BRIDGE

タグ スマートウォッチ

ウェアラブルバンド最大手の米Fitbit、リストバンド型活動量計「Surge」等3機種を発表

SHARE:

ウェアラブルバンドの世界シェア50%超をほこる米Fitbit社は、2014年10月27日にリストバンド型活動量計の新3種類「Fitbit Charge」「Fitbit Charge HR」「Fitbit Surge」を発表した。 価格はそれぞれ、129.95ドル、149.95ドル、249.95ドル。「Charge HR」と「Surge」が2015年初頭以降の発売予定で、「Charge」は発表と同時…


Fitbit Surge

ウェアラブルバンドの世界シェア50%超をほこる米Fitbit社は、2014年10月27日にリストバンド型活動量計の新3種類「Fitbit Charge」「Fitbit Charge HR」「Fitbit Surge」を発表した。

価格はそれぞれ、129.95ドル、149.95ドル、249.95ドル。「Charge HR」と「Surge」が2015年初頭以降の発売予定で、「Charge」は発表と同時にすでに米国での販売を開始している。

Fitbit Charge

Fitbit Charge
Fitbit Chargeは「装着すると皮膚がかぶれる」というリコールで販売停止になった「Fitbit Force」の後継モデルのリストバンド型端末だ。

歩数や距離、階段を何回使ったかなどの計測が可能で、スマートフォンがなくても搭載した有機LEディスプレイでその場でデータを確認できる。

もちろんスマートフォンと連携させて、運動データ以外にも睡眠の質などをアプリでグラフ表示したりと詳細なデータの確認も可能だ。また、着信通知、自動スリープ、振動によるアラーム機能等も搭載している。

バッテリー持続時間は1回の充電で約7日間で、5気圧までの防水機能も備える。カラーは、ブラック、ブルー、ワインレッド、スレート(グレイ)の4色が用意される。

Fitbit Charge HR

Fitbit Charge HR
Fitbit Charge HRは、Fitbit Chargeと同様の基本機能に加えて、PurePulseという光学心拍センサーを搭載したリストバンド型端末だ。血液の量の変化を測定し、正確な心拍数を計測できるという。

Fitbit Charge HR

1回の充電でのバッテリー持続時間は5日、カラーはブラックおよびブルー、オレンジ、プラムの4色が用意される。

Fitbit Surge

Fitbit Surge
Fitbit Surgeは、同社として初の液晶タッチディスプレイを搭載したリストバンド型端末で、GPS、加速度センサー、ジャイロスロスコープ等の複数のセンサーや、Charge HRと同様に心拍センサーも内蔵したハイエンドモデルだ。

液晶のディスプレイで計測データを確認出来るだけでなく、連携したスマートフォンの音楽再生などの操作をすることもできる。

1回の充電でのバッテリーは持続時間は7日間で、カラーはブラックおよびブルー、オレンジの3色が用意されるという。

3機種ともに日本でも2015年の早期に発売されるとのことだが、具体的な発売日や販売価格は現時点では未定の模様だ。

----------[AD]----------

3インチの大画面を搭載、手首に装着するウェアラブルデバイス「Rufus Cuff」

SHARE:

シンプル、小型化、軽量化されたスマートウォッチが登場する中、流れに逆行するかのようなウェアラブルデバイスが登場している。Rufus Labsが開発している「Rufus Cuff」だ。 Rufus Cuffは、手首に装着して使うデバイスとしては大きめの3インチのTFT液晶画面(400 x 240 QVGA)に加え、GPS、Bluetooth、Wi-Fi、加速度センサー、6軸ジャイルスコープ、マイク、…


Rufus Cuff
シンプル、小型化、軽量化されたスマートウォッチが登場する中、流れに逆行するかのようなウェアラブルデバイスが登場している。Rufus Labsが開発している「Rufus Cuff」だ。

Rufus Cuff
Rufus Cuffは、手首に装着して使うデバイスとしては大きめの3インチのTFT液晶画面(400 x 240 QVGA)に加え、GPS、Bluetooth、Wi-Fi、加速度センサー、6軸ジャイルスコープ、マイク、カメラ等を搭載。いわゆるスマートウォッチの類だが、その形状からか開発元のRufus Labsは「リストコミュニケーター」と称している。

Rufus Cuff
OSにはAndroid(Kit Kat)を搭載し、Bluetoothで接続したAndroidやiOS端末の音楽プレイリストの操作やカメラ撮影の操作などが行える。

Rufus Cuff
また、Rufus Cuff単体でもWi-Fi経由で音声、ビデオ通話や、画面のタッチ入力でのメッセージ送受信ができる。

Google Playからもアプリを追加可能で、加速度センサーやGPSを利用するRun Trackerなどのフィットネス向けアプリもサポートする。

このRufus Cuff、クラウドファウンディングサイトのIndiegogoにて開発資金の出資を募っており、2014年5月に目標額の20万ドルを超える36万ドルあまりの調達に成功しているが、同サイトのパイロットプログラムにより、現在も無期限で資金調達を継続中だ。

