メッセージング「WhatsApp」のMAUが一時、Facebookを超えるーー新興国に強いその理由とは

by Taishi Masubuchi Taishi Masubuchi on 2019.1.17

applications blog blogging blur
Photo by Pixabay on Pexels.com

ピックアップ:The State of Mobile in 2019 – The Most Important Trends to Know

ニュースサマリー:メッセージングアプリWhatsAppのMAUが一時、Facebookを上回ったそうだ。スマートフォンアプリの市場調査「App Annie」が1月16日に伝えている。

WhatsAppは2014年、Facebookによって約190億ドル(日本円1ドル100円換算で約1兆9000億円)で買収された際、約4億5000万人のアクティブユーザーを抱えていたが、今日時点では約15億人にまで増加したとされている。App Annieの調べによると、初めてWhatsAppのMAUがFacebookを上回ったのは2018年9月のことなのだそうだ。

もちろん、全世界のユーザにおける各月のMAUから導き出される平均の数字はFacebookのアプリが世界でトップであることは間違いない。ただ特定の地域、インド、インドネシア、イギリス、トルコ、スウェーデン、スペイン、シンガポール、ロシア、オランダ、メキシコ、マレーシア、香港、ドイツ、フィンランド、そしてブラジルのMAUを比較すると、これらの国々ではWhatsAppが優勢であるとも報じられている。

逆に米国におけるユーザー数はたったの2000万人だ。上記の新興国を中心に成長率が高い理由は、WhatsAppはSMSではサポートしていない音声電話、ビデオコールそして写真の送付などに対応している点が挙げられている。(執筆:増渕大志)

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------