BRIDGE

タグ Suning(蘇寧電器)

Suning(蘇寧電器)、上海で中国初の自動運転大型トラックの試験運転を開始

SHARE:

Suning(蘇寧電器)は5月24日、上海にある自社の物流パークにおいて、同社の自動運転トラック「Xing Long 1(行龍一号)」の最初の走行テストを完了した。このテストは中国の e コマース企業が行う初の自動運転試験であり、同時に、人間によるインプットをほとんど必要としない同国業界初のレベル4テストだった。 現地の中国語メディアによると、Suning のスタッフが出発前にトラックの走行ルート…

Suning(蘇寧電器)は5月24日、上海にある自社の物流パークにおいて、同社の自動運転トラック「Xing Long 1(行龍一号)」の最初の走行テストを完了した。このテストは中国の e コマース企業が行う初の自動運転試験であり、同時に、人間によるインプットをほとんど必要としない同国業界初のレベル4テストだった。

現地の中国語メディアによると、Suning のスタッフが出発前にトラックの走行ルートを設定。トラックは安定した速度で走行し、自動で速度調節を行った。歩行者に遭遇すると、Xing Long 1 はそれを障害物と認識して停止。前方の障害が無くなるのを待って運転を再開した。

Xing Long 1 の積載能力は40トン。Plus AI(智加科技)によると、このトラックは高速道路では300メートル先の障害物を検知可能だという。トラックの巡航速度は時速80キロ。ブレーキングや障害物の回避行動をとる際の反応速度は25ms(ミリ秒)に設計されている。

Plus AI と Suning は、このトラックに LiDAR を含む複数のセンサーを搭載した。この分野を牽引する Tesla は、LiDAR は不要と考えている。しかしながら、Tesla の自動運転車が過去に起こした複数の事故においては、このセンサーの欠如が主要な原因の1つと疑われている

Plus AI は自動運転技術に特化した企業で、2016年に設立された。同社はスタンフォード大学と、中国における交通研究の権威、西安交通大学と協力関係にある。同社はさらに、SAIC Motor (上海汽車)や建機メーカーの Zoomlion(中連重科)を含め、中国の大手自動車メーカーとも事業パートナーシップを結んでいる。

Suning は、自社の自動運転技術に自信を持っている。大型輸送トラックの実際の運用においては、高速道路などの固定ルートが主になる。したがって道路状況と製造要件は旅客車両に比べてシンプルだ。同社が見るところ、自動運転トラックの正式ローンチに向けての大きな障害は行政の部分だ。現在の中国の法律では、この種の自動運転車の道路走行は認められていない。

【via Technode】 @technodechina

【原文】

中国の家電量販店大手Suning(蘇寧電器)、顔認証で買い物できるビッグデータ・ドリブンの無人店舗を上海にオープン

SHARE:

中国の家電量販店 Suning(蘇寧電器)は11月6日、顔認証決済システムを備えた2番目となる無人店舗を上海にオープンしたと、中国メディアの The Paper(澎湃)が伝えている。 無人店舗は中国全土に広がりつつあり、裕福で流行に敏感な客を擁する上海は、無人店舗をテストする重要な街となりつつある。上海では今年、無人コンビニの BingoBox(繽果盒子)がオープンし大きなスーパーに行くのが億劫な…

Suning Easy Purchase(蘇寧易購 Biu)
Image credit: The Paper(澎湃)

中国の家電量販店 Suning(蘇寧電器)は11月6日、顔認証決済システムを備えた2番目となる無人店舗を上海にオープンしたと、中国メディアの The Paper(澎湃)が伝えている

無人店舗は中国全土に広がりつつあり、裕福で流行に敏感な客を擁する上海は、無人店舗をテストする重要な街となりつつある。上海では今年、無人コンビニの BingoBox(繽果盒子)がオープンし大きなスーパーに行くのが億劫な地元市民を魅了した一方、無人の麺店が自ら抱える問題で閉店したばかりだ。

復旦大学に隣接する上海の Wujiaochang(五角場)にある Suning の無人店舗の面積は約100平方メートル。Suning は上海でこの店をローンチしたとき店舗名を、南京で使われていた Suning Sports(蘇寧体育 Biu)から Suning Easy Purchase(蘇寧易購 Biu)へと変更した。店名変更は、上海の店舗では、よりリッチな商品カテゴリを扱うことによるもので、Suning の担当者によれば、Suning のスポーツオリジナル商品のみならず、スーパーや百貨店の商品カテゴリも提供するという。

