企業情報データベースのBaseconnectが4.3億円調達、導入企業数は5000社突破

by PR TIMES編集部 PR TIMES編集部 on 2018.11.22

企業情報データベースを開発するBaseconnectは11月16日、第三者割当による増資を公表している。引受先になったのはジェネシア・ベンチャーズ、YJキャピタル、キャナルベンチャーズ、京銀リース・キャピタル、池田泉州キャピタル、ユーザベース、みずほキャピタル、イーストベンチャーズの8社。

これに京都銀行、みずほ銀行、池田泉州銀行等からの融資を含めて総額4億3000万円を調達している。なお、今回ラウンドのリードはジェネシア・ベンチャーズが務めた。同社は2017年2月と12月にシードラウンドを実施し、2018年2月にはユーザベースと資本提携も結んでいる。これら合わせての累計資金調達額は約6億4000万円となった。

同社が提供する企業情報データベース「Baseconnect LIST」は今年4月にβ版の提供を開始。リリースから半年で導入企業数5000社を突破し、直近は3カ月は月次で1000社以上の新規利用があるという。

法人営業の業務効率化を中心に提携先開拓やM&Aの売り手・買い手探しなどがユースケースとなっている。提供データ数は40万社を超え、来年春には100万社に到達予定。今回調達した資金により商品やサービス、人物、店舗施設などのデータ拡充、開発体制の強化をしていく。

via PR TIMES

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------