スムージーのサブスク「GREEN SPOON」アカツキら出資

SHARE:
GREEN SPOONウェブサイト

自分好みのスムージーボックスが届く「GREEN SPOON」は3日、1億8,000万円の資金調達を伝えている。第三者割当増資および金融機関からの借入によるもので、増資を引き受けたのはアカツキと泉州屋、その他個人投資家。アカツキは同社の直接投資プロジェクトHeart Driven Fundからの出資。

GREEN SPOONは定期購入タイプのサービスで、オンラインのテストに答えることで、個人の生活習慣や必要な栄養素にパーソナライズされたスムージー用の冷凍野菜やフルーツを提供してくれる。自宅まで毎月配送され、冷凍保存された食材が届くため新鮮さを気軽に体感できるのが特徴。月額7200円(毎月8個)から利用可能で、単品の場合は4つから注文できる。解約は1カ月目から可能。同社リリースによれば、今年3月に販売を開始し累計契約者は6,300名。今回調達した資金は、新商品の開発研究費、また法人向けパッケージの開発に用いられる。

via PR TIMES