THE BRIDGE

タグ dangdang

中国のeコマース「Dangdang(当当)」が電子書籍リーダーを発売−価格は100米ドル以下

SHARE:

【翻訳 by Conyac】 【原文】 4月に発売されると噂されてからかなりの時間が経ったが、中国のeコマース「Dangdang」がようやく自社開発による電子書籍リーダーの販売を発表した。Douconと呼ばれる電子書籍リーダーはKindle風の電子ペーパーディスプレイを備え、昨年12月にローンチしたDangdangが運営する電子書籍ストアに対応している。Doucon端末上で電子書籍の購入が可能にな…

【翻訳 by Conyac】 【原文】

4月に発売されると噂されてからかなりの時間が経ったが、中国のeコマース「Dangdang」がようやく自社開発による電子書籍リーダーの販売を発表した。Douconと呼ばれる電子書籍リーダーはKindle風の電子ペーパーディスプレイを備え、昨年12月にローンチしたDangdangが運営する電子書籍ストアに対応している。Doucon端末上で電子書籍の購入が可能になる。

Dangdangの電子書籍リーダーの販売価格は599人民元(95米ドル)、さらに先着10,000個は499人民元で販売される。こちらがDangdangによる製品の詳細だ。スペックはAmazonのKindleより少し小さく、重量も10グラム程重いだけである。

・6インチの電子ペーパーディスプレイ採用
・800 x 600ピクセル解像度画面
・Android 2.2
・4GB内蔵メモリ
・8.5ミリの薄型ボディ
・230グラム

さらに、初期状態でDangdang電子書籍ストアの売り上げトップ10を含む500作品がプリインストールされている。ユーザは検索エンジンのBaiduやオンライン電子書籍リストを通じて、PDFやePub形式でいつでも書籍をダウンロードできる。

DangdangのDouconは、ShandaのBambookや(昨年Baiduが出資した)Fan ShuのYambook、その他いくつかの競合機種との争いに直面するだろう。AmazonのKindleは中国では公式にローンチされていないので大した問題にはならなそうだ。

最近では、中国の消費者による電子書籍の適正価格は1冊3.5元(50セント)という調査結果が出ており、電子書籍ストアで利益を得ることが難しい現状を示している。

【via Tech in Asia】 @TechinAsia

----------[AD]----------

Dangdang(当当網)、Tencentの「QQ Buy(QQ団購)」で書籍販売を独占へ

SHARE:

【翻訳 by Conyac】 【原文】 7月2日(月)の最新情報:先週金曜日、Tencentの広報は、Dangdangとのパートナーシップが2012年6月29日に始まったことを語った。さらに、書籍カテゴリ(http://buy.qq.com/book/) がDangdangによって運営されることも明らかにした。 主に書籍や電子機器を販売するeコマース「Dangdang」は、Tencent独自のB2…

【翻訳 by Conyac】 【原文】

7月2日(月)の最新情報:先週金曜日、Tencentの広報は、Dangdangとのパートナーシップが2012年6月29日に始まったことを語った。さらに、書籍カテゴリ(http://buy.qq.com/book/) がDangdangによって運営されることも明らかにした

主に書籍や電子機器を販売するeコマース「Dangdang」は、Tencent独自のB2B2CのeコマースプラットフォームであるQQ Buyとの独占パートナーシップを発表した。このパートナーシップが継続される限り、ライバルサイトのTmallはDangdangのチャンネルをそのプラットフォームで使用できない。また今回の取り決めで、Dangdangの79万冊におよぶ書籍ライブラリ全てが、理論上のライバルサイトであるQQ Buyで取り扱われることになる。

BaiduとGoogleで検索しても、QQ Buy上のDangdangブランドストアの検索結果は表示されないようだ。この電子書籍のサービスに関しての情報を知るにはしばらく待つ必要がありそうだ。だがQQ Buyは、Dangdangの商品によって支えられている可能性のあるかなり包括的な書籍eストアを運営している。私たちはDangdangとTencent両社にコンタクトをとり、パートナーシップ締結により書籍部門が生まれたのかを確認中だ。詳細が分かり次第また伝えていきたい。

市場トップのTmallのライバルサイトとして、QQ Buyは昨年10月に開始されたばかりだ。Tencentは、AlibabaのTaobaoに対抗してアマチュア小売店のためのPaipaiも運営している。

QQインスタントメッセージでよく知られるTencentは、中国のeコマース分野ではまだしっかりとした立ち位置を得ていない。最新の統計によると同社はB2C分野において、3位と大差で4位につけており市場シェアは2.34%となっている。また最近、同社は様々な分野から成る6つのビジネスユニットに再編成した。そのひとつがeコマースで、オンラインショッピング計画の進展に向けてより一層励むのだろう。出足が遅すぎていなければ良いのだが。

