THE BRIDGE

タグ whatsapp

FB傘下・WhatsAppによるインドでのペイメント拡大戦略ーーLibraとの棲み分けはどうなるのか

SHARE:

ピックアップ:WhatsApp To Focus On Digital And Financial Inclusion In India: Abhijit Bose ニュースサマリー:インド経済のデジタル化及び金融包摂はメッセージングアプリで大きく変わるかもしれないーーWhatsAppインド代表のAbhijit Bose氏がInc42の取材に答えたもので、同社はインドでのペイメントサービスの提供を…

2019-07-13 14.16.58

ピックアップWhatsApp To Focus On Digital And Financial Inclusion In India: Abhijit Bose

ニュースサマリー:インド経済のデジタル化及び金融包摂はメッセージングアプリで大きく変わるかもしれないーーWhatsAppインド代表のAbhijit Bose氏がInc42の取材に答えたもので、同社はインドでのペイメントサービスの提供を見込んでいるようだ。

”WhatsAppは既にインド人の家族が、インドのどこにいても、または世界中であっても繋がれるという事実を証明しています。そして現在、私たちはそのプラットホームを活用することで、地域や社会、国にプラスの影響を与える事業者のサポートを行なっていきたいと考えています。”

さらに、WhatsAppは医療やAIなど、インドの5つのスタートアップに対し出資も行なっている。このような動きも、将来的にはこれらの企業にWhatsAppのペイメントを導入してもらい、さらなるサービスの拡大をサポートし、インドでの金融包摂を実現するためである。

しかし当のWhatsAppは、現在RBIに対しペイメントライセンスを取得を交渉している最中であり、サービスインできずに立ち往生してしまっているのが現状だという。

話題のポイント:Facebookを中心とする世界的な金融事業の動きに注目が集まっています。本記事ではFacebookとWhatsAppの今後について考察してみたいと思います。

Facebookは6月18日、ステーブルコインLibraと、CalibraというLibra(ステーブルコイン)を扱うウォレットを発表し、またそのウォレットを開発する子会社(Calibra)を設立しました。現時点でWhatsAppとCalibra(ないしLibra)がどのように用途を棲み分けしていくのかは分かりかねますが、長期的にはどんな形であれ、FacebookはWhatsAppに決済機能を導入しようと試みているようです。

<参考記事>

ちなみに、WhatsAppですら現在RBIには非常に嫌われており、なかなかライセンスを与えてもらえない状況ですし、その上をいく仮想通貨という高リスクなサービスCalibaが、一段飛び越えてRBIの認可を受けるという可能性はとても低いと考えられます。したがって現時点で考えるに、Facebookの将来的なビジョンには暗雲が立ち込めている状況とみて間違いないと思います。

<参考記事>

一方、Facebookはコーポレート・ラウンドにてインドのメルカリに類似したスタートアップ「Messho」に出資を行なっており、パートナーシップ関係を築いています。その具体的な内容としては、MesshoがWhatsAppを活用して、ユーザーが商品の売買を簡易化できるように促すためのものでした。

<参考記事>

このケースでは、WhatsAppは単にメッセージング用途でしか利用されていませんが、長期的にはペイメントツール機能の一つとしても、WhatsAppが使われるようになるのを見越した提携だと考えられます。冒頭で記述したWhatsAppによる”金融包摂”というビジョンですが、これはFacebookのLibraのビジョンの一つでもあります。

このように全体を俯瞰してみてみると、Facebookは買収や子会社の設立、新プロジェクトの発足を足がかりに、インド市場で大きな視点のエコシステムを構築しようとしていることがわかります。メッセージングという日々のコミュニケーションからサービス、ペイメントまでまさに入口から出口まで全部、です。

現在は規制によって二の足を踏む状況ですが、5年後にどのような変貌を遂げているのか、注視が必要です。

----------[AD]----------

メッセージング「WhatsApp」のMAUが一時、Facebookを超えるーー新興国に強いその理由とは

SHARE:

