セールスメールも動画の時代、「Rephrase.ai」が狙う次世代MailChimpの座

SHARE:
Image Credit : Rephrase.ai

ピックアップ:Rephrase.ai raises $1.5M to use synthetic media for personalized sales pitches

ニュースサマリー:動画を用いたセールスメールサービスを提供する「Rephrase.ai」は9月にシードラウンドにて150万ドルの資金調達を実施したと発表している。リード投資家にはLightspeed Venture PartnersとAV8 Venturesが参加した。同社はセールスメールをテキストの代わりに動画を採用し、高水準なコンバージョンを狙うことができるサービスを提供。加えて、アプリ内に動画コンテンツを利用可能なサービスにも着手している。

話題のポイント:動画版Mailchimpの座を狙う「Rephrase.ai」が150万ドルを調達しています。同社はもともと、バンガロールのTechstarsプログラムを2019年に卒業し、今回の調達に至りました。

同社の競合を挙げるとすれば、Sequioaが出資するLoomが挙げられるでしょう。同社では画面の説明を、テキストではなく説明者のウィンドウを付属させることで、リッチなコンテンツを目指しています。

Rephrase.aiでは、ウィンドウ上の人物作成から音声まで全てをGenrative AIを活用し自動生成することが可能な点です(モデルは実際の人間を使用)。ピッチ動画の受け手に合わせて動画内容をパーソナライズ化させるため、背景・人物・音声内容をいくつかのパターンを作って、受け手に合わせた内容に自動編集できます。

ユーザーが配信したいコンテンツ内容に合わせ、人物を選択し、話したいテキストを入力すれば完成なため、労力が全く掛からず動画コンテンツを生成することが可能になっています。また、同社ではアプリ内へのサービス実装をAPIを介して対応しており、例えば英会話アプリのネイティブスピーカー機能を上述したフローに沿うだけで実装することもできてしまいます。

あらゆるコンテンツのリッチ化が求められる中、Rephrase.aiが提供するサービスはtoB向け・toC向けどちらにも適したサービスの可能性を持っているのではないでしょうか。

共同執筆:「.HUMANS」代表取締役、福家隆