タグ hololive

「瓢箪から駒」ならぬ、マスクスプレーからVTuberの香り——コロナ禍で成功した、CODE Meee×ホロライブ×電通の取り組み

SHARE:

コロナ禍における人々の行動変容は、スタートアップの事業計画にもさまざまな影響を及ぼしている。ピボットを余儀なくされることもあれば、既存事業の追い風となるケースもある。今日紹介するのは、そのどちらでもないかもしれないが、パンデミックを端緒にしたアイデアが期せずして新たなプロダクトを生み出し、異業種のスタートアップとの協業で大きな商機に結びついた事例だ。 香りのスタートアップ CODE Meee につ…

左から:CODE Meee 代表取締役の太田賢司氏、電通第3ビジネスプロデュース局の野上賢悟氏
Image credit: Dentsu

コロナ禍における人々の行動変容は、スタートアップの事業計画にもさまざまな影響を及ぼしている。ピボットを余儀なくされることもあれば、既存事業の追い風となるケースもある。今日紹介するのは、そのどちらでもないかもしれないが、パンデミックを端緒にしたアイデアが期せずして新たなプロダクトを生み出し、異業種のスタートアップとの協業で大きな商機に結びついた事例だ。

香りのスタートアップ CODE Meee については、BRIDGE でも何度か伝えてきた。ここ数年、彼らは C 向けのアロマサービスだけでなく、香りをエンターテイメントビジネスや環境改善に役立てる B 向けのサービスにも注力してきた。気分を変えるという香り本来の効能に加え、香りで課題や問題を解決する「ソリューション・フレグランス」というコンセプトに言及したのも興味深かった。

パンデミックの第一波が到来し最初の緊急事態宣言が発令された昨年4月、CODE Meee はマスク専用のプレミアムアロマスプレーを発売した。外出時にマスクの常態的な装着が求められるようになる中で、このスプレーをマスクに吹き付けると、ウイルス予防、抗菌、消臭の効能が認められるというものだ。

CODE Meee は自社サイトでこのスプレーを販売しつつ、同社の創業者で代表取締役の太田賢司氏は、さらなる事業拡大を目指し、以前採択された「GRASSHOPPER」での繋がりを頼りに、電通にこの商品の展開について相談した。当初は電通社内や取引先に販売してもらうことを目論んだようだが、電通第3ビジネスプロデュース局の野上賢悟氏は事業にする観点から可能性を模索した。

プロモーションの予算は無いという。広告代理店である電通が、そんなプロジェクトにどう取り組めるか意義を見出すのは正直難しかった。マーケティングの 4P(Product、Place、Pricing、Promotion)から見るといい商品だが、マスク用のスプレーは競合も結構多くレッドオーシャン。1,700円という価格はハイエンドだし、そのまま展開しても難しいかもしれないと感じた。

どう売るべきか、野上氏は電通のチームメンバーや太田氏と検討を重ねる中で、あるスタートアップと組むことでアロマスプレーの価値を最大化できないか、との仮説にたどりつく。VTuber プロダクション「ホロライブ」の成長が著しいカバーとの協業だ。CODE Meee が VTuber 5人の香りをカスタマイズして制作、マスクスプレー「HOLO AROMA!」として発売する企画だった。

香りという商品で差別化を図るには、熱狂度の高いコアなファンに楽しんでもらう必要があると考えた。実在しない2.5次元のキャラクタにちなんで、香りというリアルな要素を届けることができれば、ユーザにはリモート環境では難しいキャラクタの存在感を身近に感じてもらえるのではないか。(野上氏)

このアイデアは見事に的中し、昨年6月に公開された HOLO AROMA! の発売事前告知動画は再生数30万回を超え、公開日には「ホロアロマ」が Twitter のトレンドワードで4位にランクインした。同製品の購入予約を受け付ける CodeMee の Web サイトには開設以来最大人数が訪問し、初回ロットの受付では1時間に2,000個以上の HOLO AROMA! が完売したという。

「HOLO AROMA!」のパッケージ。夏色まつりさん、百鬼あやめさん、癒月ちょこさん、潤羽るしあさん、白銀ノエルさん、5人の香りが発売された。
Ⓒ2016-2021 COVER Corp.