ピックアップ:The State of Mobile in 2019 – The Most Important Trends to Know ニュースサマリー:メッセージングアプリWhatsAppのMAUが一時、Facebookを上回ったそうだ。スマートフォンアプリの市場調査「App Annie」が1月16日に伝えている。 WhatsAppは2014年、Facebookによって約190億ドル(日本…

applications blog blogging blur
Photo by Pixabay on Pexels.com

ピックアップ:The State of Mobile in 2019 – The Most Important Trends to Know

ニュースサマリー:メッセージングアプリWhatsAppのMAUが一時、Facebookを上回ったそうだ。スマートフォンアプリの市場調査「App Annie」が1月16日に伝えている。

WhatsAppは2014年、Facebookによって約190億ドル(日本円1ドル100円換算で約1兆9000億円)で買収された際、約4億5000万人のアクティブユーザーを抱えていたが、今日時点では約15億人にまで増加したとされている。App Annieの調べによると、初めてWhatsAppのMAUがFacebookを上回ったのは2018年9月のことなのだそうだ。

もちろん、全世界のユーザにおける各月のMAUから導き出される平均の数字はFacebookのアプリが世界でトップであることは間違いない。ただ特定の地域、インド、インドネシア、イギリス、トルコ、スウェーデン、スペイン、シンガポール、ロシア、オランダ、メキシコ、マレーシア、香港、ドイツ、フィンランド、そしてブラジルのMAUを比較すると、これらの国々ではWhatsAppが優勢であるとも報じられている。

逆に米国におけるユーザー数はたったの2000万人だ。上記の新興国を中心に成長率が高い理由は、WhatsAppはSMSではサポートしていない音声電話、ビデオコールそして写真の送付などに対応している点が挙げられている。(執筆:増渕大志)

----------[AD]----------

Facebook傘下のWhatsApp、毎日の音声コール数が1億回を突破ーーサービスインは昨年から

SHARE:

WhatsAppはメッセージングアプリ上で毎日交わされるボイスコール数が1億コールを超えたと発表した。 WhatsAppにとってボイスコールは比較的新しく、このモバイルアプリに機能が追加されたのは昨年のことだ。しかしこんな期間であっても同社は人々がこれを友人や家族と繋がるために利用していると伝えている。 今回の件で注目すべきは、人々が従来の電話から離れつつあるということと、Facebookメッセン…

WhatsAppはメッセージングアプリ上で毎日交わされるボイスコール数が1億コールを超えたと発表した。

WhatsAppにとってボイスコールは比較的新しく、このモバイルアプリに機能が追加されたのは昨年のことだ。しかしこんな期間であっても同社は人々がこれを友人や家族と繋がるために利用していると伝えている。

今回の件で注目すべきは、人々が従来の電話から離れつつあるということと、FacebookメッセンジャーやWhatsAppといったメッセージングアプリの代替利用が増えているという点だ。

付け加えるなら、WhatsAppがTwilioにとってどれほど大きいかを、最新の指標が示している。株式公開会社として株取引を始めたこのクラウドコミュニケーション・プラットフォームは、ひとつのリスクとして、このWhatsAppが2016年第一四半期において少なくとも同社売上の15%を占めると提示しているのだ。

そして両社には長期間でない契約書が存在している。このFacebook傘下のメッセージングアプリはTwilioの音声とメッセージング製品を新規・既存ユーザーの認証に利用しているのだ。

WhatsAppは現在、10億人の月間アクティブユーザーを抱えており、また、自分たちがどのように従来型の電話番号や電話を使わなくなり、主たるコミュニケーションにIP電話サービスを利用するようになったかを考えると、そこに大きな衝撃を感じる。

【原文】

----------[AD]----------

WhatsAppのMAUが10億人を突破、収益化の方向性は?

SHARE:

世界最大規模のメッセージングサービスの一つWhatsAppの月間アクティブユーザー(MAU)が10億人を突破した。CEO・コーファウンダーのジャン・コウム氏が自らFacebook上で発表している。 昨年9月にも、WhatsAppのMAUが9億人を突破したことを発表しており、その後も順調にユーザー数を伸ばし続けてきた。今回コウム氏はMAU10億人突破の発表とともに、他の重要な指標となる数字も発表して…

12654480_10153874647095011_2120389486210587170_n

世界最大規模のメッセージングサービスの一つWhatsAppの月間アクティブユーザー(MAU)が10億人を突破した。CEO・コーファウンダーのジャン・コウム氏が自らFacebook上で発表している

