時価総額2億米ドルとされたUplift、同業のUpgradeが1億米ドルで買収——BNPL業界に何が起こっているのか

SHARE:
Image credit: Uplift

多くの人々、特にクレジットカードを持たない人々にとって、旅行は負担になり得る。そこで、旅費の BNPL(Buy Now, Pay Later)スタートアップ Uplift が市場機会を見出した。

Uplift は旅行商品向けの 2C BNPL サービスを立ち上げ、300社以上の航空会社やホテル業者と提携、消費者が先に楽しみ、後で支払うことを可能にしている。今年7月、旅行市場で存在感を深める Uplift は、同じくフィンテックサービスを提供する Upgrade の目に留まり、最終的に1億米ドルで買収されることとなった。

特筆すべきは、Uplift は買収に先立つシリーズ C ラウンドの調達で1億2,300万米ドルを調達しており、その際の企業価値は2億米ドル近くであったため、それに比べると買収額は少々低く感じられる。今回の買収劇で、BNPL スタートアップ各社が次の成長に向けたハードルに直面していることが明らかになった。

Brian Barth 氏の2つのスタートアップ

1999年、Uplift 創業者 Brian Barth 氏は、マサチューセッツ工科大学(MIT)を卒業し、電気工学の修士号を取得した。旅行好きだった彼は、自分の興味と学歴を結びつけて起業することを決意し、パートナーの Stu Kelly 氏とともに、世界中の旅行情報を1つのプラットフォームに集約し、航空運賃、宿泊施設、チケットなど、最も包括的な旅行情報をクリックひとつで検索できる検索エンジン「SideStep」を立ち上げた。2007年、Uplift の競合である Kayak は、旅行サイトをホリゾンタルに統合するため、SideStep を2億米ドルで買収した。

Brian Barth 氏

Barth 氏は次のスタートアップ Uplift を2014年に立ち上げ、消費者に、BNPL をベースにした旅行商品やサービスを提供している。

例えば、家族でディズニーランドに行き、その費用が2,000米ドルだった場合、Uplift は1年間の分割払いプランを提供することができ、旅行後の月々の支払いはわずか189米ドル(合計2,268米ドル)となる。

しかし、クレジット履歴のない人は借金に陥るリスクもある。消費者の債務不履行や不良債権のリスクを軽減するため、Uplift には厳しいユーザ審査の仕組みがあり、各ユーザの分割払いの金利は無利子から36%までさまざまである。

累積7億米ドルを調達した Uplift、1億米ドルで買収されることに合意した理由とは

監査や金利体制にもかかわらず、Uplift はまだ債務リスクにさらされている。設立以来、Uplift は7億米ドルを調達しているが、これには銀行からのデットも含まれていて、デットの正確な額は公表されていない。

取引の過程で、BNPL は店舗への支払に銀行からの借り入れが必要になる。消費者が個人信用枠を使って買い物をしない場合、BNPL プロバイダのリスクは、消費者が事故を起こしたり、支払能力をはるかに超える金額を使ったりして分割払いの債務を返済できなくなった場合、BNPL プロバイダが資金繰りに困ることである。

にもかかわらず、融資サービスプロバイダの Upgrade は U@lift を1億米ドルで買収した。Upgrade は 2C 融資サービスを中心とする金融商品プロバイダだ。2021年、Upgrade は BNPL 商品「Laplanche」をローンチしたが、Uplift と異なり、ユーザは固定金利で分割払いをしなければならない。

これまで、BNPL は主に e コマースプラットフォームで利用されており、Laplanche も例外ではない。e コマース企業にとって、支払オプションが増えることは、より多様なユーザを引き付け、マーケティング戦略を策定するための、より多くの消費者データを収集することを可能にする。

BNPL を他の業界に利用してもらうのは難しいが、Uplift は旅行業界との完全なパートナーシップを実現しており、エミレーツ航空、MSC クルーズ、ユニバーサルスタジオなど300社以上がパートナーとして名を連ねている。

Upgrade の CEO Renaud Laplanche 氏は、Uplift の買収により、垂直統合によりパートナーシップを獲得し、Upgrade の BNPL 事業を旅行業界に拡大成功することを期待していると述べた。

2C の BNPL が伸び悩む中、ヨーロッパのスタートアップは 2B の BNPL に殺到

世界的な景気後退、中央銀行による貸出金利の上昇、消費者の購買抑制マインドなど、さまざまな理由から、ベンチャーキャピタルは今日の BNPL の 2C 市場を楽観視していない。加えて、政府は消費者が借金を増やしすぎることを恐れて、BNPL 市場に多くの規制を課している。

2C の BNPL プロバイダは、消費者の維持手数料と e コマースプラットフォームの手数料から収入を得ている。2022年、BNPL のパイオニアである Klarna は800億円を失い、競合の Affirm の時価総額は75%減少した。今後、BNPL 市場は競争激化が予想され、競合他社が力を失えば買収も検討される。

同時に、2B 市場に新たな BNPL の機会を見出す企業もある。企業が買収やデジタルトランスフォーメーションなどの最中にある場合、多くの資金が必要になるが、すべての企業が銀行から融資を受けられるわけではない。BNPL を利用すれば、企業は信用力を損なうことなく資金を借りることができ、資金難を克服することができる。

2021年には、ドイツのスタートアップ Billie も、B2B の BNPL サービスを開始したことで、シリーズ C ラウンドでベンチャーキャピタルから1億米ドルの投資を受けた。BNPL プロバイダにとって、B2B には規制上の制約が多いとはいえ、一般的に企業は消費者よりも返済能力が高く、サプライヤーが代わりに返済するリスクを軽減できる。

ベンチャーキャピタル Speedinvest の CEO Olga Shikhantsova 氏は次のように語った。

BNPL の B2B 市場には成長の余地があり、投資の機会も多い。

【via Meet Global by Business Next(数位時代) 】 @meet_startup

【原文】

BRIDGE Members

BRIDGEでは会員制度の「Members」を運営しています。登録いただくと会員限定の記事が毎月3本まで読めるほか、Discordの招待リンクをお送りしています。登録は無料で、有料会員の方は会員限定記事が全て読めるようになります(初回登録時1週間無料)。
  • 会員限定記事・毎月3本
  • コミュニティDiscord招待
無料メンバー登録