科学に裏打ちされたプロダクトを持つスタートアップ(CodeMeee)と、没入感や熱狂度の高い IP を持つスタートアップ(カバー)、そして、彼らを引き合わせたのが普段はナショナルクライアントを相手にしているが多い電通だった、という点で面白い事案ではないだろうか。実験的な要素が大きかったこともまた、プロジェクトを成功に導いた大きな要因の一つと言える。

当初のマスク用アロマスプレーは、電通サイエンスジャムとの連携でプレ実証していた、脳波による感性把握技術にもとづく「ソリューション・フレグランス」の知見を活用して開発したもの。もともとは機能に寄せていたものだったが、思いっきりブランディング、つまり情緒側に振った。ブランディングに寄せたことで、商品の何を誰に売りたいかが明確になり刺さりやすくなったと思う。(太田氏)

電通としては VTuber の新しいグッズを作り出すという立場だった。タレントを起用して、その方の香りを作るといった企画だったとしたら、条件的に実現することは難しかったかもしれない。今回は VTuber というのが非常に親和性があった。彼らは必然的に画面の向こう側にいて、一方、香りは画面を越えていける。カバーもまた、面白い企画だと快諾し楽しんでやってくれたのは大きい。(野上氏)

起業家はアイデアの事業化に力を注ぐあまり、視野が狭くなってしまうこともある。それゆえ、事業に深くコミットしていないステイクホルダー以外の話に耳を傾けたり、異文化・異業種の企業やスタートアップとからんだりすることが肝要だ。コロナ禍でセレンディピティがもたらす化学反応は生じにくくなっている。電通のみならず、さまざまな大企業が触媒の機能を果たすことに期待したい。

BRIDGE Members

BRIDGEが運営するメンバー向けイベント「Tokyo Meetup」では新サービスの紹介やノウハウ共有などを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。メンバー登録は無料です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録


VTuber事務所「ホロライブプロダクション」を運営するカバー、約7億円を資金調達——博報堂DYベンチャーズ、i-nest capital、千葉道場などから

SHARE:

VTuber事務所「ホロライブプロダクション」を運営するカバーは7日、約7億円を調達したと発表した。ラウンドは不明。このラウンドに参加したのは、博報堂 DY ベンチャーズ、i-nest capital、千葉道場、DIMENSION、SMBC ベンチャーキャピタル、個人投資家複数、ならびに STRIVEなどの既存投資家。調達金額には、みずほ銀行からのデット資金が含まれる。 カバーにとっては、2017…

Image credit: Cover

VTuber事務所「ホロライブプロダクション」を運営するカバーは7日、約7億円を調達したと発表した。ラウンドは不明。このラウンドに参加したのは、博報堂 DY ベンチャーズ、i-nest capital、千葉道場、DIMENSION、SMBC ベンチャーキャピタル、個人投資家複数、ならびに STRIVEなどの既存投資家。調達金額には、みずほ銀行からのデット資金が含まれる。

カバーにとっては、2017年8月に約3,000万円調達したシードラウンド(みずほキャピタル、TLM、個人投資家複数)、2018年6月に約2億円調達したシリーズ A ラウンド(グリーベンチャーズ=現在の STRIVE、オー・エル・エム・ベンチャーズ、みずほキャピタル)に続くものだ。今回の調達を受け、同社の累積調達金額は約10億円。

ホロライブプロダクションは、カバーが開発した配信プラットフォーム「ホロライブ」を使って活動を行う VTuber の事務所。日本内外で約50名の VTuber  が所属しており、YouTube、Bilibili(嗶哩嗶哩)の累計チャンネル登録者数は1,500万人超。

