福岡発ポッドキャスト「歴史を面白く学ぶコテンラジオ」運営、8,400万円を調達——世界史DBの開発に着手

SHARE:
左から:樋口聖典氏、深井龍之介氏、楊睿之氏
Image credit: Coten

ポッドキャスト「歴史を面白く学ぶコテンラジオ(COTEN RADIO)」を運営する COTEN は30日、直近のラウンドで約8,400万円を調達したと発表した。このラウンドに参加したのは、REAPRA、ドーガン・ベータ、都築国際育英財団、ウラノス、ゼロトゥワンと、石塚亮氏(メルカリ共同創業者)、富島寛氏(メルカリ共同創業者)および名前非開示の投資家2名。同社では、2021年中にβ版のリリースを目指す世界史データベース「coten(仮称)」の開発資金に充当する予定だ。

2018年11月にスタートしたコテンラジオは、福岡を拠点に、深井龍之介氏(COTEN 代表取締役)、楊睿之氏(COTEN 広報、日本史担当)、樋口聖典氏(BOOK 代表)らが繰り広げるポッドキャストだ。SpotifyApple PodcastGoogle PodcastVoicy など複数のプラットフォームで聞くことができる。これまでに240のエピソードが公開され、2021年6月30日現在のユニークリスナー数は約11.8万人。Apple Podcast 総合ランキング1位、Spotify 総合ランキング最高2位などを獲得している。

同社では、今回の調達について、coten(仮称)の基本構想が完了しβ版の開発に着手するにあたり、投資家から COTEN の理念や描く社会に共感が得られたという。同社では2021年中にβ版のリリースを目指し、β版では特定の歴史領域を web 上で動的に閲覧できるようにする。完成後のマネタイズモデルはβ版の開発を通じて確立させたい考え。世界史の歴史情報を体系的に整理し、世界史データベースを活用した教育・事業・人材開発など幅広い分野でのサービスの展開を予定している。

via PR TIMES

BRIDGE Members

BRIDGEが運営するメンバー向けイベント「Tokyo Meetup」では新サービスの紹介やノウハウ共有などを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。メンバー登録は無料です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録