尿検査によるがんの早期発見を目指すCraif、ANRIなどから資金調達

SHARE:

Screen Shot 2020-06-22 at 11.08.31 AM

尿検査によるがんの早期発見を目指す「Icaria(新社名はCraif)」は6月17日、ANRI、大和企業投資、Aflac Ventures、森トラスト、FF APAC Scout(米国ベンチャーキャピタルファンドFounders Fundのスカウトファンド)ほかからの増資を公表している。調達したラウンドはシリーズAで、出資金等の詳細は公表されていない。

Craifは名古屋大学発ベンチャー。一滴の尿から高精度でがんを早期発見する検査や個別化医療を実現する治療選択プラットフォーム「エクソソームバイオマーカー」を開発している。今回の資金調達により、独自デバイスのさらなる開発や臨床研究の推進に取り組んでいくという。

via PR TIMES

----------[AD]----------