近年は VTuber の YouTube 以外への活動にも注力しており、昨年「ときのそら」がビクターエンタテインメントよりメジャーデビューしたほか、今年に入って「星街すいせい」「白上フブキ」「宝鐘マリン」といった Vtuber がラジオ番組の放送を開始または予定している。

同社では調達した資金を使って、所属 VTuber のサポート体制の強化、海外での VTuber 展開の強化、バーチャルライブ等、XR 領域のサービス開発を実施するとしている。なお、同社は海外で、既に中国での VTuber 運営、インドネシアでの VTuber 運営、英語圏での VTuber オーディションに着手している。

カバーは2016年、以前は飲食店キュレーションアプリの「30min.(サンゼロミニッツ」を運営していたシリアルアントレプレナーの谷郷元昭氏により創業。Incubate Camp 8thTECH LAB PAAK の第7期Tokyo VR Startups 第2期から輩出された。

via PR TIMES

BRIDGE Members

BRIDGEが運営するメンバー向けイベント「Tokyo Meetup」では新サービスの紹介やノウハウ共有などを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。メンバー登録は無料です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録


バーチャルYouTuber「ときのそら」所属のカバーが2億円調達、グリーVやイマジカ傘下などが出資ーーホロライブ1期生6名が新たにデビュー

SHARE:

バーチャルYouTuber「ときのそら」などが所属する配信サービス「ホロライブ」運営のカバーは6月8日、第三者割当増資による資金調達の実施を公表した。増資引受先となったのは既存投資家のみずほキャピタルのほか、新たにグリーベンチャーズとオー・エル・エム・ベンチャーズ、個人投資家として千葉功太郎氏がこのラウンドに参加する。 調達した資金は今後、専属バーチャルYouTuberのマネジメント体制強化および…

cover_001.png
バーチャルYouTuber「ときのそら」

バーチャルYouTuber「ときのそら」などが所属する配信サービス「ホロライブ」運営のカバーは6月8日、第三者割当増資による資金調達の実施を公表した。増資引受先となったのは既存投資家のみずほキャピタルのほか、新たにグリーベンチャーズとオー・エル・エム・ベンチャーズ、個人投資家として千葉功太郎氏がこのラウンドに参加する。

調達した資金は今後、専属バーチャルYouTuberのマネジメント体制強化および配信サービス「ホロライブ」開発に投じられる。

オー・エル・エム・ベンチャーズは映像コンテンツ制作を手がけるイマジカ・ロボット ホールディングスグループの関連企業が運営するコーポレートベンチャーキャピタル。また、今回の増資に伴い、リードを務めたグリーベンチャーズ堤達生氏が社外取締役に就任する。

ホロライブとはデジタル仮想空間でキャラクターになりきって動画やライブを配信できるサービス。スマートフォン、PC、HTC Vive向けのプラットフォームで、スマートフォン、PCでは前面カメラによる表情認識を使った配信も可能なのに加え、HTC Viveでは全身の配信もできる。

配信事業に加えてカバーでは専属のバーチャルYouTuberをマネジメントする事業も進めており、今回の増資に合わせて新たなバーチャルYouTuberのデビューも公表された。これまで3Dで活動していたカバー専属の「ときのそら」「ロボ子さん」に加え、Live2Dの専属バーチャルYouTuber、ホロライブ一期生がデビューする。ときのそらはYouTubeチャンネル登録者数15万人を獲得している。

今後、同社は芸能マネジメント事業に合わせ、バーチャルYouTuberとして活躍したい個人を支援するプラットフォームへの拡大も狙う。

BRIDGE Members

BRIDGEが運営するメンバー向けイベント「Tokyo Meetup」では新サービスの紹介やノウハウ共有などを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。メンバー登録は無料です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録


バーチャルのアバターを使ったソーシャルVR/ARを開発するカバー、 シードラウンドでみずほキャピタルやTLMなどから約3,000万円を調達

SHARE:

