タグ CODE Meee

「瓢箪から駒」ならぬ、マスクスプレーからVTuberの香り——コロナ禍で成功した、CODE Meee×ホロライブ×電通の取り組み

SHARE:

コロナ禍における人々の行動変容は、スタートアップの事業計画にもさまざまな影響を及ぼしている。ピボットを余儀なくされることもあれば、既存事業の追い風となるケースもある。今日紹介するのは、そのどちらでもないかもしれないが、パンデミックを端緒にしたアイデアが期せずして新たなプロダクトを生み出し、異業種のスタートアップとの協業で大きな商機に結びついた事例だ。 香りのスタートアップ CODE Meee につ…

左から:CODE Meee 代表取締役の太田賢司氏、電通第3ビジネスプロデュース局の野上賢悟氏
Image credit: Dentsu

コロナ禍における人々の行動変容は、スタートアップの事業計画にもさまざまな影響を及ぼしている。ピボットを余儀なくされることもあれば、既存事業の追い風となるケースもある。今日紹介するのは、そのどちらでもないかもしれないが、パンデミックを端緒にしたアイデアが期せずして新たなプロダクトを生み出し、異業種のスタートアップとの協業で大きな商機に結びついた事例だ。

香りのスタートアップ CODE Meee については、BRIDGE でも何度か伝えてきた。ここ数年、彼らは C 向けのアロマサービスだけでなく、香りをエンターテイメントビジネスや環境改善に役立てる B 向けのサービスにも注力してきた。気分を変えるという香り本来の効能に加え、香りで課題や問題を解決する「ソリューション・フレグランス」というコンセプトに言及したのも興味深かった。

パンデミックの第一波が到来し最初の緊急事態宣言が発令された昨年4月、CODE Meee はマスク専用のプレミアムアロマスプレーを発売した。外出時にマスクの常態的な装着が求められるようになる中で、このスプレーをマスクに吹き付けると、ウイルス予防、抗菌、消臭の効能が認められるというものだ。

CODE Meee は自社サイトでこのスプレーを販売しつつ、同社の創業者で代表取締役の太田賢司氏は、さらなる事業拡大を目指し、以前採択された「GRASSHOPPER」での繋がりを頼りに、電通にこの商品の展開について相談した。当初は電通社内や取引先に販売してもらうことを目論んだようだが、電通第3ビジネスプロデュース局の野上賢悟氏は事業にする観点から可能性を模索した。

プロモーションの予算は無いという。広告代理店である電通が、そんなプロジェクトにどう取り組めるか意義を見出すのは正直難しかった。マーケティングの 4P(Product、Place、Pricing、Promotion)から見るといい商品だが、マスク用のスプレーは競合も結構多くレッドオーシャン。1,700円という価格はハイエンドだし、そのまま展開しても難しいかもしれないと感じた。

どう売るべきか、野上氏は電通のチームメンバーや太田氏と検討を重ねる中で、あるスタートアップと組むことでアロマスプレーの価値を最大化できないか、との仮説にたどりつく。VTuber プロダクション「ホロライブ」の成長が著しいカバーとの協業だ。CODE Meee が VTuber 5人の香りをカスタマイズして制作、マスクスプレー「HOLO AROMA!」として発売する企画だった。

香りという商品で差別化を図るには、熱狂度の高いコアなファンに楽しんでもらう必要があると考えた。実在しない2.5次元のキャラクタにちなんで、香りというリアルな要素を届けることができれば、ユーザにはリモート環境では難しいキャラクタの存在感を身近に感じてもらえるのではないか。(野上氏)

このアイデアは見事に的中し、昨年6月に公開された HOLO AROMA! の発売事前告知動画は再生数30万回を超え、公開日には「ホロアロマ」が Twitter のトレンドワードで4位にランクインした。同製品の購入予約を受け付ける CodeMee の Web サイトには開設以来最大人数が訪問し、初回ロットの受付では1時間に2,000個以上の HOLO AROMA! が完売したという。

「HOLO AROMA!」のパッケージ。夏色まつりさん、百鬼あやめさん、癒月ちょこさん、潤羽るしあさん、白銀ノエルさん、5人の香りが発売された。
Ⓒ2016-2021 COVER Corp.

