのアクセラレータから、日本のスタートアップ・コミュニティとの間で、スタートアップの交換留学生制度のようなものをやってみたい、という相談を受けるようになった。ヨーロッパのスタートアップ・コミュニティのように、アジアでもスタートアップが活発に往来できる環境が構築できないかと考えている。日本のスタートアップ・シーンをホットなものにするためには、スタートアップや起業家のみならず、アクセラレータ、インキュベータ、VCも、他国のコミュニティと積極的に交わるべきだろう。

そして、これは我々起業家の先達である、松下幸之助氏、盛田昭夫氏、本田宗一郎氏らの偉業に他ならないだろうが、ヨーロッパでもアジアでも、基本的に皆、親日的である。テックの世界ででも、日本人は素晴らしいプロダクトを創り出すはずだと、彼らは信じてやまないようだ。したがって、ヨーロッパのスタートアップ・コミュニティも、アジアのスタートアップ・コミュニティも、日本のスタートアップが来ることについては大歓迎である。このような期待にもぜひ応えていきたい。

----------[AD]----------