検索型FAQ SaaS「Helpfeel」運営、20億円をシリーズD調達——GCPがリード

SHARE:
Image credit: Helpfeel

検索型 FAQ SaaS「Helpfeel(ヘルプフィール)」を運営する Helpfeel は11日、シリーズ D ラウンドで20億円を調達したと発表した。このラウンドはグロービス・キャピタル・パートナーズ(GCP)がリードし、インベストメント Lab、One Capital、Salesforce Ventures、トレイダーズホールディングス(東証:8704)が参加した。

これは Helpfeel にとって、2021年3月に明らかにしたシリーズ B ラウンド、2022年9月に明らかにしたシリーズ C ラウンドに続くものだ。One Capitalは、シリーズ B ラウンド、シリーズ C ラウンドに続いて、また、Salesforce Ventures は、シリーズ B ラウンドに続くフォローオンでの参加。累積調達額は約33億円に達した。

Helpfeel は IPA(情報処理推進機構)の「未踏」プログラマ洛西一周氏が2007年に創業(当時の社名は Nota)。これまでに、画像キャプチャを他者と共有できるサービス「Gyazo」、Wiki 的なコンテンツを作成できる CMS「Scrapbox」などを開発している。

2019年10月にローンチした Helpfeel は、さまざまな Web サービスで用意されている FAQ を取り込み、その検索性を向上させるサービスで、企業の業務効率化や問い合わせ削減に貢献する。現在ではジェネレーティブ AI を活用し UI/UX をさらに向上し、導入社数は200社を突破している。

Helpfeel では、調達した資金を使って、プロダクトの開発推進、セールスマーケティング活動の拡充、採用の強化を行う。また、トレイダーズホールディングスからの出資を受けて、傘下のトレイダーズ証券が運営する6つのサービスの FAQ に Helpfeel が導入されることも明らかになった。

via PR TIMES    Summarized by ChatGPT

BRIDGE Members

BRIDGEでは会員制度の「Members」を運営しています。登録いただくと会員限定の記事が毎月3本まで読めるほか、Discordの招待リンクをお送りしています。登録は無料で、有料会員の方は会員限定記事が全て読めるようになります(初回登録時1週間無料)。
  • 会員限定記事・毎月3本
  • コミュニティDiscord招待
無料メンバー登録