科学に裏打ちされたプロダクトを持つスタートアップ(CodeMeee)と、没入感や熱狂度の高い IP を持つスタートアップ(カバー)、そして、彼らを引き合わせたのが普段はナショナルクライアントを相手にしているが多い電通だった、という点で面白い事案ではないだろうか。実験的な要素が大きかったこともまた、プロジェクトを成功に導いた大きな要因の一つと言える。

当初のマスク用アロマスプレーは、電通サイエンスジャムとの連携でプレ実証していた、脳波による感性把握技術にもとづく「ソリューション・フレグランス」の知見を活用して開発したもの。もともとは機能に寄せていたものだったが、思いっきりブランディング、つまり情緒側に振った。ブランディングに寄せたことで、商品の何を誰に売りたいかが明確になり刺さりやすくなったと思う。(太田氏)

電通としては VTuber の新しいグッズを作り出すという立場だった。タレントを起用して、その方の香りを作るといった企画だったとしたら、条件的に実現することは難しかったかもしれない。今回は VTuber というのが非常に親和性があった。彼らは必然的に画面の向こう側にいて、一方、香りは画面を越えていける。カバーもまた、面白い企画だと快諾し楽しんでやってくれたのは大きい。(野上氏)

起業家はアイデアの事業化に力を注ぐあまり、視野が狭くなってしまうこともある。それゆえ、事業に深くコミットしていないステイクホルダー以外の話に耳を傾けたり、異文化・異業種の企業やスタートアップとからんだりすることが肝要だ。コロナ禍でセレンディピティがもたらす化学反応は生じにくくなっている。電通のみならず、さまざまな大企業が触媒の機能を果たすことに期待したい。

BRIDGE Members

BRIDGEが運営するメンバー向けイベント「Tokyo Meetup」では新サービスの紹介やノウハウ共有などを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。メンバー登録は無料です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録


香り×テクノロジーのコードミー、ソリューション・フレグランスで医療や介護施設の環境改善へ——江戸川病院で臨床研究を開始

SHARE:

アロマのサブスクリプションサービス「CODE Meee ONE(コードミーワン)」の運営などで知られるコードミーは11日、独自の調合アロマを医療・介護施設で活用していくことを念頭に、江戸川病院での臨床研究を開始すると発表した。 今回の医療現場や介護施設への参入は、CODE Meee ONE と同じく、科学的観点から働く人の「コンディション」を香りで最大化するソリューション・フレグランスというアプロ…

前方から3人目が明星智洋医師。5人目がコードミー代表取締役の太田賢司氏。
Image credit: Code Mee

アロマのサブスクリプションサービス「CODE Meee ONE(コードミーワン)」の運営などで知られるコードミーは11日、独自の調合アロマを医療・介護施設で活用していくことを念頭に、江戸川病院での臨床研究を開始すると発表した。

今回の医療現場や介護施設への参入は、CODE Meee ONE と同じく、科学的観点から働く人の「コンディション」を香りで最大化するソリューション・フレグランスというアプローチの一つだ。

医療・介護施設には、医療に関連する匂い(疾患、薬剤など)と生活に関連する匂い(排泄など)に由来する特有の匂いがあり、患者・介護者・家族の精神的負担になっている。特にがん医療の現場では、がん組織に由来する特有の腫瘍関連の匂いが日常生活に関わる問題となりながらも、根本的な解決策は確立されていなかった。

コードミーの創業者で代表取締役の太田賢司氏は、フレグランスメーカーの立場からこの課題の解決に協力したいと考え、がん治療の第一人者である江戸川病院がん免疫治療センター長の明星智洋氏に相談。江戸川病院の施設内には、「職員が楽しく働ければ、必然的に患者へのサービスが向上する」という考えから遊び心溢れる視覚的な仕掛けがなされており、視覚的要素に加えて嗅覚的要素にも着目しようとの観点から、臨床研究に協力してもらえることになったという。

