BRIDGE

タグ gamba

社内日報共有ツールのgamba(ガンバ)が4,000万円を資金調達、中小企業向けの販路拡大を強化へ

SHARE:

横浜に本拠を置く、ビジネス報告ツールを展開するスタートアップ gamba(ガンバ) は今日、East Ventures と Skyland Ventures から4,000万円を調達したと発表した。同社は昨年10月、Skyland Ventures から2,000万円を資金調達している。 gamba は、以前、楽天でビジネス開発プロデューサーを務めていた森田昌広氏によって2012年12月にローンチ…

get-gamba

横浜に本拠を置く、ビジネス報告ツールを展開するスタートアップ gamba(ガンバ) は今日、East VenturesSkyland Ventures から4,000万円を調達したと発表した。同社は昨年10月、Skyland Ventures から2,000万円を資金調達している。

gamba は、以前、楽天でビジネス開発プロデューサーを務めていた森田昌広氏によって2012年12月にローンチされた。最近では、インターネット・サービス大手のニフティと提携、ニフティが提供するクラウドサービスをパッケージ販売するサービス「ハコクラ」のラインアップに追加され、国内1.7万店舗以上のパソコン量販店などの店頭に並ぶようになった。これは、クラウドサービスよりも店頭で仕事用のソフトを購入する機会が少なくない、中小企業の経営者に向けた販売チャネルの拡大だ。gamba では現在、ニフティ以外の複数の企業とも販売チャネルの拡大に向けて交渉を始めており、近い将来、それらが発表されるのを楽しみにしたい。

クラウドサービスを導入する企業は、どちらかと言えば、社長や担当者がアーリーアダプターのケースが多いと考えられるが、より多くのユーザを確保するためには、レイトアダプターに向けたアプローチも必要だ。ユーザビリティの良いウェブサービスを開発したのに、ユーザの獲得に苦闘しているスタートアップにとっては、gamba のような潜在ユーザとのタッチポイントを増やす戦略は大いに参考になるだろう。

社内日報共有サービスのgambaがインターフェースを更改、スマートデバイス向けのサービス提供を強化へ

SHARE:

社内日報共有サービスの gamba は7日、インターフェースをリニューアルし、モバイル/タブレットに特化したサービスを目指すことを発表した。gamba では昨年10月から iPhone 向けにモバイルアプリを提供しているが、今回のリニューアルで、インターフェースを iPad や Android スマートフォン/タブレットにも最適化し、近い将来、ネイティブアプリを公開するとしている。 gamba は…

get-gamba

社内日報共有サービスの gamba は7日、インターフェースをリニューアルし、モバイル/タブレットに特化したサービスを目指すことを発表した。gamba では昨年10月から iPhone 向けにモバイルアプリを提供しているが、今回のリニューアルで、インターフェースを iPad や Android スマートフォン/タブレットにも最適化し、近い将来、ネイティブアプリを公開するとしている。

gamba は社内向けプラットフォームということもあり、当初想定していたターゲットはデスクトップ・ユーザで、iOS アプリの提供はそれを補足する位置づけだったが、フタを開けてみると、その結果は創業者の森田昌広氏も予想していないものだった。

ユーザの動きを見る限り、どうやら会社の管理職の方々が、通勤途上で部下の日報をチェックしながら、朝礼で何を話そうか考えておられるようなのです。iOS アプリを公開して以来、ユーザの時間の使い方が変化してきているのが浮き彫りになりました。

現在、iOS アプリを使って gamba にアクセスしているのは全体の4割のユーザですが、タブレットや Android にも対応することで、スマートデバイスによるアクセスの割合を7割まで引き上げられればと考えています。

先般、経費精算の bizNote Expense の記事でも書いたが、サラリーマンにとっても、仕事はもはや会社のデスクに腰を落ち着けてやる時代ではなくなってきている。移動時間など日常のスキマを最大限に活用して雑務をこなし、本来ビジネスに必要な時間をいかに確保しやすくするかが今後のテーマだ。

今回のリニューアルで、必ずしも職場にパソコンが設置されていない業態も、gamba は顧客として取り込めるようになる。実際、gamba のユーザには、弁当工場や十数店舗を展開する美容院チェーンなども居る。面白い事例では、報・連・相が一般的でないベトナムで、日系企業が gamba を活用して、現地社員に日本のワーキングスタイルを定着させようとしている。

gamba は日報共有に特化しているという点で、ChatworkTalknote など、他の社内情報共有ツールとは一線を画しているものの、今週には福岡の NuLab のシンガポール・オフィスが中心となって TypeTalk を発表するなど、広義でこの分野の競争は激しいものになりつつある。日報特化の優位性をどれだけ潜在ユーザに訴求できるかが、今後 の gamba の行方を大きく左右するだろう。

gamba は2012年12月、サムライインキュベートの支援を受けてローンチし、2013年10月、Skyland Ventures から2,000万円を資金調達した。代表の森田氏を含め現在5名でモバイルアプリを開発しているが、体制を強化すべく近日中に新たな資金調達を予定している。