Suning の無人店舗には、同社のライオンマスコット「Sugelaning(蘇格拉寧)」の商品や家具はもとより、全体の約70%を占めるスポーツオリジナル商品のほか、4つの主要カテゴリの商品がディスプレイされている。

買い物の手順から見てみると、他の無人店舗ブランドでは店内に入るときにコードのスキャンをする必要があるのと対照的に、Suning の無人店舗では入店時にシンプルな顔認証が実施される。

入店に先立ち、ユーザは自分のケータイに Suning Finance(蘇寧金融)のアプリを予めダウンロードし、顔認証をして、登録を銀行カードと紐づける必要がある。店舗では顔のスキャンの後、ユーザは無人店舗に入店し買い物が始められるしくみだ。

無人店舗のローンチは、テクノロジー好きな中国人消費者をオフライン店舗へ誘導しようとする、Suning の努力と見られる。昨年、Suning はオンライン食料雑貨配達の Eight Days Online(8天在線)に出資している。Eight Days は、学生をターゲットに大学キャンパス内で無人コンビニを運営している。Suning は E コマース大手の Alibaba(阿里巴巴)にも支援を受けていて、Cheetah Lab(猟豹智庫)のデータによれば、中国の2016年 E コマースアプリ年間ランキングで8位の座につけている。

<関連記事>

Suning Easy Purchase(蘇寧易購 Biu)
Image credit: The Paper(澎湃)

【via Technode】 @technodechina

【原文】

中国eコマース「Suning(蘇寧易購)」が、航空券とホテル宿泊のオンライン予約サービスをローンチ

SHARE:

【翻訳 by Conyac】 【原文】 中国で上位につける旅行サイトは、中国国内で手広く実店舗型ビジネスを展開するSuning(苏宁易)が、新しくオンラインサービスを開始するニュースに衝撃を受けるだろう。航空券とホテル宿泊がオンラインで予約できる新しいサービスだ。Suningによる積極的なオンラインショッピング市場参入への試みであり、ガジェットや家庭用品をウェブ展開し、新しいeコマース分野への拡張…

【翻訳 by Conyac】 【原文】

中国で上位につける旅行サイトは、中国国内で手広く実店舗型ビジネスを展開するSuning(苏宁易)が、新しくオンラインサービスを開始するニュースに衝撃を受けるだろう。航空券とホテル宿泊がオンラインで予約できる新しいサービスだ。Suningによる積極的なオンラインショッピング市場参入への試みであり、ガジェットや家庭用品をウェブ展開し、新しいeコマース分野への拡張を考えてのことである。

Suningのオンライントラベルポータル(写真上)は現在テスト中で、早ければ4月末にもサービス開始となるだろう。同サービスは、CtripやeLongなど既存のチケット販売サイトだけでなく、旅行関連にサービス拡大を目論む巨大なeコマース競合企業にもよろしくないニュースとなる。具体的に言うと、取り扱いラインナップを揃えるためにホテル予約サービスを2月に開始したばかりの360Buyのことだ。

Suningの副社長Li Bins氏は中国メディアに対して、トラベルポータルは既にサービス開始の準備ができていること、そして国内の航空会社26社と25,000以上のホテルを取り扱うことを明らかにした。さらに、2,300のホテルが特別提供の低価格を実現する共同購入に合意したという。Suningと契約するホテルチェーンには、Sofitelなどの大手や中国の中級クラスのMotel 168などが含まれている。

中国におけるB2Cのeコマース市場は特に苦戦を強いられる状況だ。そして1990年の設立以来、現在中国内に700店舗を展開するSuningは、競争に割って入る資金を投入し遅ればせながらオンライン市場に参入してきた。競争に打ち勝つためには360Buy、Dangdang、AmazonのZ.cn、そして同胞である販売企業大手のGomeが提供する電子機器、電子書籍やその他の商品に対抗していかねばならない。

[出典: Donews – 中国記事より]

【via Tech in Asia】 @TechinAsia

ECサイトのDangdang(当当)が、競合のSuning(蘇寧易購)の書籍販売事業を支援?

SHARE:

【翻訳 by Conyac】 【原文】 Alibaba(阿里巴巴)グループの創業者、会長兼CEOであるJack Ma(馬雲)氏は、かつて「どこかから商品を買って、オンラインで再販するなんて馬鹿げたビジネスモデルだ」と言っている。では、通常の流通経路ではなく、競合企業から商品を買ってオンラインで再販するのはどうなのだろうか? 信じがたいが、少なくとも360HQB.com(華強北在線)の副総裁Gong…

【翻訳 by Conyac】 【原文】

Alibaba(阿里巴巴)グループの創業者、会長兼CEOであるJack Ma(馬雲)氏は、かつて「どこかから商品を買って、オンラインで再販するなんて馬鹿げたビジネスモデルだ」と言っている。では、通常の流通経路ではなく、競合企業から商品を買ってオンラインで再販するのはどうなのだろうか?