江戸川病院の内装は、前衛的なアートで彩られていることで有名。
Image credit: Edogawa Hospital

ソリューションフレグランスを、これまで人々にリラックスしてもらう狙いでオフィス空間を中心に展開してきた。しかし、医療や介護の現場の方が、状況はよりクリティカルだ。今回は、そんなクリティカルな社会課題を解決する試みの第一号となる。(中略)

Hyper medical creator の肩書を持つ明星先生は、がん診療の最前線で医師としても名声・実績を持つ方。コードミーのビジョンに共感いただいたので、今後、顧問にも就任いただく予定だ。(太田氏)

コードミーでは、提供するフレグランスが患者・介護者・家族のストレスを軽減し QOL 向上に役立つことを測定した脳波など科学的根拠のあるデータで示したいとしている。臨床研究の結果は、専門学術誌に論文の形で発表されることを期待したい。

CODE Meee はシードラウンドで、2017年にサムライインキュベートからの資金調達と、政策金融公庫から資本性ローンによる融資、2018年にサムライインキュベート、Globis Venture Challenge、かながわサイエンスパークのインキュベータであるケイエスピー、グローカルリンクから非開示額の資金調達を実施している。

昨年は、Plug and Play Japan 第1期IVS 2019 Summer in 神戸の Launchpad ファイナリスト、電通のスタートアップ支援「GRASSHOPPER」2019年冬バッチに採択された。大企業との協業では、フジクライノベーションハブ「BRIDGE」で香りを使った PoC 、ソニー・ミュージックエンタテインメントと関連アーティストのフレグランスをライブ会場で販売する PoC を実施した。

今年は、グロービスのアクセラレーションプログラム「G-STARTUP」の第2期に参加することが明らかになっている。

BRIDGE Members

BRIDGEが運営するメンバー向けイベント「Tokyo Meetup」では新サービスの紹介やノウハウ共有などを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。メンバー登録は無料です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録


香り×テクノロジーのコードミー、ソニー・ミュージックエンタテインメントと協業——関連アーティストのフレグランスをライブ会場で販売

SHARE:

アロマのサブスクリプションサービス「CODE Meee ONE(コードミーワン)」を展開するコードミーは17日、ソニー・ミュージックエンタテインメント(SME)と協業し、関連アーティストの物販アイテム(マーチャンダイズ)として限定フレグランスの製作を担当し、ライブ会場で販売する PoC を実施すると発表した。 同社では、先日開催された電通のスタートアップ支援プログラム「GRASSHOPPER」のデ…

Image credit: maru123rf / 123RF

アロマのサブスクリプションサービス「CODE Meee ONE(コードミーワン)」を展開するコードミーは17日、ソニー・ミュージックエンタテインメント(SME)と協業し、関連アーティストの物販アイテム(マーチャンダイズ)として限定フレグランスの製作を担当し、ライブ会場で販売する PoC を実施すると発表した。

同社では、先日開催された電通のスタートアップ支援プログラム「GRASSHOPPER」のデモデイにおいて、C 向けの CODE Meee ONE に加え、B 向けに記憶を香りと共に消費者に定着する「ブランディング・フレグランス」と銘打ったサービスラインを開発、アーティストライブなどへの導入で協業を図ることを明らかにしていた。

同社ではこれまでにも、シンガーソングライターやクラシックアーティストと共に、アーティストや楽曲をコンセプトに制作したフレグランスによるライブ空間のデザインやフレグランスの物販に取り組んできた。フレグランスの体験者からは、「大好きな人や曲の香りがあるのは素敵」「これでいつでもライブでの感動の記憶を思い出せる」といった肯定的な意見が寄せられてきたという。

「GRASSHOPPER」のデモデイで、B2B 事業について説明するコードミー CEO の太田賢司氏
Image credit: Masaru Ikeda

CODE Meee は2017年5月、ユーザ毎にカスタマイズされたアロマのサブスクリプションサービス「aromeee(アロミー)」をローンチ(当時の社名はアロマコード)。その後、商品コンセプトを変え、サービス名・社名をリブランドして CODE Meee ONE を今年6月にローンチした。