昨年9月にも、WhatsAppのMAUが9億人を突破したことを発表しており、その後も順調にユーザー数を伸ばし続けてきた。今回コウム氏はMAU10億人突破の発表とともに、他の重要な指標となる数字も発表している。それによれば、1日に送信されるメッセージ数は420億、共有される写真の数は1日に16億とのこと。また、サポート言語数は53に上る。

2009年の提供開始以降、急速な成長を遂げて約2年前にはFacebookによって約220億ドルで買収された同社だが、注目されていたのはその収益化の方向性だった。今や10億というユーザー数を持つ巨大なサービスとなったWhatsAppでどのようなビジネスを展開していくかは、Facebookの重要な戦略になる。

なお、かつて使用開始1年後に年間1ドルをユーザーに課金していたものの「一部のユーザーにはうまく課金ができない」とコウム氏は先月ミュンヘンで開催されたカンファレンスDLDで述べ、年間料金の課金を止めて、新しい収益化を模索していることを示唆していた。

先週行われたFacebookの2015年第4四半期決算の発表では、ザッカーバーグ氏はWhatsAppの最近の動きについて「今年中には、ユーザーがWhatsAppを使ってフォローしたい企業や団体とコミュニケーションできる新機能をテストする予定だ」と述べている

Facebookメッセンジャーは、他のアプリとの統合を可能にするプラットフォーム化を進めているが(たとえば、Facebookメッセンジャー上でUberを使うことができる)、一方でもう一つの莫大なユーザー数を有するWhatsAppのモデルはどうなるのだろうか。今年中には具体的な方向性が見えるかもしれない。

関連記事:

----------[AD]----------

1日120億通のメッセージを誇るTelegramのCEO、Pavel Durov氏:WhatsAppへの評価は「最低」

SHARE:

サンフランシスコ―Telegramの設立者Pavel Durov氏によると、同チャットサービスを通したメッセージ数は現在1日に120億に上る。8月からの20億増となるこの発表は、マーケットリーダーであるWhatsAppへの打撃を伴うが、Durov氏のWhatsAppに対する評価は「最低」であるという。 TechCrunch DisruptカンファレンスにおいてDurov氏は、Facebookが所有…

IMG_3621
Above: Telegram CEO Pavel Durov at TechCrunch Disrupt conference in San Francisco on September 21, 2015. Image Credit: Ken Yeung/VentureBeat

サンフランシスコ―Telegramの設立者Pavel Durov氏によると、同チャットサービスを通したメッセージ数は現在1日に120億に上る。8月からの20億増となるこの発表は、マーケットリーダーであるWhatsAppへの打撃を伴うが、Durov氏のWhatsAppに対する評価は「最低」であるという。

TechCrunch DisruptカンファレンスにおいてDurov氏は、Facebookが所有しているWhatsAppチャットサービスの閉鎖的な機能が、ユーザのあらゆるデバイスからのメッセージ管理を妨げているとして嘲笑した。

「WhatsAppユーザは、携帯電話の充電が切れてしまったらもうメッセージにアクセスができません。文書を送ることができませんし、プライベートな機能もありません。3年前にWhatsAppのファンだったかというと確信が持てませんし、現在はより自信がありません」。

WhatsAppは9億の月間アクティブユーザ(MAU)を抱える業界最大手であるが、Durov氏は「公表数」論争には執着しない。同社5月の最新発表では、MAUが6200万を超えると明らかにしている

またDurov氏の発表によると、API決済機能が近日導入される可能性があるという。そうなればTelegramはFacebook Messenger等に劣らないメッセージサービスとなるだろう。同氏は、Telegramは自社内で決済システムを構築するのでなく、第三者プロバイダーと提携する見通しであるという。

Telegramにとって主要な売込みポイントと捉えられるプライバシー面について、Durov氏は規則の例外の有無を問われた。具体的には、テロ組織ISISが同サービスを使用している現状を踏まえ、テロリストに利用されているとわかっていて夜眠れなくなることはないのか?と。「良い質問ですね」と同氏は答える。

「テロリズムのような恐ろしいことが起こる可能性に対する恐怖よりも、プライバシーを根本的により重要視しているのです。確かにISISに関しては、現在中東で戦争が起きています。最終的にISISは組織内の連絡手段を確保するでしょうし、確実に安全だと感じる手段がなければ(他の方法を)探すでしょう。その点について罪の意識を感じてはいけないと思っています。なぜなら私たちはユーザのプライバシーを守るという正しいことを行っているのですから」。

