GitHub、企業がソフトウェア開発を加速できるAIアシスタント「Copilot Enterprise」をローンチ

SHARE:
Image credit: GitHub

オープンソースソフトウェア開発の主要プラットフォーム「GitHub」は27日、大企業がコーディングプロジェクトで AI の力を活用するのを支援することを目的とした新製品を発表した。

GitHub Copilot Enterprise と呼ばれるこの製品は、AI アシスタントで、組織独自のコードベースと標準に基づいて、コードの提案を生成し、クエリに答え、変更を要約することができる。専門家によると、この新サービスは、近い将来、ソフトウェアエンジニアリングチームがどのように運営されるかに大きな変化をもたらすもので、実質的にすべての開発者の側に AI プログラマーを置くことになるという。

VentureBeat とのインタビューで、GitHub の製品担当副社長 Mario Rodriguez 氏は次のように語った。

多くの企業がデジタルトランスフォーメーションから AI トランスフォーメーションへと移行しつつあります。AI を使う人と使わない人の間で、生産性の両極になる可能性さえあります。

ソフトウェアのライフサイクル全体に GitHub の AI を連携

Rodriguez 氏は、Copilot Enterprise はソフトウェア開発ライフサイクル全体を連携することで、GitHub の無料ツール「Copilot」をはるかに超えるものだと説明した。

AI Impact は、開発者が手作業に費やす時間を節約するために、組織独自のコードベースに基づいてカスタマイズされたコード案を提供し、社内システムに関する質問にわかりやすく答え、コード変更のサマリーを生成する。

Copilot Enterprise はまた、「Knowledge Base」を通じて企業のベストプラクティスとドキュメントを組み込み、開発者を標準的なアプローチに導くことができる。

これで、チームメンバーはサイロ化を解消し、集合的な知識を共有できるようになりました。Copilot Enterprise は、組織と企業のベストプラクティスを強化します。(Rodriguez 氏)

GitHub が AI コーディングツールの爆発的普及をリード

Copilot Enterprise のローンチは、GitHub がユーザ1億人を突破し、ソフトウェアコラボレーションの業界標準としての地位を確立したちょうど1年後のことだ。

Accenture などのパートナーによる初期のテストでは、Copilot Enterprise のような AI コーディングツールによって生産性が大幅に向上することが判明している。

オートコンプリートだけで、50,000人の開発者のビルドが50%増加しました。デジタルトランスフォーメーションから AI トランスフォーメーションに移行しつつあるのはそのためです。(Rodriguez 氏)

責任ある AI の実践に多額の投資を行う GitHub

しかし GitHub は、AI が生成したコードにはオリジナリティがない、あるいは新たなバグをもたらすという懐疑的な意見にも直面している。

Rodriguez 氏はこの批判を強く否定した。

私たちは、人間の創造性は今後も加速していくと信じています。Copilot は人間が中心となるツールです。このツールを活用する人間が創造性を高め、社会を前進させ続けることが私の望みです。(Rodriguez 氏)

GitHub は、Copilot Enterprise が望まない副作用なしに開発者を補強できるよう、責任ある AI の実践に多大な投資を計画している。

私たちは人類を後退させるのではなく、本当に前進させたいのです。(Rodriguez 氏)

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

BRIDGE Members

BRIDGEでは会員制度の「Members」を運営しています。登録いただくと会員限定の記事が毎月3本まで読めるほか、Discordの招待リンクをお送りしています。登録は無料で、有料会員の方は会員限定記事が全て読めるようになります(初回登録時1週間無料)。
  • 会員限定記事・毎月3本
  • コミュニティDiscord招待
無料メンバー登録