AIはコンテンツをどう作る?ーーAIライターは人間を超えるのか(3)

SHARE:
Photo by Tara Winstead

AIコンテンツ生成の長所と短所

(前回からのつづき)企業は、AIコンテンツジェネレーターツールを使用して、効果的なコンテンツマーケティング戦略を確立できるようになった。Fortune Business Insightsの調査によると、AIベースのコンテンツテクノロジ市場は2027年までに2,670億ドルに達すると予測されている。データによると、これらのシステムを使用している組織は使用していない組織よりも多くのトラフィックを受け取り、優れたコンバージョン率を達成しているのだ。

AIコンテンツ技術は、人的資源よりも企業にとってはるかに価値があることが示されるようになった。これは、投資にかかる費用と時間がはるかに少ないためだ。AIコンテンツの生成は、人間よりもはるかに短い時間でコンピューターが膨大な量のデータを処理できるため大幅に高速化される。これらのAIコンテンツジェネレーターは、少ない入力で無限の作品を生成することもできるため、一貫性のある新しい素材を必要とする企業に最適となる。

Curran氏は、業界はこれらのツールや技術がコンテンツ作成の観点から何ができるかを理解し始めたばかりであると語ったが、基本的にはAIによって人間が強化されることに変わりはない。同氏は「今後数年間、テクノロジーがより多くの熱心なユーザーの手に渡るようになるにつれ、AIをサポートするコンテンツ生成のためのさまざまなアプリケーション、ユースケース、およびアプローチのカンブリア爆発が見られるようになる」と指摘する。

ただし、AIコンテンツジェネレーターの使用にはいくつかの欠点もある。まず、ジェネレーターをコンテンツに適したトーンに設定するのは難しい場合がある。AIには意見を伝える力がなく、決定的な答えを提供できない場合があるため、ジェネレーターはよく表現できていない、または適切ではないAIテキストを生成する可能性がある。AIはスマートだが、書くことは文脈と正しい感情に依存し、人間は依然としてその両方で優れている。Schubmehl氏はこう続ける。

「AIは大量のテキストを生成するための強力なツールになりうるが、出力には感情や常識が欠けている場合があります。これは、AIライターが人間のライターのように行間を読むことができず、必ずしも作者が意図したものではない単語を使用する可能性があるためです」。

またSchubmehl氏は、AIベースのコンテンツジェネレーター(NLGプログラム)は、生成されるテキストを実際には理解していないことにも言及した。これは作成されたテキストが一連のアルゴリズムにのみ基づいているためだ。

「自然言語で生成されたテキストはますます正確な要約を提供できるようになりますが、ブランド表現やトーン、共感など、AIアルゴリズムにプログラムするのが難しく、コンテンツ作成プロセスで人間の介入が引き続き必要となる領域があります。これは時間の経過とともに、数十億行のテキストに基づく大規模な言語モデルが、教師なし機械学習によって、AIベースのコンテンツをより適切に作成できるようになると期待しています」。

一方、構造化データを使用したMLトレーニングがどれほど優れていても、機械生成コンテンツが主観的であってはなりません。人間の文章は、トピックに関する知識の豊富さを反映しており、機械には匹敵しない表現力を備えています。このようなグレーゾーンに対処できるのは、ヒューマンコンテンツの専門家だけです。したがって、人間の作成者と照合しながら完全に人間に取って代わることができるAIツールの開発には時間がかか流と考えています」。

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

BRIDGE Members

BRIDGEでは会員制度「BRIDGE Members」を運営しています。会員向けコミュニティ「BRIDGE Tokyo」ではテックニュースやトレンド情報のまとめ、Discord、イベントなどを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。登録は無料です。
  • テックニュース全文購読
  • 月次・テーマまとめ「Canvas」
  • コミュニティDiscord
  • イベント「BRIDGE Tokyo」
無料メンバー登録