Telegramは設立から2年の企業であるが、投資家以外からの資金を一切受け取っていない。ロシアのソーシャルネットワーク Vkontakteの同氏の持ち株売却で得た資金により、Telegramは自力で運営を行っているようだ。売却によりいくらの蓄えがあるのかという質問への回答は拒否されたが、同氏の取り分は3億米ドルに上るとも報道されている。

今後Durov氏がTelegramへの外部投資を受け入れる可能性はあるだろうか?それは疑わしい。というのも、同社は自立状態を好んでおり、しばらくは運営に困らないだけの資金を有しているからだ。

【原文】

【via VentureBeat】 @VentureBeat

----------[AD]----------

WhatsappのMAUが9億人を突破したとCEOが報告

SHARE:

<ピックアップ>WhatsApp has 900 million monthly active users—but still no business model – Quartz 盛り上がるメッセージングサービスのなかで、WhatsappのMUAが9億人を突破したと報じられています。その報告も、Co-Founder&CEOのJan Koum氏のFacebookの投稿で明ら…

<ピックアップ>WhatsApp has 900 million monthly active users—but still no business model – Quartz

盛り上がるメッセージングサービスのなかで、WhatsappのMUAが9億人を突破したと報じられています。その報告も、Co-Founder&CEOのJan Koum氏のFacebookの投稿で明らかになったもの。(Facebook本社にて、隣にマーク・ザッカーバーグ氏がいて投稿し、ザッカーバーグ氏も「おめでとう!」とコメントしている様子も見られます)

WhatsApp now has 900 million monthly active users.

Posted by Jan Koum on Thursday, September 3, 2015

 

では、ここで他のメッセージングサービスを見てみましょう。最新の情報によると、二位につけているのがFacebook MessageでMAUは7億人。Facebookは、SNSからメッセージングを分離させ、独自のプラットフォームを展開しはじめています。

中国を基盤に世界展開を見せ始めているWeChatがMUAは6億人。3番目にはViberで2,36億人。(Viberは楽天と提携し、日本展開を見せ始めています。)。LINEが2億人を突破し、その次につけています。

熾烈なメッセージングプラットフォーム争いのなか、LINEはスタンプをもとにしたクリエイタープラットフォームを展開するなどビジネスモデルの模索も図っていますが、Whatsappはいまだビジネスモデルを模索せず、ひたすらにユーザ拡大を広げる取り組みなど、それぞれに展開の違いをみせています。

まだまだ続くプラットフォームの覇権争いをどのサービスが握るか。定点観測をもとに常にみていきたいものです。

via Quartz

----------[AD]----------

Whatsapp、爆速の開発でAndroidアプリに続きiOSアプリでもボイスコール機能を搭載

SHARE:

<ピックアップ>WhatsApp voice calling comes to iOS | The Verge さきほど、月間のMAU数が世界で8億人を超えたと紹介したWhatsappですが、iOS版で無料のボイスコールサービスを開始した、と発表しています。以前、Android版ではボイスコール機能を搭載したと発表しましたが、1ヶ月も経たないうちにiOS版もリリースということで、爆速の…

whatsapp

<ピックアップ>WhatsApp voice calling comes to iOS | The Verge

さきほど、月間のMAU数が世界で8億人を超えたと紹介したWhatsappですが、iOS版で無料のボイスコールサービスを開始した、と発表しています。以前、Android版ではボイスコール機能を搭載したと発表しましたが、1ヶ月も経たないうちにiOS版もリリースということで、爆速の開発環境が伺えます。ユーザ数も右肩上がりで、今回のボイスコール機能によって、WeChatやLINEなどともメッセージングアプリ競争もさらに加熱してきそうですね。

via TheVerge

----------[AD]----------

WhatsAppの月間アクティブユーザーが8億人に到達、3大メッセージング+1のMAUを並べてみた

SHARE:

<ピックアップ>WhatsApp’s growth is incredible: It just added another 100 million new users in 4 months WhatsAppの最新アクティブユーザーが公開された模様です。CEOのJan Koumがfacebookページで明らかにしたもので、月間8億人以上が使っているそうです。これは4カ月前…