社内日報共有ツールのgambaが、Skyland Venturesから2,000万円を資金調達

SHARE:

横浜に本拠を置く、ビジネス報告ツールを展開するスタートアップ gamba は今日、シード向けベンチャーキャピタルの Skyland Ventures から2,000万円を資金調達したと発表した。 gamba はこれまでにサムライ・インキュベートの支援を受け、7月には世界的に知られる4つのソースコードやタスクのトラッキング・ツール、GitHub、BitBucket、Pivotal Tracker、G…

get-gamba

横浜に本拠を置く、ビジネス報告ツールを展開するスタートアップ gamba は今日、シード向けベンチャーキャピタルの Skyland Ventures から2,000万円を資金調達したと発表した。

gamba はこれまでにサムライ・インキュベートの支援を受け、7月には世界的に知られる4つのソースコードやタスクのトラッキング・ツール、GitHubBitBucketPivotal TrackerGoogle Tasks と連携している。

同社は、以前、楽天でビジネス開発プロデューサーを務めていた森田昌広氏によって昨年12月にローンチされ、7月時点で1,000以上の企業からユーザを集めている。営業マンやエンジニアは、このアプリを使えば、始業や終業時に、同僚や上司に対して、簡単に近況を報告することができる。フェイス・トゥ・フェイスで部下と話をする時間が見つけられない上司にとっては、部下がどれだけタスクをこなし、何に注力しているかを知る上で便利なしくみだ。

gamba_screenshot

エンタープライズ向けのソーシャルメディア分野では、アメリカの Yammer が昨年12億ドルで買収されたほか、オーストラリアの Atlassian は昨年の売上規模で1億ドルを超え、IPOの準備を開始しているとされる。日本のスタートアップでは、今週 Talknote が2億円の資金調達を発表したほか、ChatWork がサービスの世界展開を加速させるなど、今年から来年にかけて、期待高まる領域と考えて間違いないだろう。

Skyland Ventures の代表パートナー木下慶彦氏によれば、シード投資を専門とする同社にとって今回の出資は過去最大規模となる。これまでに、Skyland Ventures は、ワンダー・グラフィックス八面六臂クレオフーガを含む、複数の日本のスタートアップに投資を行っている。

ビジネス報告ツールのgambaが、GitHub、BitBucket、Pivotal Tracker、Google Tasksとの連携を発表

SHARE:

※この記事は英語で書かれた記事を日本語訳したものです。英語版の記事はコチラから。 横浜に本拠を置くスタートアップの gamba は今日、同社のビジネス報告ツールが世界的に知られる4つのソースコードやタスクのトラッキング・ツール、GitHub、BitBucket、Pivotal Tracker、Google Tasks と連携したと発表した。 読者の中には、以前、我々が過去のサムライ・ベンチャーサミ…

※この記事は英語で書かれた記事を日本語訳したものです。英語版の記事はコチラから

gamba_logo

横浜に本拠を置くスタートアップの gamba は今日、同社のビジネス報告ツールが世界的に知られる4つのソースコードやタスクのトラッキング・ツール、GitHubBitBucketPivotal TrackerGoogle Tasks と連携したと発表した。

読者の中には、以前、我々が過去のサムライ・ベンチャーサミットで gamba を取り上げたのを覚えている人もいるだろう。gamba は、以前、楽天でビジネス開発プロデューサーを務めていた森田昌広氏によって昨年12月にローンチされ、これまでに上場企業から中小企業まで、1,000以上の企業アカウントを集めた。営業マンやエンジニアは、このアプリを使えば、始業や終業時に、同僚や上司に対して、簡単に近況を報告することができる。フェイス・トゥ・フェイスで部下と話をする時間が見つけられない上司にとっては、部下がどれだけタスクをこなし、何に注力しているかを知る上で便利なしくみだ。

gamba_screenshot

他の類似サービスとの差別化という点では、gamba はユーザに対して、毎日の出来事に関して抜粋のみを投稿させるようにしており、ユーザは毎日作業を繰り返す上で苦にならない。ユーザが詳細な情報を同僚と共有したければ、そのような情報は前出の第三者サービスに投稿できるので、同僚はまず概要を知り、後で必要に応じて詳細を知ることができる。

森田氏から話を聞く機会が得られた。彼は今後サービスをどのように発展させるかについて語ってくれた。

ユーザからはモバイルアプリを出してほしいとの要望が多く寄せられており、現在、開発を進めているところです。iOS アプリは来月、追って Android アプリもリリースできると思います。10月には、有料サービスを追加し、シリーズA資金調達を目指しています。

森田氏によれば、海外へのサービス展開について、この種のトラッキングや報告ツールのニーズは日本国外にも存在し、その場合、サンフランシスコでローンチされたタスク・トラッキング・ツール IDoneThis.com などは競合になる可能性があるとのことだ。

今年の終わりまでに、同スタートアップは5,000アカウントの達成を目指している。この分野では、これまでに ChatworkCo-workTalknote など、多くの競合を見て来た。同社は東京ベースのスタートアップ・インキュベータである、サムライ・インキュベイトの支援を受けている。