カード決済手数料も無料、“ニュースなショッピングモール”「Cart」が出店費用ゼロのECプラットフォームに

SHARE:

#Cart-website

キュレーションメディア型のショッピングモール「Cart」。2014年12月末に取材した時点では1,200店だったショップ数は、現在では約5,000店舗に。また、雑誌を読むような感覚でショッピングが楽しめるというコンセプトに共感し、著名人を含むキュレーターの数は170名にまで増えています。

この度、Cartは、コスト負担ゼロで出店できるショッピングモールとしてリニューアルしました。月額費用や売上ロイヤリティのみならず、カード決済手数料も無料。販売事業者は、一切のコスト負担なくネットショップを開設することができます。

number-of-online-shops
ネットコンシェルジェが集計した国内ネットショップ数の推移

簡単にネットショップを開設できるサービスが登場し始めたのは2013年頃のこと。多額の初期費用や人員コストの低下などをうけ、ネット販売事業者数は右肩上がりで増え続けています。大手ECサイトなども無料化を実施したことで、2016年には店舗数が100万店を超えることが見込まれているそう。

このEC市場の競争の激化に伴い、重要性を増しているのがプロモーションの機能です。ショップを立ち上げてみたのはいいものの、集客ができずに困っている販売事業者に対して、Cartはそのプロモーション機能を強化。LINE や Facebook などのソーシャルメディアを活用することで、簡単に集客できるように。またキュレーションの側面を活かし、著名人キュレーターにメッセー ジを送ることで商品紹介を促すことも可能です。

「ニュースなショッピングモール」をコンセプトにするCartは、今後もネット通販の活性化を通じて、日本中に隠れた良いモノを届けていくとのことです。