Image Business Insider
Image Business Insider

<ピックアップ>WhatsApp’s growth is incredible: It just added another 100 million new users in 4 months

WhatsAppの最新アクティブユーザーが公開された模様です。CEOのJan Koumがfacebookページで明らかにしたもので、月間8億人以上が使っているそうです。これは4カ月前の数値から1億人上乗せした伸びということで、Business Insiderが公開しているチャート・オブ・ザ・デイに綺麗なグラフが掲載されておりました。3カ月毎ですがそれでもY軸の単位が異常ですね。

世界のメッセージングだんご三兄弟と言えば、東のWhatsApp、西のWeChat、その間にLINEといった配置となっておりますが、それぞれアクティブユーザーを公開しておりまして比較するとこのようになります。(時期の微妙なズレは誤差の範囲で)

WhatsApp:月間8億人(2015年4月時点)
WeChat:月間5億人(2015年3月時点
LINE:月間1.8億人(2015年1月時点

但しここにきて急に母艦から切り離された巨大メッセージングプラットフォーム「Facebook Messenger」が出現しており、こちらがまた月間アクティブユーザー6億人(2015年3月時点)というお化けプラットフォームになっているのはご存知の通りです。

仕事ではSlackとFacebook Messenger、プライベートではLINE、スパム対応はGmailと完璧なまでに切り分けられた当方のメッセージング環境ですが、この内、どれかが止まると本当に息の根が止まりそうになるので常にバックアップを用意することが大切だと改めて感じております。

via Business Insider

----------[AD]----------

Whatsappがついにボイスコース機能を、まずはAndroidユーザ向けにリリース。iOSもすぐにリリースされるらしい

SHARE:

<ピックアップ>WhatsApp finally adds voice calls for all Android users, iOS coming soon | The Verge ユーザ数が7億人を超えたと以前お伝えたしたWhatsappですが、今回新機能としてボイスコールを搭載しました。これによって、Whatsapp同士で無料通話ができるということで、ここで一気に利用者のアクテ…

whatsapp

<ピックアップ>WhatsApp finally adds voice calls for all Android users, iOS coming soon | The Verge

ユーザ数が7億人を超えたと以前お伝えたしたWhatsappですが、今回新機能としてボイスコールを搭載しました。これによって、Whatsapp同士で無料通話ができるということで、ここで一気に利用者のアクティブもあがってきそうです。

まずはAndroidからリリースしていますが、すぐにiOSもリリースされるということで、いよいよもって世界中の誰とでも通話ができる時代がくるかもしれません。日本では、LINEが先行していることもありWhatsappの利用状況は、筆者の周りではあまり見られませんが、そろそろ日本向けにマーケティングをしはじめてくるのでしょうか。

via The Verge

----------[AD]----------

Whatsappが次世代の情報発信のパブリッシャーのプラットフォームになるかもしれない

SHARE:

<ピックアップ>WhatsApp may be the next major platform for publishers – Business Insider ユーザ数が7億人を超えた、世界で利用されているメッセージングアプリのWhatsapp。そんなWhatsappが、次の時代のニュース配信プラットフォームになるのでは、という考察です。記事内では、グラフなどでその成長…

whatsapp

<ピックアップ>WhatsApp may be the next major platform for publishers – Business Insider

ユーザ数が7億人を超えた、世界で利用されているメッセージングアプリのWhatsapp。そんなWhatsappが、次の時代のニュース配信プラットフォームになるのでは、という考察です。記事内では、グラフなどでその成長を伝えています。

2014年のロイターレポートによると、スペインやブラジル、イタリアなどでは、ニュース配信のプラットフォームとして使われているとまとめています。これからますますくるモバイル時代において、メッセージングアプリで一斉に情報を配信することで、ユーザに直接ニュースを届けるといったことも可能性は大いにあります。

ニュースメディアがこうしたメッセージングアプリ内にアカウントを作成し届ける方法として日本ではLINE NEWSがあります。また、LINE内でアカウントを作成し、情報を発信するLINE@のメディア版ということがでてくれば、同様のことが起きてくるかもしれません。

パブリッシャーの次のプラットフォームをどこが握るのか、色々と注視していく必要があるかもしれません。

via BusinessInsider

----------[AD]----------