279ドルの出資からRufus Cuffを手に入れることができる。また、同社サイトでも予約販売を行っており、いずれも2015年4月ごろの発送となる見込みのようだ。

----------[AD]----------

スウォッチ社独自のスマートウォッチ「Swatch Touch」が2015年夏に登場か

SHARE:

数ある時計メーカーの中でも、そのデザインと存在感・カジュアルさで独自の地位を築いているスウォッチ社。同社の時計を支持するユーザーと、昨今盛り上がりつつウェアラブル系のハイテク時計との相性がとても良さそうというのは、時計業界にあまり詳しく無い私でもなんとなくわかるほどだ。 そんな同社のCEO、Nick Hayek氏によれば、2015年夏に、スウォッチ社独自のスマートウォッチである新型の「Swatch…


IMG_9364

数ある時計メーカーの中でも、そのデザインと存在感・カジュアルさで独自の地位を築いているスウォッチ社。同社の時計を支持するユーザーと、昨今盛り上がりつつウェアラブル系のハイテク時計との相性がとても良さそうというのは、時計業界にあまり詳しく無い私でもなんとなくわかるほどだ。

そんな同社のCEO、Nick Hayek氏によれば、2015年夏に、スウォッチ社独自のスマートウォッチである新型の「Swatch Touch」が登場予定だという。

そもそも現行のSwatch Touchは、ボタン類を廃し、全ての操作をタッチパネルで行えるようにしたモデル。2011年の登場以来、スマートフォン世代に支持されているのだとか。その流れで登場するのが、新たにフィットネス機能などをそなえた次世代のSwatch Touchだ。本製品では歩数計と燃焼カロリー数が計測できるようになり、またBluetoothによってスマートフォンとの連携をすることができるようだ。

何より特徴的なのは、同製品が「完全に単独での開発」をされている点だ。AppleやSamsunなど、先行するデバイスメーカーとの共同開発の道では無く、独自の路線を歩んだところは、なんともスウォッチらしい。

以下は完全に個人的な意見だが、多くの人にとってのスウォッチの魅力は、あまり高価格でないことや、モデル・デザインが無数に発表され、そこにファッション的な感覚を強く見出すことができた点だと思っている。今後スウォッチがスマートウォッチに参入していくのはとても理解できるのだが、ぜひこの「スウォッチらしさ」は失わないでいて欲しい。気軽に買い換えたり、毎日別の製品をつけたりできる製品ならとても嬉しいのだが。

----------[AD]----------

シュートの成功率も計測可能なバスケットボールプレイヤー用のスマートウォッチ「Hoop Tracker」

SHARE:

様々なメーカーが発表しているスマートウォッチ。矢野経済研究所のリサーチによれば、2016年には出荷台数は1億台になるとも予想されている。そんなスマートウォッチに、バスケットボールプレイヤー用が登場した。 「Hoop Tracker」はバスケットボールをプレイする際に身につけるスマートウォッチだ。シュートを打つ手と逆の手に装着し、シュート回数や成功率などの分析を行ってくれる。現在、Kickstart…


ab33989fbf1592378f8a6a0a86084ef8_large

様々なメーカーが発表しているスマートウォッチ。矢野経済研究所のリサーチによれば、2016年には出荷台数は1億台になるとも予想されている。そんなスマートウォッチに、バスケットボールプレイヤー用が登場した。

「Hoop Tracker」はバスケットボールをプレイする際に身につけるスマートウォッチだ。シュートを打つ手と逆の手に装着し、シュート回数や成功率などの分析を行ってくれる。現在、Kickstarterにプロジェクトを掲載しており、資金調達を行っている。

「Hoop Tracker」を装着すれば、練習時間および消費カロリーといった一般的なものに加え、3ポイント、フリースロー、フィールドゴール成功率なども記録・分析してくれるそうだ。シュートの成功率はバスケットのゴール側にデバイスを装着することで計測する。

aabaaa8390949e90f1bed36bb5831513_large

バスケットボールをプレイしたことのある人ならイメージできるかもしれないが、バスケットボールのプレイヤーは練習中、様々な角度からシュートを打ち、どの角度からのシュートの成功率が高いか、といったことを考える。これを正確に記録してくれるというのはありがたい。

「Hoop Tracker」は連続使用でバッテリーは7時間ほど持続する。重さは65g。Nike Fuelband SEの重さが30g前後なので、その倍ほどの重さだ。これくらいの重さであれば、身につけていてもさほど気にならないだろう。

2f3079fc97f8cf43278dfae6317ef82f_large

記録されたデータは「Hoop Tracker」のデバイス上でも確認できるば、パソコンやスマートフォン上でも確認することができる。このデータを友人と比較するといったことも可能だ。

「Hoop Tracker」は、スマートウォッチ、USBコネクター、ゴールに取り付けるシュート検知のためのデバイス、検知用デバイスをリングに取り付けるためのポール、すべて込みで99米ドルで入手することができる。Kickstarterのキャンペーン後の価格は、199米ドルを予定しているそうだ。

969f553c254f608b7425d6c1006f9277_large

----------[AD]----------