信じがたいが、少なくとも360HQB.com(華強北在線)の副総裁Gong Wenxian(龔文祥)氏にとっては確かなことのようだ。同氏は地元のメディアに対し、Suning.com(蘇寧)は自社の取扱い書籍を構築するために中国の別の総合オンラインショップDangdang.com(当当網)から書籍を仕入れているというニュースを発表した。

Suningは昨年11月に書籍販売のオンライン事業を開始し、「72時間の無料書籍」という盛大で気前のよいキャンペーンを行った。書籍の購入金額が購入者のSuningアカウントに還元され、購入者はその還元されたお金を使ってSuningのB2Cオンラインショップで他の商品を購入することができる。しかも購入者は書籍を返す必要がないというものだ。目を引くキャンペーンはヒットし、ほとんどの地元メディアで大きく取り上げられた。

長年にわたって中国のeコマース分野を調査や分析を行っているGong氏によると、SuningのキャンペーンはDangdangによって支援されているという。同氏は「Suningの書籍はDangdangから提供されている。この2社の戦略的提携は360buy.com(京東商城)と競争するためである」と語った。

DangdangもSuningもこの主張を認めていない。Dangdangは両社の間に正式な提携はないと述べたが、SuningがDangdang.comから書籍を直接購入し、ウェブサイトで再販しているという可能性については否定はしなかった。一方、Suningはすべての書籍は中国の出版会社から購入していると、Gongの憶測をはねつけた。

【via Technode】 @technodechina

iPadの商標問題を巡ってAmazon ChinaとSuningが販売差し止め

SHARE:

【翻訳 by Conyac】 【原文】 中国のB2C eコマースサイトである Amazon China と Suning.com (SHE:002024)の2社は、中国本土でのiPadの名称使用問題に関し、AppleとProviewの法廷闘争の影響を避けようとiPadの販売を停止する動きをとっている。”iPad”や”iPad 2″の検索や商品の並び替…

【翻訳 by Conyac】 【原文】

中国のB2C eコマースサイトである Amazon China と Suning.com (SHE:002024)の2社は、中国本土でのiPadの名称使用問題に関し、AppleとProviewの法廷闘争の影響を避けようとiPadの販売を停止する動きをとっている。”iPad”や”iPad 2″の検索や商品の並び替えをしてみても、Apple(NASDAQ:AAPL)の象徴となっているタブレット(あるいは競合製品)のアクセサリーしか検索結果に出てはこない。これはどちらのサイトでも同じだ(写真上)。

先日、中国中部地方の街のApple販売代理店が当局に検挙され、Proview(HKG:0334)の提訴に関する現状調査の一環としてiPad 2が45台押収された。中国のサイト QQTechでは、Amazon (NASDAQ:AMZN) ChinaとSuningの両社が掲載しているiPad 2のスクリーンショットが2枚あったが、ユーザーはiPad 2を買うことができない。Amazonでは価格と「購入」ボタンが消されてあり、Suningではチェックアウトのアイコンをグレーにして価格も削除している。

QQ Tech からのスクリーンショット

何度も検索したが、iPad 2の掲載は見当たらなかった(スクリーンショットが本物であることは確認した)。この2つのサイトのどこにもiPadモデルが販売されているのをまったく見つけられなかったのだ。

SuningもAmazon Chinaも、中国のB2C のEコマースの中では弱小プレーヤーだ。Alibaba(阿里巴巴)のTmall.comや360Buy(京東商城)などの大手企業は今でもiPadを販売しており(こちらこちらを参照)、中国で早くから家電商品をオンラインで販売し始めたDangdang(当当網、ニューヨーク市場登録名:DANG)も販売を続けている。

AppleとProviewの訴訟は中国国内におけるiPad販売を全面禁止するものではないが、中央政府の工商行政管理局(AIC)が決断しうる1つの措置として、販売全面禁止の可能性は残る。本土の深圳に本社を置く台湾企業であるProviewは、中国で組み立てられたiPadの輸出を阻止するための申請を行なうかもしれない。Proviewがどのような出方をするか予測し、AICへの対応に時間をとるのはApple次第だ。

今後、その他のeコマースサイトが更にiPadを販売停止にすることがあればまた情報をアップする予定だ。

【viaTech in Asia】 @TechinAsia