マイクロソフト、小規模言語モデルAI「Phi-2」を公開——Meta「Llama 2」やMistral AI「Mistral 7B」の性能凌ぐ

SHARE:
Microsoft Ignite 2023 で Phi-2 を発表した Satya Nadella 氏
Image credit: Microsoft Research

ジェネレーティブ AI のニュースや発表の急速なペースは、2023年も残りわずかとなっても衰えていない。

X への投稿によれば、Microsoft Research は12日、PCやモバイル・デバイスで実行できるほど小さい text-to-text AI プログラムである「Phi-2」と呼ばれる小規模言語モデル(SML)のリリースを発表した。

同時に27億のパラメータ(人工ニューロン間の接続)を持つ Phi-2 は 、70億のパラメータを持つ Meta の「Llama 2-7B」や、同じく70億のパラメータを持つ「Mistral-7B」など、他のはるかに大きなモデルに匹敵する性能を誇っている。

<関連記事>

Microsoft Research Phi-2 モデルと他の主要なオープンソースおよびクローズドソースモデルとの比較表
Image credit:Microsoft Research

また、Microsoft の研究者は、Phi-2 のリリースに関するブログ記事で、5億個以上のパラメータを持つにもかかわらず、Google の新モデル「Gemini Nano 2」を上回り、Llama 2 よりも「毒性」や応答の偏りが少ないと指摘している。

Microsoftはまた、現在多くの批判を浴びている Google の「Gemini」の演出されたデモ動画について触れずにはいられなかった。この動画では、Google が近々発表する最大かつ最も強力な新しい AI モデル「Gemini Ultra」が、かなり複雑な物理学の問題を解き、質問者の間違いを訂正することさえできることを披露していた。 Gemini Ultra の数分の一のサイズであるにもかかわらず、Phi-2 も問題に正しく答え、同じプロンプトを使って生徒を訂正することができる主張した。

物理学の質問に対する Phi-2 の回答を示すプロモーション用スクリーンショット。
Image credit: Microsoft Research

Phi-2は、Microsoft Research License に基づき、商業利用ではなく「研究目的のみ」にライセンスされている。そのため、Phi-2 を使って製品を作ろうとしている企業は、運が悪かったと言わざるを得ない。

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

BRIDGE Members

BRIDGEでは会員制度の「Members」を運営しています。登録いただくと会員限定の記事が毎月3本まで読めるほか、Discordの招待リンクをお送りしています。登録は無料で、有料会員の方は会員限定記事が全て読めるようになります(初回登録時1週間無料)。
  • 会員限定記事・毎月3本
  • コミュニティDiscord招待
無料メンバー登録