Dangdangは最近になって多くのパートナーシップを締結している。消費者向け電化製品販売チェーンのGomeによるDangdangのサイト上での店舗開店もその一例だ。だが、今回のTencentとの取り決めでは、DangdangがTencentのQQ Buyプラットフォームに食いつく格好となった。

【viaTech in Asia】 @TechinAsia

----------[AD]----------

Dangdang(当当網)がアカウント盗難に対して迅速に対応、ユーザーに補償を提供

SHARE:

【翻訳 by Conyac】 【原文】 数日前、Dangdang(当当網)(NYES:DANG)ユーザーの多くがアカウントをハッキングされ、一部ユーザーはギフトアイテムやその他のアカウント資産、金銭的な被害にあっていたことが報道された。 何ともイケてない。その一方でなかなかイケていたのはDangdangのトラブルへの迅速な対応だ。彼らはすぐさま解決に向けて行動し、ユーザーがパスワード変更ができるよ…

【翻訳 by Conyac】 【原文】

数日前、Dangdang(当当網)(NYES:DANG)ユーザーの多くがアカウントをハッキングされ、一部ユーザーはギフトアイテムやその他のアカウント資産、金銭的な被害にあっていたことが報道された。

何ともイケてない。その一方でなかなかイケていたのはDangdangのトラブルへの迅速な対応だ。彼らはすぐさま解決に向けて行動し、ユーザーがパスワード変更ができるよう全てのアカウントを数日にわたって凍結したうえ補償を発表した。

1078 人民元(171米ドル)の被害にあった北京のDangdangユーザーは、先週ログインした際にその金額がDangdangによって払い戻されていることを発見した。ギフトクレジットで4500元($714)を失った上海のユーザーは、カスタマーサービスが彼にストアクレジットで全額の払い戻しを提案したと語った。彼のクレジットはわずか1か月後には期限切れになるものであったため断ったそうだが。

このように、まだ処理の途中ではあるが、Dangdangは全顧客の満足を約束している。我々も彼らがその約束を守るよう願っている。彼らの危機対応のスピードは、ここでは名指しすることを避ける、とあるeコマースに携わる業者の対応に比べて非常に見事なものだった。

このすばやい応答がカスタマーサービスを改善しようというトレンドを反映したもので、単なるまぐれではないことを祈りたい。

StartupBase Profile

dangdang-com(当当網)

Company: dangdang-com(当当網)

中国の総合オンラインショップ。北京を拠点にしており、amazonチャイナと、360buyと競合している。

About StartupBase

 

【viaTech in Asia】 @TechinAsia

----------[AD]----------

ECサイトのDangdang(当当)が、競合のSuning(蘇寧易購)の書籍販売事業を支援?

SHARE:

【翻訳 by Conyac】 【原文】 Alibaba(阿里巴巴)グループの創業者、会長兼CEOであるJack Ma(馬雲)氏は、かつて「どこかから商品を買って、オンラインで再販するなんて馬鹿げたビジネスモデルだ」と言っている。では、通常の流通経路ではなく、競合企業から商品を買ってオンラインで再販するのはどうなのだろうか? 信じがたいが、少なくとも360HQB.com(華強北在線)の副総裁Gong…

【翻訳 by Conyac】 【原文】

Alibaba(阿里巴巴)グループの創業者、会長兼CEOであるJack Ma(馬雲)氏は、かつて「どこかから商品を買って、オンラインで再販するなんて馬鹿げたビジネスモデルだ」と言っている。では、通常の流通経路ではなく、競合企業から商品を買ってオンラインで再販するのはどうなのだろうか?

信じがたいが、少なくとも360HQB.com(華強北在線)の副総裁Gong Wenxian(龔文祥)氏にとっては確かなことのようだ。同氏は地元のメディアに対し、Suning.com(蘇寧)は自社の取扱い書籍を構築するために中国の別の総合オンラインショップDangdang.com(当当網)から書籍を仕入れているというニュースを発表した。

Suningは昨年11月に書籍販売のオンライン事業を開始し、「72時間の無料書籍」という盛大で気前のよいキャンペーンを行った。書籍の購入金額が購入者のSuningアカウントに還元され、購入者はその還元されたお金を使ってSuningのB2Cオンラインショップで他の商品を購入することができる。しかも購入者は書籍を返す必要がないというものだ。目を引くキャンペーンはヒットし、ほとんどの地元メディアで大きく取り上げられた。

長年にわたって中国のeコマース分野を調査や分析を行っているGong氏によると、SuningのキャンペーンはDangdangによって支援されているという。同氏は「Suningの書籍はDangdangから提供されている。この2社の戦略的提携は360buy.com(京東商城)と競争するためである」と語った。

DangdangもSuningもこの主張を認めていない。Dangdangは両社の間に正式な提携はないと述べたが、SuningがDangdang.comから書籍を直接購入し、ウェブサイトで再販しているという可能性については否定はしなかった。一方、Suningはすべての書籍は中国の出版会社から購入していると、Gongの憶測をはねつけた。

【via Technode】 @technodechina

----------[AD]----------