東京を拠点とする VR/AR スタートアップのカバーは1日、シードラウンドで約3,000万円を調達したことを発表した。このラウンドに参加したのは、みずほキャピタル、TLM、および、gumi(東証:3903)代表取締役の國光宏尚氏、ユーザーローカル(東証:3984)代表取締役の伊藤将雄氏と、名前非開示の個人投資家1名。 これは同社が先ごろ Tokyo VR Startups(TVS)第2期アクセラレ…

東京を拠点とする VR/AR スタートアップのカバーは1日、シードラウンドで約3,000万円を調達したことを発表した。このラウンドに参加したのは、みずほキャピタル、TLM、および、gumi(東証:3903)代表取締役の國光宏尚氏、ユーザーローカル(東証:3984)代表取締役の伊藤将雄氏と、名前非開示の個人投資家1名。

これは同社が先ごろ Tokyo VR Startups(TVS)第2期アクセラレーションプログラムに採択された際、シードラウンドで TVS から1,000万円を調達したのに続くものだ。

同社は今回調達した資金を使って、アニメやゲームを展開する企業が、ファン向けに3Dキャラクターを使ったインタラクティブな番組を生放送できる、AR 対応のバーチャル版ライブ配信サービスを開発するとしている。

同社は2016年、グルメアプリの 30min.(サンゼロミニッツ)などを世に出した、シリアルアントレプレナーの谷郷元昭氏が設立。当初は TECH LAB PAAK の第7期デモデイでも披露した「Ping Pong League」といった軽めの VR ゲームを開発していたが、「そこには需要があまり無いことがわかった(谷郷氏)」としてピボット、4月の TVS のデモデイでは、1ヶ月間という短期間で MVP 作成に漕ぎ着けたという VR/AR 配信プラットフォーム(名称未定)を披露した。

これまで、3D のバーチャルキャラクタを生かせるコンテンツフォーマットとしては専らゲームなどが主流だったが、カバーでは VR/AR とキャラクタの相性がいいことに身をつけ、アバターを使ったライブ配信サービスを手がけることにしたという。

昨今、3D で作成されたバーチャルキャラクタ Kizuna.ai が人気を博し、日本のみならず中国のコアファンなどからも熱烈な支持を得ている。カバーではプラットフォームの開発とともに、自らもバーチャルキャラクタを開発しているが、こちらも正式リリース前から中国の人々からの反応が上々なのだとか。

VR をやれる会社、インターネットをやれる会社は、それぞれいる。しかし、VR とインターネットを両方やれる会社は、それほど多く無い。(谷郷氏)

インターネットに VR が繋がるソーシャル VR の分野では、日本でも Embody.Mecluster.Cynack などのスタートアップが生まれているが、VR を使ったエンターテイメント配信としては、インターネット大手の DMM もサービスを展開している。しかしながら、バーチャルキャラクタのライブ配信を前面に押し出している点で、カバーは新しい市場を作り出せるかもしれない。

カバーではこの配信プラットフォームのビジネスモデルを大きく2つ想定している。一つは C 向けで、アニメやゲームのデベロッパがバーチャルキャラクタを使ってライブ放送をし、ちょうど DeNA の SHOWROOM のようにユーザからバーチャルアイテムを投げ銭してもらう方法。もう一つは、アニメやゲームデベロッパが、バーチャルキャラクタ作品をテレビや映画で本編を流す前の、事前プロモーションを VR/AR でやってもらうという B 向けのビジネスだ。

カバーでは目下、外部デザイン会社、声優事務所などと共にバーチャルキャラクタを開発している。正式ローンチを前に8月中旬位からは、YouTube やニコニコ動画上で、このバーチャルキャラクタを使ったライブ配信の試験運用が開始される予定。こちらも楽しみにしたい。

BRIDGE Members

BRIDGEが運営するメンバー向けイベント「Tokyo Meetup」では新サービスの紹介やノウハウ共有などを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。メンバー登録は無料です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録