CODE Meee はシードラウンドで、2017年にサムライインキュベートからの資金調達と、政策金融公庫から資本性ローンによる融資、2018年にサムライインキュベート、Globis Venture Challenge、かながわサイエンスパークのインキュベータであるケイエスピー、グローカルリンクから非開示額を資金調達。昨年には、Plug and Play Japan 第1バッチに採択、フジクライノベーションハブ「BRIDGE」で香りを使った PoC を実施。IVS 2019 Summer in 神戸の Launchpad ファイナリストに選ばれた。

BRIDGE Members

BRIDGEが運営するメンバー向けイベント「Tokyo Meetup」では新サービスの紹介やノウハウ共有などを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。メンバー登録は無料です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録


直近のつぶやきからストレス課題をAI診断、3,000種類以上からパーソナライズされたアロマを届けてくれる「CODE Meee ONE」が正式ローンチ

SHARE:

コードミーは27日、ストレス課題に応じて最適な香りを作成、サブスクリプション購入できるアロマサービス「CODE Meee ONE(コードミーワン)」をローンチした。5月30日に限定ユーザに先行販売していたが、約1ヶ月間のテスト販売を経て、今回正式ローンチを迎えた。 CODE Meee ONE は、典型的な香水や芳香剤などとは異なり、精神状態や気分を改善するメンタルヘルスケア機能に特化した製品。コア…

Image credit: CODE Meee

コードミーは27日、ストレス課題に応じて最適な香りを作成、サブスクリプション購入できるアロマサービス「CODE Meee ONE(コードミーワン)」をローンチした。5月30日に限定ユーザに先行販売していたが、約1ヶ月間のテスト販売を経て、今回正式ローンチを迎えた。

CODE Meee ONE は、典型的な香水や芳香剤などとは異なり、精神状態や気分を改善するメンタルヘルスケア機能に特化した製品。コアターゲットは30代の男性ビジネスパーソンだ。ユーザはサイトから自分のプロフィールのほか、改善したい精神状態やストレス課題、気分を上げたいなど理想のイメージを投入すると、3,000種類以上の調合レシピの中から最適なアロマが3種類提案される。

さらに、ユーザが自分の Twitter アカウントを連携すると、直近200件のつぶやき内容をテキストマイニングし AI が診断・分析。その結果、合計で4種類のアロマの提案を受けられる。ユーザはこのうち1つを選んで購入する。価格は、サブスクリプションで1ヶ月分1,800円。テスト期間中には、アロマを嗅いで気持ちを落ち着かせてプレゼンに臨むユーザや、CODE Meee One でタバコをやめられたユーザもいたという。

Image credit: CODE Meee

27日、東京で開催されたメディア向けのイベントでは、「令和の香り」「炎上の香り〜バイトテロ〜」「炎上緩和の香り」という3つのアロマがデモで紹介された。前者2つについては、CODE Meee ONE が通常サービスで提供するメンタルヘルスケアを意図したものではないが、言葉が持つコンテキストから特徴をどう香りに表現できるかを示したかったという。

アロマ成分の精油や調合の過程はもとより、容器やパッケージなど全ての要素を国産で完成させていることもこだわりの一つ。現在は川崎市内にある CODE Meee のラボ内で製造しているが、販売量の増加にあわせ国内の OEM メーカーに製造委託することも計画している。

CODE Meee は2017年5月、ユーザ毎にカスタマイズされたアロマのサブスクリプションサービス「aromeee(アロミー)」をローンチ(当時の社名はアロマコード)。朝・昼・晩で3本使い分ける仕様だったサービスをブラッシュアップし1本に集約、社名も変えて CODE Meee ONE のローンチにこぎつけた。昨年には、Plug and Play Japan 第1バッチに参加し、フジクライノベーションハブ「BRIDGE」で香りを使った PoC を実施している。

CODE Meee はシードラウンドで、2017年にサムライインキュベートからの資金調達と、政策金融公庫から資本性ローンによる融資、2018年にサムライインキュベート、Globis Venture Challenge、かながわサイエンスパークのインキュベータであるケイエスピー、グローカルリンクから非開示額の資金調達を実施している。

BRIDGE Members

BRIDGEが運営するメンバー向けイベント「Tokyo Meetup」では新サービスの紹介やノウハウ共有などを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。メンバー登録は無料です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録